ホンダ・フュージョンSEの評価・インプレ!魅力や欠点

ホンダ・フュージョンSEの評価・インプレ!魅力や欠点バイクのインプレ

ホンダ・フュージョンSEの評価・インプレです。

この投稿をしてくれたのは、岡山県岡山市南区在住の31歳の男性です。

フュージョンSEは、最初、1994年に追加されたモデルで、一度は販売終了となりましたが、2005年に復活して、その後、2007年まで販売が続けられました。

その後、フュージョンの復活はありませんので、現在、購入できるのは中古車のみです。

フュージョンに興味のある方は、もしくは購入を検討している方は、是非、この評価・インプレも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ホンダ・フュージョンSEの評価・インプレ!魅力や欠点

 性別 男性
 年齢31歳
身長167cm
 住所岡山県岡山市南区
 車種フュージョンSE(ホンダ)
バイクの色ブラック
排気量244cc
 年式2006年式
シート高665mm
車体重量(装備重量)172kg
エンジンタイプ水冷4ストロークOHC単気筒
燃料タンク容量12.0リットル

なぜ、そのバイクを購入しようと思ったのですか?

バイクでも積載量が欲しい。

そうなるとビッグスクーターのバイクしかないと思い、ビッグスクーターを探していて、レッドバロンで購入しました。

フォルツァ、スカウェイブ、マジェスティとどれにしようか悩んでいましたが、フュージョンは2007年を最後に排気ガスの規制が原因で廃版になっているので、乗るなら今しかないと思ったのが決め手です。

今ではブームも去り、ビッグスクーターは安く手に入りますが、当時(2010年頃)はビッグスクーターブームでかなり高い中、フュージョンは古いせいもあるのか、他のビッグスクーターより安く手に入ったことも購入するきっかけになりました。

足つきはどうでしたか?

足つきはよく、べったりかかとまで地面につきます。

燃費はどうでしたか?

街乗り~ツーリングで、約25~29km/lでした。30km/l越えを目指してエコ運転で次の給油まで走って計算したこともありますが、さすがに難しいようです。

維持費はどうでしたか?

ランニングコストは、保険代が月5,000円程度かかっており、オイル交換がレッドバロンで月600円程度でした。

修理代は、①リアボックスを開けた際にテールランプに干渉しており、そのうちテールランプのカバーが壊れ約1万円交換することになりました。

②セルモーター交換が必要になり、3万円で交換しました。

ほとんど修理はしないで乗れました。

故障は多かったですか?

故障はほとんどない車体でした。

しかし、修理する場合は、上で書いた通りかなりの費用が掛かりますので、覚悟をしたほうが良いです。

積載性はどうでしたか?

リアボックスがジェットタイプのヘルメットを2個収納できるので、非常に満足できます。

私はジェットタイプのヘルメット1つと半ヘルを1つ収納していました。

友人たちとのツーリングの際には、リアボックスに入れといてといろいろなものを詰めて荷物係になっていました。

また、リアキャリアをつけトップケースを増設することも可能なので伸びしろもかなりあります。

乗り心地はどうでしたか?

おなかから下にかけては、ほとんど風にあたりませんでした。

なので、冬の時期については快適です。

シートですが、見た目以上にふわふわとしており、非常に快適です。

雨の日には、座ったところが水たまりになるぐらい沈むので、シートについては唯一の難点でした。

エンジン性能はどうでしたか?

主に街乗りで使っていた感想ですが、アクセルを回せば街乗りには十分すぎるぐらい走ります。

高速道路にも調整したことがありますが、100キロは問題なく出すことができます。

走行性能はどうでしたか?

エンジン性のと同様、街乗りには十分です。

取り回しはどうでしたか?

ビッグスクーターなので、取り回しは非常に面倒です。

全長が長いうえ、ホイールベースも長いし、タイヤも小さい。

取り回しについて、悪い点を挙げればきりがないくらいありますので、ビッグスクーターに乗る場合は取り回しについて何かを求めることはあきらめたほうが良いと思います。

長期ツーリングの快適さ

どこまででも何不自由なく走っていけます。

高速でも制限速度で難なく走ることができます。

そのバイクの良かったところ(魅力)はどこですか?

座り心地は最高でした。

今までマジェスティ、DIO、YBRと合計4台のバイクになりましたが、一番楽に乗れるのはフュージョンでした。

リアボックスが広いのも魅力です。

そのバイクの悪かったところ(欠点)はどこですか?

一度どこかの修理が必要になれば、普通に考えられる以上の修理費を覚悟しなければなりません。

びっくりしたのはセルモーターの交換でした。

見積もりを出された際に、金額を見たら総額で4万円だといわれました。

なぜか確認したところ、フュージョンの場合、カウルをすべて剥ぎ取り、セルモーターまで工具を入れるため、ほかのパーツを外さないといけないそうです。

結果的に話をして約3万円で交換してもらえましたが、さすがに財布へのダメージが痛かったです。

総評

100点中80点ぐらいです。

フュージョン自体、新車はないので、今後乗るとすれば中古車の購入になると思います。

状態をしっかり確認しておかなければ、修理費で痛い思いをすることになるのは間違いありません。

修理費が大きくかかるのは、かなりのマイナス点だと思います。

状態の良いものを買うことができれば、長い間、維持費がかからないで乗っていくことができると思います。

走行距離もかなり進んでしまい、乗り換えるため手放してしまいましたが、今後、良い車両があり、自分の財布に余裕があれば、また乗りたいと思えるバイクです。

ホンダ・フュージョンSEのQ&A

疑問

フュージョンSEの中古車価格はいくらぐらい?

4~49万円ぐらいです。

※2020年3月現在、グーバイク参照

どんなエンジン音なの?

下記の動画でフュージョンのエンジン音を聞くことができます。

フュージョンと美女との写真が見たいのだが?

 

この投稿をInstagramで見る

 

HELIX GANG(@helix_gang)がシェアした投稿

フュージョンの平均買取価格は何円?

2万3千円です。

※2020年3月現在、Webike参照

ただし、走行距離や年式、バイクの状態によって0万円~13万円ぐらいとかなり変わってきます。

フュージョンを売ろうと思っている方や査定金額を知りたい方は、直接、査定してもらった方がいいです。

バイク王で愛車を無料お試し査定

このページを読んでいる人にオススメの記事

タイトルとURLをコピーしました