バイクの下取りは損?下取り査定する前に知っておくべき買取との違い

バイクの下取りは損?下取り査定する前に知っておくべき買取との違いバイクの買取・査定

このページでは、バイクの下取りと買取の違いを解説しております。

バイクの下取り査定に出そうと考えている方は、ちょっと待ってください!

バイクの下取りに出すと、買取に出すよりも損してしまう可能性が高いです。

このページで、しっかりと両者の違いについて知り、然るべき場所に愛車を売るようにしましょう!

バイクの下取りと買取の違い

バイク 買取 下取り 違い 悩む女性

まずバイクの下取りと買取の基本的な違いですが、それは下取りがバイクを買うこととセットになっているのに対して、買取はただ売るということだけであることです。

つまり、下取りはバイクを販売しているYSP、Honda Dream、カワサプラザ、SBSのようなディーラーで買い替えを目的として、愛車を売るのに対して、買取はバイク王やバイクワンのような業者で新しく購入しない前提で愛車を売ることを指します。

両者の意味的な違いはそれだけですが、メリット・デメリットを考えると、違いはそれだけではありません。

メリット・デメリットを踏まえて、もう少し下取りと買取の違いを見ていきましょう。

バイクの下取りは手間暇掛からなくて楽な分、査定金額が低い傾向がある

バイクの下取りは、とにかく手間暇が掛からなくて楽です。

なぜなら、売る店と買う店が同じですので、行くお店が1カ所だからです。

行くお店が1カ所ですので、交渉相手も1カ所、書類の提出先も1カ所です。

その他のメリットとして、バイクの納車まで下取り車に乗っていられるということもあります。

しかしながら、査定金額は買取と比較すると低い傾向にあります。

なぜなら、ディーラーの下取りというのは、販売の付随的な位置づけにあり、本業ではないため、中古車市場の需要と供給が反映されづらいのと、バイクの値引き金額に下取り査定金額が含まれてしまう傾向にあるからです。

下取りのメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

メリット

  • 手間暇が掛からなくて楽
  • バイクの納車まで下取り車に乗っていられる

デメリット

  • 査定金額は買取と比較すると低い傾向
  • 新車の値引き金額が低くなりやすい

バイクの買取は複数社の査定で高値が付く傾向がある

バイクの買取は、何と言っても高値が付く傾向があるのがメリットです。

下取りと違って、複数社での比較が可能ですので、さらに高値が付く可能性が高いです。

その他のメリットとしては、社外パーツやカスタムも高額査定になる可能性があります。

また買取ですので、下取りと違い、新しくバイクを買う必要がありません。

下取りであれば、購入と引き換えにバイクを売りますので、必ず新しいバイクをそのお店で買わなければなりません。

その点、買取であればバイクを売却した後でじっくりとバイク選びができるというのはメリットだと言えます。

逆にデメリットは、買い替えの場合、売却後、すぐにバイクを引き渡す必要があるため、新車を買うまでの間、所有していない期間ができるということです。

また新しいバイクを買う場合、必ず2カ所以上の業者と取引しますので、下取りと比較すると、手間暇が掛かるということです。

買取のメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

メリット

  • 買取金額が高い傾向がある
  • 複数の業者で査定してもらえるので、最高値でバイクを売却できる
  • 新しくバイクを買う必要がない

デメリット

  • 新しくバイクを買う場合、バイクを所有していない期間ができる
  • 下取りと比較すると、手間暇が掛かる

買取・下取りの両方で査定してもらった口コミ

バイクの下取りは損?!基本的にはオススメしない!

バイク 下取り オススメしない

確かに、バイクの下取りには複数のメリットがある(上記参照)ため、絶対にダメという訳ではありません。

しかしながら、バイクを売るうえで最も重要視することは、どれだけ高く売却できるのかということではないでしょうか?

それを考えると、基本的に買取をオススメします。

ただし、買取する上でも、一社だけで見積もりを取ったり、交渉なしでは、買取の高値が売却できる可能性が高いというメリットを薄れさせてしまいます。

ですので、オススメは三社以上の買取業者で見積もりを取り、A社、B社ではいくらだったので、C社ではそれ以上の買取金額ではないと売れないといった交渉をするようにしましょう。

そのような交渉が苦手という方は、同じ日の同じ時間に複数の業者を呼び、オークション形式でバイクを売るという方法がオススメです。

いずれにせよ、せっかく大事に乗ってきたバイクを売るのですから、最大限、評価してもらえるように工夫するべきです。

最終的に下取りでバイクを売りたいのであれば買取でも見積もりを取るべし

すでに買うバイクとお店が決まっており、最終的にそのお店で下取りを出したいと考えている場合でも、まずは買取業者で見積もりを取りましょう。

ディーラーでの下取り価格は低い傾向がありますが、それでも交渉の余地はあります。

その交渉材料として、買取業者での見積もりが有効です。

もちろん、買取業者での見積もり金額よりかは出してもらえない可能性が高いですが、それでも下取り金額を数万円上げられる可能性は高いです。

またはパーツやヘルメットのようなバイク用品をおまけしてくれることもあります。

少しの手間暇で、数万円の差が出るのであれば、やった方がいいのは間違いありません。

下取り前にまずは以下の3社で査定!

バイク王

バイク王 公式ホームページ

まずはバイク王です。

バイク王は、買取シェアNO.1の最大手の会社です。

資金力はもちろん、全国どこでも無料の出張査定をしてくれますので、どんなに地方であっても安心して査定をしてもらえます。

口コミ・評判と店舗一覧

バイク王の買取・査定の口コミ・評判(23人)と店舗一覧

公式ホームページ

バイク王

バイク買取専門店バイクワン

バイクワン 公式ホームページ

続いて、バイクワンです。

バイクワンは、買取専門店ですので、下取りよりも高値が付く可能性が高いです。

事故車や故障車のような問題のあるバイクであっても買取をしていますので、そのような愛車を持っている方は、特にオススメです。

またバイクワンも全国の無料出張査定に対応しておりますので、離島などでなければ、査定の依頼が可能です。

口コミ・評判と店舗一覧

バイクワンの買取・査定の口コミ・評判(3人)と店舗一覧

公式ホームページ

バイクワン

バイクランド(旧名:ゲオバイク)

バイクランド 公式ホームページ

バイクランドは、旧ゲオバイクです。

バイク王に次ぐ買取シェアで、幅広い車種に対応しております。

他社と比較すると、なかなか渋い査定になることも多いですが、複数社で見積もりを取ることで高値になりやすいですので、まずは無料査定をしてもらいましょう。

口コミ・評判と店舗一覧

バイクランドの買取・査定の口コミ・評判(2人)と店舗一覧

公式ホームページ

バイク買取査定『バイクランド』出張査定見積り

このページを読んでいる人にオススメの記事

10万キロ超えバイクの買取・下取りに値段は付く?
10万キロ超えバイクの買取・下取りに値段は付くのかについて解説します。 またオススメの買取業者も紹介していますので、是非、参考にしてみてください。
限定カラーのボルティーをYSP名古屋西で下取り査定
今回、限定カラーのボルティーをYSP名古屋西(※YSP名古屋西がまだOZTだった頃に売却)で下取り査定した体験談を提供してくれたのは、愛知県海部郡在住の25歳の男性です。 下取り査定に出したのは、色は限定カラーのホワイトバージョン、走行距離は1.5万キロ、年式は2003年式のスズキ・ボルティーです。
ZR250A(バリオスⅠ)をレッドバロンで3万円の下取り価格で売る
今回、ZR250A(バリオスⅠ)をレッドバロンで3万円の下取り価格で売る体験談を提供してくれたのは、兵庫県神戸市垂水区在住の27歳の女性です。 下取りに出したのは、色は黒色、年式は1992年式のカワサキ・ZR250A(バリオスⅠ)です。
ニンジャZX-12Rを下取りし、PCX150を買った体験談
今回、ニンジャZX-12Rを下取りし、PCX150を買った体験談を提供してくれたのは、三重県四日市市在住の34歳の男性です。 下取りに出したのは、走行距離は約7万キロ、年式は平成14年式、色はブルーのカワサキ・ニンジャZX-12Rです。
GPZ900Rを査定金額0円で下取りした話と買取相場
今回、買取業者で相見積もりせず、GPZ900Rの下取り査定金額0円で廃車(?)、引き取りしてもらった体験談を提供してくれたのは、神奈川県横浜市在住の33歳の男性です。 引き取りしてもらったのは、走行距離6.0万キロ、1991年式、白色のカワサキ・GPZ900Rです。
ホンダ・NSR250R-SEの買取!下取り査定に出した体験談
ホンダ・NSR250R-SEを下取り査定に出した男性の体験談です。 現在では、2ストのNSR250Rは高値で売買されているので、色々な買取業者を周って査定してもらうことをオススメします。
レッドバロンで大型バイクを下取りし、PCX150を値引き購入
レッドバロンで大型バイクを下取りし、PCX150を値引き購入した男性の体験談です。
カワサキ・ZRX1100をレッドバロンで下取り査定した話
カワサキ・ZRX1100をレッドバロンで下取り査定した話です。 下取り査定したバイクは、ミッドナイトパープル、走行距離は9.9万キロ、平成9年式のZRX1100です。 走行距離は10万キロに近いですが、いくらの金額で売却できたのでしょうか?
ヤマハ・ドラッグスター400をレッドバロンで下取り
ヤマハ・ドラッグスター400をレッドバロンで下取りに出した体験談です。 提示された買取金額には、最初は納得できなかったようですが、営業を受けバイクを売却することに納得したようです。
カワサキプラザの(店員や下取りの)口コミ・評判は?値引きは?
カワサキプラザは、カワサキのバイクを販売する専門店で、すでに関東地方では前都県に店舗があり、全国に次々に店舗をグランドオープンさせています。 上質なライフスタイルを提案するということで、カフェやアパレルショップのような雰囲気のある、今...
タイトルとURLをコピーしました