スポンサーリンク

バイクローンをやめたほうがいい人の6つの特徴!怖い人はNG

バイカー オートバイ バイク乗り 屋外 車両バイクを買う

このページでは、バイクローンをやめたほうがいい人の6つの特徴を紹介しております。

バイクローンを利用しようか悩んでいる

バイクローンは怖いと思っている

初めてバイクローンを組もうと考えている

上記のような方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

バイクローンをやめたほうがいい人の6つの特徴!怖い人はNG

世界 ローン 3d棒人間 賃金 給料 支払い お金 世界の収入 ファイナンス 3d男

バイクローンは怖いと思っている人

まずバイクローンをやめたほうがいい人として、バイクローンは怖いと思っている人が挙げられます。

なぜ、バイクローンが怖いと思っている人は、バイクローンをやめたほうがいいのかというと、怖いという感情は知らないから出てくるからです。

つまり、バイクローンを怖いと思っている人は、バイクローンについて何も知らないケースが多いのです。

金利がいくらで、毎月いくら返済して、総返返済額はいくらなのか、どこでローンできるかなど、知りません。

そのようなバイクローンについて何も知らない人がローンを組んでもいいことはありません。

ですので、怖いと思っている人はバイクローンNGです。

現在、怖いという感情を持っている方は、バイクローンについて少しでも知るようにしましょう。

下記のページでは、各社のバイクローンの金利と月々いくらの返済なのかシミュレーションできるサイトをまとめておりますので、まずはそこから読んでみてください。

浪費癖がある人

浪費癖がある人もバイクローンを組むのはやめたほうがいいです。

バイクというのは、不動産や自動車ほど高額な買物ではありませんが、それでも、それに次ぐぐらいには大きな買い物です。

そのため、返済期間をどれくらいに設定するかにもよりますが、毎月の返済額も結構な値段になります。

浪費癖がある人は、欲しいものがあると、すぐにクレジットカードやQR決済、デビットカードなどを使って買い物してしまいます。

そうなると、バイクローンが支払えなくなり、滞納し、最悪、バイクの差し押さえなどの法的な手段を取られる可能性もあります。

ですので、バイクローンを組む方は、しっかりと事前シミュレーションをし、計画的に返済できる人でないと向いていません。

定期収入がない人

定期収入がない人もバイクローンはやめたほうがいいです。

と言うよりも、定期収入がない人はバイクローンの審査にそもそも通らない可能性が高いです。

たとえ審査に通っても、途中で返済が滞るリスクが高いため、やめたほうがいいです。

ただ、アルバイトやフリーターで定期収入が少ない方や不定期な収入のある個人事業主やフリーランスの場合、必ずしもバイクローンはやめたほうがいいとは言えません。

当然、無理なローンはやめたほうがいいですが、移動手段として必須であったり、趣味で買うのであっても、資金力に多少でも余裕がある場合は、検討の余地はあります。

逆に無職の方であったり、生活保護受給者の場合、基本的にバイクローンの審査には通りませんので、ご注意ください。

維持費について全く考えていない人

維持費について全く考えていない人もバイクローンはやめたほうがいいです。

バイクというのは、普通のモノとは違って、買ったらローンの返済だけで済むものではありません。

維持費が必要なのです。

この維持費は環境差によって、大きく変わってきますが、具体的には自賠責保険、駐車場代、ガソリン代、点検費用、車検費用、税金、消耗品代など、月々に換算すると、最低でも1万円前後は用意しておいた方がいいでしょう。

大型バイクや輸入車を買う場合、2万円以上必要なケースもあります。

ですので、バイクの車体本体だけの返済を考えていると、滞納してしまう可能性が高く、やめたほうがいいです。

支払総額=車体本体の価格だと思っている人

支払総額=車体本体の価格だと思っている人は、ひとまずバイクローンを組むのはやめてください。

よくメーカーのサイトに車体本体の価格が掲載されていますが、バイクの支払総額というのはそれだけではありません。

具体的には、法定費用(重量税)、自賠責保険などの税金や保険料と名義変更代行費用、車検取得費用、整備費用などの諸費用も必要になってくるのです。

詳しくは、下記のページをチェックしてみてほしいのですが、バイクを買うためには車体本体+諸費用が必要であることは覚えておきましょう。

バイクを買ったら必要なものの金額を考えていない人

バイクを買ったら必要なものの金額を考えていない人も、ひとまずバイクローンを組むのはやめてください。

バイクというのは、車体本体だけあれば乗れるものではありません。

必ず必要なものとしては、ヘルメットがあります。

他にも、何だかんだ必要なものはいくつかありますので、詳しくは下記のページをチェックしてみてください。

ローン返済に加えて、それらの装備を買うお金も必要になってきますので、そんな余裕はないという方は、バイクローンを組むのはやめたほうがいいです。

バイクローンをやめたほうがいい人がバイクを買うための対処法

オートバイ バイク 乗る 輸送 クールな乗り心地 道 男

ここからは、上記で紹介したバイクローンをやめたほうがいい人がバイクを買うための対処法を解説していきます。

ただし、どのような理由でバイクローンをやめたほうがいいかというのは、人それぞれ違うため、買うための対処法も異なってきます。

ですので、自分にとって何が必要なのか考えながら読んで頂ければ幸いです。

バイクローンの知識を付ける

まずバイクローンが怖いと思っている人にとっては上記で解説した通りですが、それ以外でもバイクローンが初めての人は、知識を付けることからはじめましょう。

具体的には、バイクローンの種類(ディーラー、信販系、保険会社、銀行のオートローン、消費者金融のカードローンなど)、それぞれの金利、返済期間、月々の支払額、支払総額などです。

先ほども紹介しましたが、そのためにはまず下記のページをチェックしてみてください。

そして、あなたが欲しいバイクの金額を入力して、シミュレーションしてみてください。

そうすることで、自ずとバイクローンの知識を広げることができますし、返済計画を立てることもできます。

浪費癖があり、他社での借入が多い場合、まずは返済する

浪費癖があり、他社での借入が多い場合、まずはそちらから返済するようにしてください。

バイクローンを組むのは、それからです。

と言うよりも、他社での借入が多い場合、そもそもバイクローンの審査に通る可能性が低いです。

浪費癖がある人でも、しっかりとした返済実績を残せれば、バイクローンをやめたほうがいい人からは卒業です。

定期収入がある職業に就く

これは環境的に難しい人の方が多いと思いますが、例えば、学生で何のアルバイトもやっていなかったり、派遣などの不定期のアルバイトしかやっていない人であれば、飲食店でも、家庭教師でも、塾講師でも、何でもいいと思いますが、定期収入があるアルバイトを始めたりするのはおすすめです。

もちろん、学生の場合、学業の本業のため、収入が少なく、利用できるバイクローンの条件も厳しいですが、まったくローンが組めないということはありません。

学生でバイクローンの利用を考えている方は、下記のページもチェックしてほしいのですが、それ以外の職業の方でも、定期収入があると審査も通りやすくなるため、一考の価値があると思います。

とにかくお金を貯める

バイクローンの利用を考えている方に対処法として書くのもどうかと思いますが、これが最もリスクが少なく、安く付く対処法です。

ただし、当然、バイクを買えるほどのお金を貯めないといけませんので、時間は掛かります。

その時間がもったいないという方は、バイクローンを考えたり、転職して収入を上げたり、仮に現在、すでにバイクに乗っていて乗り換えを検討しているのであれば、バイク買取でできるだけ高く売ってください。

そうすれば、そのお金を頭金としてバイクローンにも使えますし、現金一括で買う時の足しにもなるはずです。

スポンサーリンク
バイクを買う
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tasaburoをフォローする
バイク売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました