スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイクでのキャンプツーリングの道具一式11選!初心者の持ち物

キャンプ ソロキャンプ キャンプツーリング ツーリングドーム ハーレー ハーレーダビッドソン バイク テント 野営地 キャンプ場 草 夏 自然 風景 冒険 気晴らし 旅 余暇 オートバイ 素材 背景 テクスチャ イメージキャンプ

このページでは、バイクでのキャンプツーリングの道具一式を紹介しております。

キャンプツーリング初心者で、持ち物は何を用意すればいいか知りたい

バイクでのキャンプツーリングの道具一式を揃えたい

ソロキャンプ初心者でキャンプ用品を揃えたい

上記のような方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • テント
  • タープ
  • テーブル・チェア
  • バーベキュー
  • マット・ベッド
  1. テント本体
  2. テント本体
  3. テント本体
  4. テント本体
  5. テント本体
  6. テント本体
  7. テント本体
  8. テント本体
  9. テント本体
  10. テント本体
  11. テント本体
  12. テント本体
  13. テント本体
  14. テント本体
  15. テント本体
  16. テント本体
  17. テント本体
  18. テント本体
  19. テント本体
  20. テント本体
  1. タープ
  2. チェア
  3. チェア
  4. テント本体
  5. タープ
  6. タープ
  7. キャリーカート
  8. タープ
  9. 折りたたみ式ベッド
  10. タープ
  11. テント本体
  12. タープ
  13. タープ
  14. タープ
  15. タープ
  16. タープ
  17. タープ
  18. タープ
    発売日 : 2021年02月22日
    価格 : ¥12,912
    新品最安値 :
    ¥12,773
  19. テント本体
  20. タープ
  1. チェア
  2. テーブル
  3. チェア
  4. チェア
  5. テーブル
  6. チェア
  7. チェア
  8. チェア
  9. 折りたたみチェア
  10. チェア
  11. チェア
  12. チェア
  13. テント本体
  14. チェア
  15. チェア
  16. テーブル・チェアセット
  17. テーブル
  18. チェア
  19. チェア
  20. チェア
  1. バーベキューコンロ・焚火台
  2. シングルバーナー
    発売日 : 2012年04月26日
    価格 : ¥6,380
    新品最安値 :
    ¥6,200
  3. バーベキューコンロ・焚火台
  4. シングルバーナー
  5. ガスカートリッジ・ボンベ
  6. マグ・シェラカップ
  7. 炭・薪
  8. 火起こし
  9. BBQトング
  10. クッキング・BBQツール
  11. クッキングツール
  12. バーベキューコンロ・焚火台
  13. ガスカートリッジ・ボンベ
  14. メンテナンスパーツ
  15. クッキングツール
  16. 液体燃料
  17. コーヒー・ティーポット・ケトル
  18. バーベキューコンロ・焚火台
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥2,900
    新品最安値 :
    ¥2,900
  19. コッへル・クッカーセット
  20. 着火剤
  1. エアーマット・エアーベッド
  2. 折りたたみ式ベッド
  3. フォームスリーピングマット
  4. 寝袋・ベッド・マット
  5. 寝袋・シュラフ
  6. エアーポンプ
  7. 折りたたみ式ベッド
  8. エアーマット・エアーベッド
  9. エアーマット・エアーベッド
  10. 寝袋・シュラフ
  11. 折りたたみ式ベッド
  12. エアーマット・エアーベッド
  13. 寝袋・シュラフ
  14. 寝袋・シュラフ
  15. エアーマット・エアーベッド
  16. エアーマット・エアーベッド
  17. 折りたたみ式ベッド
  18. 寝袋・シュラフ
  19. エアーマット・エアーベッド
  20. 寝袋・ベッド・マット

バイクでのキャンプツーリングの道具一式のリスト

チェックリスト 小切手 四角形 一覧 ライン 食料品リスト ボックス スケッチ 破線 孵化

まずは、詳しい情報はいいから、バイクでのキャンプツーリングの道具一式を知りたいという方のために、ここではリストを紹介します。

リンク先はAmazonの売れ筋ランキングとなっていますので、すぐにバイクでのキャンプツーリングの道具一式を揃えたい方は、その中から自分に適した用品を選ぶことができます。

売れているということは、自分に合う、合わないはありますが、そこまでハズレを引く確率も高くありません。

自分の予算と相談して、お好みのキャンプ用品を選んでみてください。

バイクでのキャンプツーリングの道具一式14選!初心者の持ち物

オートバイ バイク モーターサイクル cb400 ホンダcb400 キャンプ キャンプ場 野営 景色 風景 夕日 夕暮れ 北海道 富良野市 美瑛町 キャンプツーリング 北海道ツーリング 背景 素材 イエメージ アウトドア

さて、ここからはキャンプ初心者の方のために、上記でリストアップしたバイクでのキャンプツーリングの道具一式の解説をしていきます。

キャンプ初心者の方は、なぜその持ち物が必要なのか、何に使う道具なのかわからないキャンプ用品もあると思いますので、確認してみてください。

テント

初心者の方でも、テントはキャンプにおいて必要不可欠な道具であることは言わずもがなだと思います。

テントなしでは、寝る空間がなく、キャンプではなく外での野宿となってしまいます。

そのため、テントなしでは雨風にさらされ、夏には虫に刺され、冬は寒く、快適なキャンプを楽しめません。

それに荷物置場もなく、寝ている間もそのままさらされているため、盗難被害にも遭う確率が高くなってしまいます。

キャンプツーリングでどんなテントがいいのかですが、軽量、コンパクトで、持ち運びに便利であるかどうかや設営の容易さ、防水性などが重要になってきます。

ツーリングテントに関しては、下記のページで選び方やおすすめのツーリングテントを紹介しておりますので、是非、参考にしてみてください。

タープ

タープとは、キャンプ初心者の方の中には聞いたことがない人もいるかもしれませんが、日差しや雨風、または虫などを防ぐための広い布です。

そのため、タープがある場所にテーブルやチェアを置いて食事をしたり、くつろいだりできるため、快適にキャンプができます。

テントが寝室とするならば、タープはリビングに相当します。

ですので、リビングにそこまでの快適性を求めないという方にとっては必要不可欠なキャンプ用品ではありません。

特にキャンプツーリングといっても、長期間のツーリングでキャンプは寝るだけという方には不要です。

ただし、一つのキャンプ場に泊まるだけであったり、その場所に連泊する予定の方は、タープがあった方が便利です。

そのような方は、軽量でコンパクト収納できるタープを購入してみてください。

詳しく、キャンプツーリングにタープは必要かどうか知りたい方は、下記のページも参照してみてください。

アウトドア用マット

アウトドア用マットの重要性は、主に寝る時です。

マットなしでは腰が痛くなりますし、地面からの冷気で寒くなってしまいます。

キャンプツーリングにおすすめなのは、エアーマットやウレタンマットのような寝心地の良いマットです。

特にウレタンマットは価格が高めですが、寝心地が良いです。

ただし、エアマットのように空気が抜けず、嵩張るため、積載に余裕がない場合は、おすすめできません。

寝袋・シュラフ

寝袋・シュラフもキャンプツーリングに必要不可欠な道具です。

寝袋・シュラフなしでは、ゴツゴツした地面で身体が痛くなりやすく、地面からの冷気で風邪をひいてしまうかもしれません。

もちろん、疲れも取れにくいです。

ただ、夏の夜で、どこで寝ても大丈夫という身体の持ち主であれば、寝袋・シュラフなしでも問題ない可能性はあります。

しかしながら、少しでも快適なキャンプをしたい方は、寝袋・シュラフの購入をおすすめします。

※ちなみに、シュラフとはシュラフザックというドイツ語が名前の由来となっており、携帯用寝具を指します。

アウトドアテーブル

アウトドアテーブルはあると便利なキャンプ用品です。

ただし、バイクでのキャンプとなると、大きなテーブルは持ち運びできません。

そのため、コンパクトに折り畳めて、軽いアウトドアテーブルがおすすめです。

今では下記のような超コンパクトで、超軽量タイプのアウトドアテーブルが販売されていますので、是非、チェックしてみてください。

スノーピーク(snow peak) テーブル オゼン ライト [登山用]
スノーピーク(snow peak)
¥5,720(2022/09/30 09:35時点)
材質:アルミニウム合金、ステンレス鋼

アウトドアチェア

アウトドアチェアは、休憩に使うだけでなく、食事、調理、会話時、作業時などにあると便利なキャンプ用品です。

特にバイクでのキャンプだと、ツーリングで足や腰などに疲労が溜まりやすいため、アウトドアチェアはあった方がいいです。

ただし、やはり、テーブルと同じでかさばるアウトドアチェアは持ち運びに不便なので、軽量でコンパクトなものがおすすめです。

また、テーブルとセットで使う場合は、高さも揃えた方が快適です。

アウトドア用バーベキューコンロ・焚火台

アウトドア用バーベキューコンロ・焚火台は、キャンプ場で料理する方は必要ですし、焚火はキャンプの醍醐味でもあります。

今ではキャンプツーリングでも使える、折り畳み可能なコンパクトで軽量なアウトドア用バーベキューコンロ・焚火台が販売されていますので、そういったものがおすすめです。

アウトドアクッカー

アウトドアクッカーとは、アウトドアで使える鍋やフライパンなどの調理器具を指します。

コッヘル(語源はドイツ語のKocher)とも呼びますので、クッカー(語源は英語のCooker)と共に覚えておきましょう。

アウトドアクッカーは、キャンプ場で料理をする方には必須のキャンプ用品です。

アウトドア用カトラリー

カトラリーとは、英語のcutleryのことで、フォーク、スプーン、ナイフなどを指します。

キャンプでは、食事の時に必要な道具です。

アウトドア用カトラリーの中には、持ち運びに便利なために折り畳みが可能であったり、フォークとスプーンが一体になっていたり、素材やデザインにこだわったものだったり、非常に多種多様です。

食事はお気に入りのカトラリーで取ると、それだけでおいしくなりますので、是非、好みのものを探してみてください。

アウトドア用マグカップ

アウトドア用マグカップは、コーヒーやお茶などを飲む時に役立つ道具です。

アウトドア用ということで、衝撃に強いステンレスやチタンのような金属でできているか、樹脂製のものがほとんどです。

また、コンパクト収納できるようにハンドルを折り畳めたり、専用収納袋が付属しているマグカップもあります。

バイク乗りの方は、コーヒーを好きな方が多いはずです。

コーヒーを飲む時にアウトドア用マグカップがあると便利ですので、おすすめです。

下記のページでは、コーヒーツーリングにおすすめな道具を紹介しておりますので、キャンプでコーヒーを作りたい方は、是非、チェックしてみてください。

アウトドア用シングルコンロ

アウトドア用シングルコンロは、料理を作る時に必要な道具です。

確かに、焚火でも料理を作ることは可能なので、アウトドア用シングルコンロがなくても料理は作れます。

ですが、それだと不便ですので、一つアウトドア用シングルコンロがあると便利です。

すぐに火を付けることができますし、火力調整をも簡単で、鍋が真っ黒になることもありません。

ランタン

ランタンとは、英語のLanternのことで、照明器具を意味します。

キャンプ場では、ランタンなしではとても暗くなってしまうため、必要不可欠な道具となっております。

通常、ソロキャンプでも最低2個は必要と言われていますが、キャンプツーリングだと荷物になるため、1個だけ持っていく人もいます。

ただ、最近では折り畳み式など、非常にコンパクトなランタンもありますので、そのようなものであれば、それほど荷物にもなりませんので、おすすめです。

ソライトデザイン ソーラーパフ ソーラーランタン 折りたたみ式 ライト LEDランタン
ソライトデザイン(Solight Design)
¥3,600(2022/09/30 09:35時点)
✅【 折り畳み式ソーラーランタン 】 ソライトデザインのソーラーパフは、折り畳み式で最軽量モデルのソーラー充電式ランタン(ソーラーランタン)です。アウトドア(キャンプ)や防災用(災害用)などの様々な場面で活躍します。

アウトドア用ヘッドライト

アウトドア用ヘッドライトとは、頭部に装着するライトです。

ランタンだけだと、料理の時に手元が影で見えなかったり、トイレや炊事場に行く時にも暗くて不便だったりするので、アウトドア用ヘッドライトが一つあると非常に便利です。

それにアウトドア用ヘッドライトは、そんなにかさばるものでもないため、キャンプツーリングでも重宝します。

アウトドア用マルチツール

アウトドア用マルチツールとは、例えば、ナイフ、缶切り、爪掃除、小刀、のみ、爪やすり、のこぎり、栓抜き、削り落とし、ハリ外し、コルク抜き、+ドライバー、うろこ取り、フック、爪楊枝&ピンセット、はさみ、紐遠しなどが付いている下記のような道具です。

中林製作所 VERTEX 20徳ツールナイフケース付 約W100×H200×D23mm L-36
中林製作所(Nakabayashi Seisakusho)
¥1,300(2022/09/30 09:35時点)
素材:本体/ステンレス鋼、ハンドルカバー/ABS樹脂

キャンプツーリングでも、一つ持っていると便利ですので、購入しておいて損はないです。

バイクでのソロキャンプツーリングの道具一式の値段はいくら?

ここでは、『バイクでのソロキャンプツーリングの道具一式の値段はいくら?』という質問に回答します。

ただ、これは一つの道具にいくら掛けるのかによって変わってきますので、ここでは上記のAmazonの売れ筋ランキングの中から、キャンプツーリングにおすすめの道具を選んでシミュレーションしてみましょう。

テント

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム ST 1~2人用
コールマン(Coleman)
¥18,000(2022/09/30 10:41時点)
使用サイズ:インナーテント/約210×120×100(h)cm

タープ

アウトドア用マット

エアーマット GEKETY 【約10CM厚さ】 キャンプ マット 車中泊マット 足踏み式 無限連結可能 枕付き エアマット キャンプ 災害マット キャンプ用品 テントマット 車中泊 厚手 軽量 コンパクト 防水防潮 持ち運び便利 簡単収納 収納袋付き
GEKETY
¥4,500(2022/12/09 05:36時点)
🎄【枕付きで寝心地がいい】新品発売!令和4年最新進化版です!エアーマットのサイズは長さ195cm×幅70cm×高さ10cm(約)、エアーマットの中央の厚みは10cm、エッジは両側で10cm厚いです枕と組み合わせて首をやさしく支え、柔らかく弾力のある感触に。 枕があれば枕は不要で、体型に合わせたアーチ型のデザインになって程よくフィット。人間工学に基づいたデザインのエアピローにより、深い眠りを促進するエアピローは首や頸椎の自然な形を保ち、ぐっすりと眠ることができます。そして、195cm長さで子供から大柄の男性までも安心して横たわれます。今日の疲れ解消し、明日のキャンプに思いっきり楽しめます。

寝袋・シュラフ

LEEPWEI 寝袋 封筒型 軽量 保温 0℃-25℃耐寒 210T防水 シュラフ コンパクト アウトドア キャンプ 登山 車中泊 防災用 丸洗い可能 快適温度 丸洗い寝袋 春用 夏用 秋用 冬用 0.9kg 収納袋付き
LEEPWEI
¥2,880(2022/09/30 10:41時点)
【使用サイズ&品質サービス】 約210*75cm 収納サイズ:約35×17cm 重量:900g 適応温度:最低使用温度:0℃ 快適使用温度:10℃-25℃(自身の暑さと寒さの感覚によって使用)。【2年品質サービス】使用期間中に品質に問題がある場合は、お気軽にお問い合わせください。問題の解決を確実にお手伝いします。 この寝袋はアマゾンが推奨するロゴ入りの商品ですので、どうぞお買い求めください。

アウトドアテーブル

アウトドアチェア

DesertFox アウトドアチェア 折りたたみ 枕付き 超軽量【 独自開発のカップホルダー】【ハイバック】【 選べる6色】【耐荷重150kg】 コンパクト イス 椅子 収納袋付属 お釣り 登山 携帯便利 キャンプ椅子 0088 ブラウン/ハイバック BD
DesertFox
✅24時間営業のショップはプロスポーツ&アウトドア 用品販売店:【折りたたみチェア/ テーブル/ベッド/寝袋/ キャンプマット】◆自主開発の設計◆◆累計販売数量50万突破◆✅【類似品と比べれば】差し込み部の素材と縫製工程の見直しにより、強度・耐久性のUPに成功。(詳しくは「商品の説明」欄にて)※ご注意:市場通販の同じ素材で安価の類似チェアは曲がりやすいことを予めご了承ください。

アウトドア用バーベキューコンロ・焚火台

TokyoCamp 焚火台 焚き火台 折りたたみ焚火台 コンパクト 軽量 キャンプ 焚火
Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFE
¥4,980(2022/09/30 10:41時点)
【製品仕様】本製品は耐久性に適したステンレスで作られています。サイズ 収納時 32㎝×22㎝ 本体重量 985g  

アウトドアクッカー

Overmont DS-300 アルミ クッカーセット アウトドア鍋 アウトドアケトル キャンピング 調理器具 収納袋付き 2–3人に適応
Overmont
¥3,530(2022/09/30 10:41時点)
【製品仕様・無期限品質保証】材質:アルミニウム合金 重量:約833g 鍋:直径17.3cm×高さ9.2cm フライパン:直径18cm×高さ4.3cm ケトル:直径13.7×高さ8.4cm バッケージサイズ:18.4×12.6×18.6cm セット内容: 鍋×1 蓋×1 フライパン×1 ケトル×1 お碗×3 しゃもじ×1 柄杓×1 クリーンスポンジ×1 Dリング×1 ナイフ×1 フォーク×1 スプーン×1 収納袋×1購入日から万が一初期不良あるいは不具合が発生する場合、いつでも出品者のお問い合わせメールまでご連絡ください。お客様の都合より、全額返金や新品交換を対応させていただきます。ご安心、楽しみご利用ください。

アウトドア用カトラリー

アウトドア用マグカップ

アウトドア用シングルコンロ

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
Iwatani
¥4,290(2022/06/20 15:37時点)
使用サイズ:幅155×奥行155×高さ127mm/収納サイズ:幅82×奥行68×高さ109mm/商品重量:約274g/カラー:[本体] シルバー、[器具せんつまみ] こげ茶/材質:[本体] アルミニウム、[バーナー・ごとく・脚・風防] ステンレス/ガス消費量:約194g/h (気温20~25℃のとき10分間のガス消費量を1時間に換算したもの)/最大発熱量:2.7kW (2,300kcal/h)/連続燃焼時間:[イワタニカセットガス使用時] 約120分、[イワタニカセットガスジュニア使用時] 約40分 (気温20~25℃のとき強火で連続使用したときの目安時間)/点火方式:圧電点火方式/容器着脱方式:押込半回転方式/使用ガス:イワタニカセットガスジュニア、イワタニカセットガス、イワタニカセットガスパワーゴールド/化粧箱サイズ:幅97×奥行85×高さ127mm/化粧箱重量:約430g/付属品:専用ハードケース/生産国:日本

ランタン

アウトドア用ヘッドライト

ヘッドライト 充電式 USB ledヘッドライト 高輝度 LED ヘッドランプ 2個セット 【集光・散光切替/ 明るさ300ルーメン/ 実用点灯4~30時間/ IPX4防水/ CE ROHS認証済み/ 24ヶ月保証】 赤色サブライト搭載 夜釣り 最適 登山 キャンプ 散歩 作業 釣り アウトドア 災害 停電用 小型 軽量 ヘッド ライト
Lighting EVER
¥2,869(2022/09/30 10:41時点)
【高輝度LEDライト・照射角度調整可・防災停電対策】明るさは300ルーメン、照射距離最大約150メートル。この明るさなら夜の散歩や暗い場所での活動に大活躍!地震、災害や突然停電した時にも役立ちます。ヘッドライトの先端は照射角度(45度まで)調整ができますので、足元だけではなく、照射周囲を広く照らし、危険がよく避けられます。

アウトドア用マルチツール

中林製作所 VERTEX 20徳ツールナイフケース付 約W100×H200×D23mm L-36
中林製作所(Nakabayashi Seisakusho)
¥1,300(2022/09/30 09:35時点)
素材:本体/ステンレス鋼、ハンドルカバー/ABS樹脂

合計金額

下記の一つ一つ値段は、2022年9月30日現在のものです。

テント:¥12,620
タープ:¥7,625
アウトドア用マット:¥3,699
寝袋・シュラフ:¥2,736
アウトドアテーブル:¥2,178
アウトドアチェア:¥2,999
アウトドア用バーベキューコンロ・焚火台:¥4,980
アウトドアクッカー:¥3,530
アウトドア用カトラリー:¥1,200
アウトドア用マグカップ:¥2,585
アウトドア用シングルコンロ:¥3,888
ランタン:¥4,290
アウトドア用ヘッドライト:¥1,856
アウトドア用マルチツール:¥1,300

合計:¥55,486

上記はあくまで一つのシミュレーション結果ですので、当然、購入するキャンプ道具によって前後するのはご了承ください。

ただ、バイクでのキャンプツーリングの道具一式の値段はだいたいいくらぐらいなのか、イメージはできたと思います。

ソロキャンプの場合、5万円前後でもかなり快適なキャンプ道具を揃えられますし、コスパ重視なら3万円前後でも揃えられると思います。

結構、良いものやその他の便利なキャンプ用品も揃えようと思ったら、10万円前後といったところでしょうか。

自分の予算に合わせて、お気に入りのキャンプ用品を探してみてください。

hinataレンタルの口コミ!メリット・デメリットまとめ

下記のページでは、hinataレンタルの口コミからメリット・デメリットをまとめております。

hinataレンタルは、キャンプ用品をレンタルできるサービスです。

キャンプ場に、直接、キャンプ用品を送ることができますので、バイクへの積載を気にしなくていいなどメリットがあります。

ただ、一度や二度のキャンプであればいいのですが、何度もキャンプに行くのであれば買った方が安いです。

そのため、キャンプ初心者の方で、まずはレンタルで試してみたいという方におすすめですので、興味のある方は、是非、チェックしてみてください。

冬キャンプの必需品9選とあったら便利な持ち物7選!

下記のページでは、冬キャンプの必需品とあったら便利な持ち物を紹介しております。

また、冬キャンプ初心者の方のために基礎知識をQ&A方式で回答もしております。

冬でのキャンプツーリングにも参考になると思いますので、初めて冬のキャンプツーリングをしてみようかなという方は、是非、チェックしてみてください。

スポンサーリンク
キャンプ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tasaburoをフォローする
バイク売却の田三郎