バイク売却の田三郎 検索
バイク売却の田三郎 検索 google

10万キロ超えバイクの買取・下取りに値段は付く?

このページでは、10万キロ超えバイクの買取・下取りに値段は付くのかについて解説します。

10万キロと言えば、バイクの寿命とも言える走行距離です。

その走行距離になる前に、何度も修理に出すケースも多いですし、かなりのメンテナンスが必要です。

そんな10万キロ超えのバイクですが、買取・下取りで値段は付くのでしょうか?

10万キロ超えの50cc以下の原付スクーターのケース

原付 スクーター 赤色

10万キロ超えの50cc以下の原付スクーターの場合、買取・下取りにおいて、まず買取・下取り金額が付くことはありません。

まず50cc以下の原付スクーターで10万キロ乗るためには、何度も修理に出し、入念にメンテナンスする必要があります。

それでも5万キロぐらいで壊れたり、修理に出すよりも買い替えた方が安い状態になりやすいです。

50cc以下の原付スクーターの場合、2~3万キロを超えると、買取不可とされる可能性もあります。

もちろん、状態や車種によっても変わりますが、それぐらいの走行距離を乗った50cc以下の原付スクーターの買取・下取り金額に期待するのはやめましょう。

ただ、だからといって適当に選んだ1つのバイク屋で査定してもらい、売るのはやめましょう。

例えば、適当に選んだバイク屋Aが原付スクーターに値段は付かず、むしろ廃車費用が5千円掛ったとします。

しかしながら、バイク屋Bでは逆に買取・下取り金額がプラス5千円付く可能性があるのです。

5千円払うところ、逆に5千円もらえたとしたら、その差は1万円にもなります。

1万円あれば、高級な焼肉や寿司などを食べることも可能です。

10万キロ超えの50cc以上のバイクのケース

ドゥカティ モト オートバイ 泊 乗る 車両

10万キロ超えの50cc以上のバイクの場合は、十分に買取・下取り金額が付く可能性があります。

もちろん、走行距離が少ないバイクの買取・下取り金額と比較すれば安くなってしまいますが、車種によっては高額な値段が付きます。

特に旧車やハーレーなどの貴重なバイクであれば、10万キロ超えていても100万円近くの買取・下取り金額になるケースもあります。

ただ、125ccぐらいの原付二種で、ボロボロで、走るのがやっとというバイクなどであれば、もちろん、値段がまったく付かないケースもあります。

買取・下取り金額がどのように付くか考えればわかるのですが、要はそのバイクを欲しい人がいれば値段が付きますし、誰も欲しくないバイクであれば値段は付かず、むしろ手数料として廃車費用が取られるのです。

例えば、『カワサキ・ZRX1100をレッドバロンで下取り査定した話』では、走行距離が9.9万キロでほぼ10万キロのバイクの下取りの体験談ですが、8万円の値段が付いています。

初心者時代に転倒して傷があり、レッドバロン1社だけに査定を依頼しても値段が付かないということはないのです。

この体験談の記事を読んでもらえばわかるのですが、やはり、1社だけで査定しないでバイク王など、他の店舗にも査定を依頼すればよかったと言っています。

ですので、10万キロの走行距離を突破したバイクであっても必ず相見積もりするようにしましょう。

10万キロ超えのバイクを売るのにオススメの買取業者

中型・大型バイクを売るならバイク王

バイク王 公式ホームページ

中型・大型のバイクを売るのであれば、まずはバイク王で査定してもらうのがオススメです。

バイク王であれば10万キロ超えであっても買取してもらえますし、全国無料出張査定のサービスを提供していますので、エンジンが掛からなくなったバイクであっても店舗に持って行く必要がありません。

ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキ、BMW、ハーレー、どんなメーカーのバイクであっても買取してもらえます。

ただ、『バイク王の買取・査定の口コミ・評判(22人)と店舗一覧』を読んでもらえばわかるのですが、125cc以下のバイクの場合に限ってはあまりオススメしません。

というのも、バイク王は小型のバイクにほとんど力を入れておらず、買取金額が期待できないからです。

小型バイク・スクーターを売ることを考えている方は、下記のバイクブロスがオススメです。

公式ホームページ

バイク王

原付・スクーターを売るならバイクブロス

バイクブロス 買取一括査定

原付・スクーターを売るなら、まずはバイクブロスの一括査定に依頼するのがオススメです!

原付・スクーターは、10万キロ以上走っていれば特に、どこで見積りをしても0円査定や廃車でマイナス査定になりやすいです。

それでも、バイクブロスの一括査定なら最大8社から査定比較できるので、最も損をしない処分方法です。

他にも、一括査定は多数ありますが(バイク買取の3社のオンライン無料一括査定を比較してみた)、最大8社から査定を受けられるバイクブロスをオススメします。

公式ホームページ

「バイクブロス」バイク買取一括査定見積り

このページを読んでいる人にオススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする