スズキ・Vストローム250の欠点4選と解決方法

スズキ・Vストローム250の欠点4選と解決方法バイクを買う

このページでは、スズキ・Vストローム250の欠点とその解決方法を提示できればと思います。

スズキ・Vストローム250の購入を検討している

スズキ・Vストローム250に乗っていて、不満があり、解消したい

スズキ・Vストローム250を売ろうと思っている

このような方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スズキ・Vストローム250の欠点と解決方法

悩み込む日本人女性

250ccの中では重い

スズキ・Vストロームの重量は188kg、Vストローム250ABSは189kgと、250ccの中では重い部類に入ります。

そのため、取り回しに苦労する人もいます。

特にツーリングで荷物が多い時には、さらに重くなるので、駐車の時に苦労するケースがあります。

解決方法1:カスタムで軽量化する

スズキ・Vストロームの重量が重くて苦労している方は、カスタムで軽量化する方法があります。

例えば、マフラーやホイールの交換などです。

ただし、軽量化することによって、安定性がなくなったり、乗り心地が変化してしまうなどのデメリットもあります。

そのため、カスタム前に結構、慎重に考えた方がいいです。

解決方法2:筋トレする

スズキ・Vストローム250は250ccの中では重いとは言え、バイク全体で言えば、特別に重いとは言えません。

教習車でもお馴染みのCB400SFでも207kgですので、それよりも18~19kg軽いとも言えます。

そうなってくると、スズキ・Vストローム250で重いと感じるということは、筋力不足である可能性があります。

ですので、解決方法2としては、筋トレをオススメします。

足腰を鍛えるスクワット、背筋を鍛える懸垂、腕を鍛える腕立て伏せなどがオススメです。

特に筋トレ初心者の方は、少しでも筋トレするだけで、見違えるように筋力が付くケースが多いです。

ですので、できる範囲で良いので、筋トレを始めてみるのはどうでしょうか?

解決方法3:違う車種にする

アドベンチャーバイクの違う車種にする選択肢もあります。

例えば、カワサキのVERSYS-X 250 TOURERの重量は183kgとVストローム250と比較して、5~6kg軽いですし、ホンダのCRF250RALLYにいたっては152kgと、36~37kgも軽いです。

Vストローム250が重くて、取り扱えないというのであれば、軽い車種を選びましょう。

パワー不足に感じる

これも何と比較するかによって、大分変ってくるのですが、スズキ・Vストローム250ではパワー不足に感じる人も一定数いるようです。

特に二人乗りや高速道路、または積載量が多いキャンプツーリングでそのように感じる人がいるようです。

ただし、パワー不足に感じる人の多くは、リッターバイクであったり、大型バイクと比較している方が多く、十分なパワーがあると感じている方も多いです。

解決方法1:トルクアップする

マフラーやチェーン・スプロケットを交換することで、トルクアップする方法が考えられます。

特にカスタムすることに抵抗がない方や馬力不足に悩んでいる方にオススメです。

解決方法2:Vストローム650・1050を買う

大型バイクの免許を取得している方は、Vストローム250ではなく、Vストローム650や1050を買うという選択肢もあります。

ただし、当然、価格は上がりますし、重量も重いというデメリットもあります。

純正スクリーンが小さい

スクリーンが付いていないバイクも多い中、付いているだけ良いので、欠点ではないという考えもありますが、このページではできる限りのVストローム250の欠点をまとめいますので、挙げさせて頂きました。

特に背が高い方にとっては、防風効果が弱く、不満に感じることもあるようです。

解決方法1:ロングスクリーンに交換する

当然の解決方法なのですが、ロングスクリーンに交換する方法があります。

色々なメーカーがVストローム250のロングスクリーンを出していますので、価格やレビューなどを参考に選んでみてください。

解決方法2:延長スクリーンを装着する

ロングスクリーンに交換する以外にも、延長スクリーンを装着する方法もあります。

取り付けも簡単ですし、容易にカスタムできるため、気軽に防風効果を得ることができます。

長時間ツーリングだとお尻が痛くなる

これはVストローム250だと特別にお尻が痛くなるというこではありませんが、やはり、長時間ツーリングだとお尻が痛くなる方が結構います。

解決方法:ゲルサブRを装着する

ゲル内蔵バイク用クッションであるゲルサブRを装着することで、長時間ツーリングでのお尻の痛みを軽減することができます。

Vストローム250でも使っている方が多く、オススメのアイテムです。

スズキ・Vストローム250の欠点に不満がある方は早めに売却

スズキ・Vストローム250は欠点がほとんどない優秀なバイクですが、完璧ではありません。

そのため、乗っていて不満な方も中にはいると思います。

そのような方は、早めに売却するのが吉です。

不満があるからといって、乗らないで放置していては買取金額が落ちていってしまいますし、税金や維持費なども掛かります。

そうであれば、早めに売却して、新しいバイクに買い替えるなりした方が良いです。

スズキ・Vストローム250は人気のバイクであるため、高額査定が期待できますし、何より不満を抱えたままバイクに乗るというのは気分が良いものではありません。

もちろん、解決できる不満であれば、改善して乗り続ける選択肢もあります。

いずれにせよ、何せずに放置が一番まずいですので、何かしらの行動に移すのがオススメです。

バイク王

このページを読んでいる人にオススメの記事

タイトルとURLをコピーしました