雨の日に車との追突事故でホンダ・CB-1を廃車にした体験談

雨 車 バイク

今回、雨の日に車との追突事故でホンダ・CB-1を廃車にした体験談を提供してくれたのは、京都府舞鶴市在住の34歳の男性です。

廃車にしたのは、走行距離8千キロ、1991年式、ブルーのホンダ・CB-1です。

雨の降っていた日に、すり抜け運転をしていたところ、車と追突して事故を起こしてしまったようです。

その車との追突事故が原因で、ホンダ・CB-1は動かなくなり、泣く泣く廃車をすることになりました。

バイク王で事故車を無料お試し査定

雨の日に車との追突事故でホンダ・CB-1を廃車にした体験談

 性別  男性
 年齢 34歳
 住所 京都府舞鶴市
 廃車したバイク CB-1(ホンダ)
排気量 400cc
ボディタイプ ネイキッド
 走行距離 8千キロ
 年式 1991年式
 バイクの色 ブルー
グレード typeⅡ
型式 NC27

ホンダ・CB-1に乗っていたい理由

高校を中退した17歳で、中型自動二輪免許を取りました。

お金がなく、30万以内で400ccクラスのバイクを購入予定でした。

実際、ホンダのCB400Fというバイクが購入したかったんですが、中古でも予算額を大幅に超えてしまうので、似たバイクを探していて見つけたのがCB400Fの前身であったCB-1でした。

ネイキッドそのものというスタイルや、街乗りに最適な中低速トルクを重視した設計と、実際にバイクにまたがった時の感触に一目ぼれで即購入を決断しました。

バイトでためたお金で本体価格、整備費と保険代で給料はほぼなくなりましたが、とても満足でした。

実際、乗ってみると高回転の吹け上がりもとても気持ちのいいもので、100~120キロの巡航はとてもスムーズでストレスなく運転できました。

トータルで4年ほど乗りましたが、峠での転倒を何度が繰り返し、メインアームが少し歪んできて、運転自体も少し違和感を感じるようになってきました。

峠での転倒は廃車にするほどのレベルではなかったのでそのまま乗っていたんですが、乗り始めて4年目に追突の事故を起こしてしまったのが、廃車にするきっかけです。

ホンダ・CB-1に乗っていて追突事故

事故当日は雨が降っていて、私は車が渋滞する橋の脇をすり抜けで運転していました。

すると、前にいた車が急に歩道側に寄ってきました。

結構なスピードが出ていたことと、タイヤが橋の金属の部分にかかっていた事などでほぼノーブレーキで車の後方バンパーに激突してしまいました。

カウルをつけていましたがそれも粉々で、ハンドルも見た目で明らかに分かるほど歪んでしまいました。

車の方はというと奇跡的にへこみがほぼなく、私のCB-1だけが運転不能の状態になってしまいました。

田三郎
雨の日は、特にバイクでのすり抜けは危険だよね!車は左に寄せてくる時があるし。
高木
なんで?
車は、反対車線の車からの水しぶきを避けたり、逆に掛けないように左に寄せることがあるんだ。
なるほどね。中央に水たまりがあったら、急に左寄せしちゃう場合もあるのか…。
そうだね。しかも、雨の日は視界も悪いから、バイクが横からすり抜けてきたら気づかない危険性もあるよね。
なるほど。

ホンダ・CB-1を自分で廃車する

親はもともとバイクに乗る事を反対していたのと、私もCB-1を修理してまで続けて乗る気はしなかったので、廃車する事に決めました。

CB-1を廃車するのは、基本的に自分でしました。

バイク屋さんに頼んで廃車にする事もできましたが、修理されてまた違う人に運転させれるのが嫌だったので最後まで自分の手で廃車しようと決めていたからです。

それで、ナンバープレートを外して住民票や申請書類を準備して運輸局まで届けにいきました。

地元で知り合いのスクラップ屋が鉄くずで買い取ってくれるというので、そこにCB-1を持ち込みました。

手続きは基本的に一人でしたので、費用はかかりませんでした。

逆に鉄くずとして売った分と保険代金のお金が戻ってきました。

スクラップをする時ですが、タイヤを引き取るにはお金がかかるらしく、その相殺で5000円ほどもらいました。

そのような処分の仕方は初めてだったので、言われるれるがままに、渡されるがままにお金を受け取って終わりました。

今から思い出してみると、すこし少なく見積もられたような気もしますが、自分で愛着のあるCB-1を最後まで見とれたので自分としてはとても満足しています。

まとめ

買い取り店では、「なんでも買い取ります」「動かなくなったバイク、事故車なんでも引き取ります」という広告でバイクを買い取ってもらえますが、動かなくなった自分の愛車を安く軽く見られているような気がして、そこに行く気にはなれませんでした。

バイクの状態を見て、買い取り店で買い取られたとしても、最終的にはやはり廃車処分されるんではないかと当時は思っていたので、それならば自分でやろうとしました。

もし、まだまだ乗れる状態でバイクを手放すのならバイク屋さんや、買い取り店に持っていったかもしれません。

廃車の手続き自体はそんなに難しくなく、書類を準備する事や運輸局まで出向く事が苦にならなければ、自分で廃車手続きをしてもいいかもしれません。

さらに、バイク屋さんに行くと廃車手続きの代行費用も取られるので、少しの額ですが費用の面でも節約になると思います。

リスクや手間暇なくバイクを高く売却したいなら、バイク王がオススメだよ!!

何と言っても、買取シェアが全国NO.1だし、事故車、不動車、車検切れのバイクでも売却できるんだ!!

オークションや個人売買は買取金額は高いけど、リスクがある。

ディーラーの下取りや整備工場では、思ったより低い買取金額になっちゃう可能性が高いんだ。

バイク王は最大手で、オークションとお店での販売の両方を利用しているから、高い査定価格で買取してくれるし、リスクもない。

出張買取も無料だし、オススメだよ!!

バイク王

時間や手間暇は掛かるけれど、可能な限り高い買取金額でバイクを売却したいなら、一括査定がオススメだよ!

一括査定を利用するメリットは、複数の業者に競わせることで、買取金額がアップすることなんだ!

デメリットは、何社にも電話対応をしないといけないことや、実際に査定を受ける必要があるから、時間や手間暇が掛かることだね。

時間の取れない社会人は厳しいかもしれないけど、学生や主婦、自営業の人なんかは一括査定を利用するといいかもね!

※原付でも大丈夫!

「バイクブロス」バイク買取一括査定見積り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする