三井住友海上のバイク保険の評判!メリット・デメリットまとめ

モト オートバイ Motorcyclist 地下 灯台 ガレージ モーターバイクの交通違反・交通事故

このページでは、三井住友海上のバイク保険の評判からメリット・デメリットをまとめました。

三井住友海上のバイク保険の口コミ・評判を知りたい

三井住友海上のメリット・デメリットを知りたい

どの会社のバイクの任意保険に加入しようか悩んでいる

バイク保険を比較検討したい

上記のような方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

三井住友海上のバイク保険の口コミ・評判のまとめ

※下記の三井住友海上のバイク保険の口コミ・評判は、知恵袋twitter、各種の口コミサイトなどからまとめさせて頂きました。

☑保険料が意外と安い

☑事故での対応が良かった

☑ダイレクト型ではなく、店舗型なのでサービスが良い

☑事故での対応が悪かった

☑三井住友海上火災保険から三井ダイレクトへの見直しで保険料が安くなった

☑公式サイトにバイク保険専用のページがなく、ネットでの見積りもできない

上記は口コミ・評判ですので、すべてが真実であるとは限りません。

また、まったく逆の意見もありました。

例えば、事故後の対応については良かったという声と悪かったという声の両方がありました。

以下、上記の口コミ・評判をメリット・デメリットに分けて、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

三井住友海上のバイク保険のメリット

太陽 ハッピー 日光 ゴールデン 黄 光線 ライト 陽気な 幸福 式 感情 笑顔 笑い

保険料が意外と安い

基本的に、バイクの保険料は店舗型よりもダイレクト型の方が安いです。

なぜなら、ダイレクト型は文字通り、直接、保険会社と契約を結べるため、代理店手数料が不要なためです。

ですが、三井住友海上の保険料は意外と安かったという声がありました。

バイク保険料というのは、年間走行距離、排気量、免許証の色、使用目的、住所、ノンフリート等級、補償内容など、様々な条件によって個人個人、まったく違うのですが、確かに条件によってはダイレクト型とそこまで変わらない可能性はあります。

ですので、大事なことは、少しでも興味のある保険会社には一つ一つ見積もりを取ることです。

そうすれば、自分の場合は三井住友海上のバイク保険料は安いのか、高いのか、はっきりします。

逆に言うと、それ以外に自分にとっての保険料を調べる手段はありません。

確かにバイク保険料にも相場というのはあるのですが、あくまで目安でしかありません。

バイク保険料は色々な条件によって、かなり違ってきますので、できる限り安い保険を契約したい方は、見積りを取るようにしましょう。

事故での対応が良かった

基本的に、ダイレクト型よりも店舗型の方がサービス全般は良いとされています。

ですので、三井住友海上のバイク保険に加入しており、事故に遭った方の声として、対応が良かったという声がありました。

具体的には、担当者が迅速に対応してくれたり、わかりやすく対処方法を説明してくれたりしたという声がありました。

ダイレクト型ではなく、店舗型なのでサービスが良い

これは上記でも書いた通りです。

三井住友海上のバイク保険は店舗型なので、保険料は高い分、ダイレクト型よりもサービスが良いことが多いです。

三井住友海上のバイク保険のデメリット

悲しい 泣く 破れ目 フェイスブック 反応 悲しい反応 泣いて 不幸 コミュニケーション

事故での対応が悪かった

上記の三井住友海上のバイク保険のメリットでは、「事故での対応が良かった」という声を紹介しましたが、逆に「事故での対応が悪かった」という声もありました。

これは担当者次第の部分もありますし、運の要素も強く、どうしても対応が悪い人に当たってしまう可能性もあります。

ただ、これはどの保険会社でも同じですので、ある程度、諦めるしかないかもしれません。

三井住友海上火災保険から三井ダイレクトへの見直しで保険料が安くなった

基本的に、店舗型はダイレクト型よりもバイクの保険料は高くなります。

ですので、三井住友海上保険火災から三井ダイレクトへの見直しで保険料が安くなる可能性は高いです。

ただし、これも条件次第ですので、実際に見積りを取らないと正確には言えません。

公式サイトにバイク保険専用のページがなく、ネットでの見積りもできない

「公式サイトにバイク保険専用のページがなく、ネットでの見積りもできない」という声もありました。

確かに、三井住友海上の公式ホームページには以下のような記載があり、バイクの専用の任意保険はないことがわかります。

ご契約のお車が二輪自動車・原動機付自転車の場合、『自動車保険・一般用』でご契約いただきます。

引用:三井住友海上

ただし、バイクの保険チラシというのはPDFであり、『自動車保険・一般用』と『自賠責保険』の案内がされています。

また、ネットでの見積もりはできないというのはその通りですが、代理店を通して、電話での見積りは可能です。

三井住友海上のバイク保険のロードサービス

バイク(原付・二輪自動車)で三井住友海上の『自動車保険・一般用』に加入している場合でも、おクルマQQ隊という自動車のロードサービスの対象となります。

運搬費用(修理工場までのレッカー費用+落輪したお車をクレーン等で引き上げる費用)は30万円を限度に補償され、レッカーけん引は約500km(※普通車の場合のけん引距離ですので、原付・バイクは距離が異なる可能性があります。)となっております。

また、バッテリー上がり時のジャンピング(1保険年度につき1回)、ガス欠時の10リットルまでのガソリン補給(1保険年度につき1回)、キー閉じ込み時のドアの解錠、パンク時のスペアタイヤ交換などの応急処置のサービスがあります。

それと、バイクがレッカーされた後の宿泊費用や移動費用もありますので、詳細は下記の三井住友海上の公式サイトをご覧ください。

バイク保険料を安くするために一括見積もりを利用する

バイク保険一括見積もり窓口

三井住友海上のバイク保険料は、ダイレクト型のバイク保険と比較して高い傾向があります。

※ただし、条件次第では安い可能性もあります。

そのため、安い保険に加入するためには一括見積もりがオススメです。

保険の窓口インズウェブでは、三井住友海上の他に、アクサダイレクト、チューリッヒ、三井ダイレクト、共栄火災、損保ジャパン、AIG損保、あいおいニッセイ同和が参加しており、同じ条件で一括見積もりが可能です。

できるだけバイク保険料を安くしたい方は、是非、利用してみてください。

バイク保険一括見積もり

バイクの任意保険は無駄?40%の加入率で多くは入らない?

下記のページでは、『バイクの任意保険は無駄?』という質問に回答しております。

また、バイクの任意保険の加入率や補償内容の解説もしておりますので、是非、チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました