カワサキ・エストレヤを譲渡するため廃車にした体験談

エストレヤ

今回、カワサキ・エストレヤを譲渡するため廃車にした体験談を提供してくれたのは、秋田県由利本荘市在住の40歳の女性です。

エストレヤを買ったのは20年ぐらい前で、年月が経つごとに乗らなくなり、車庫に置いたままの状態だったようです。

SNSでバイク好きの人とバイクの話をしていた時、エストレヤを譲ってほしいと言われ、手放すことにしたようです。

ただエストレヤは昔に買ったバイクであったため、譲渡手続きに必要な書類関係が紛失してしまっていたりで、大変な思いをしたとのことです。

そのような手続きが面倒であるという人は、すべてを買取業者に任せるのが無難です。

ほとんどの場合、無料で手続きをやってくれます。

バイク王で廃車予定のバイクを無料お試し査定

カワサキ・エストレヤを譲渡するため廃車にした体験談

 性別  女性
 年齢 40歳
 住所 秋田県由利本荘市
 廃車したバイク  エストレヤ(カワサキ)
排気量 249cc
ボディタイプ ネイキッド/ストリート/オールドルック
 走行距離 10万キロ以上
 年式 平成10年ごろ
 バイクの色 赤(タンク部分)
型式 BJ250A

カワサキ・エストレヤを買った理由

ガソリンスタンドに勤めていた20代の頃、先輩が乗っていたバイクがカッコよくて自分も乗ってみたいと思い、がんばって免許を取得してバイクを購入。

そのとき買ったのが、カワサキのエストレヤでした。

雑誌を見ながら何を買おうか考えていて、最初はホンダのクラブマンかっこいいかな、と思っていたのですが、いざバイク店に行ってみると目に付いたのはきれいな赤色をしたエストレヤだったのです。

中古で30万ちょっとしたのですが、距離も乗っていなくて状態もよかったので即決してしまいました。

それからは通勤やツーリングなど、ちょこちょこ乗っていたのですが、結婚して実家を離れてからは、だんだんと乗らなくなってしまいました。

思い出したように、たまにエンジンをかけたり、近場を走ったりしてみたのですが、その回数も年を追うごとに減っていき、ついには車庫のこやし状態に。

同じくバイクの免許を持つ弟が「乗らないならちょうだい」とか言ってきたのですが、なんか大事にしてくれなさそうだったので断りました。

なので、乗るわけでもなく、誰かにゆだねるわけでもなくただ月日が過ぎていき、エストレヤを購入してから20年近くたってしまいました。

田三郎
バイクは乗らなくなったら、月日が経つのは早いよね!
高木
そうかも。
だから、乗らなくなったら早めに売却したほうがいいね!そうでないと、買取金額が徐々に下がってしまうことが大半だからね!
確かに!

バイク好きの人にタダでエストレヤを譲渡することに

自分でもエストレヤの存在が頭の片隅にあり、「いつかは・・・」思ってはいたものの、ついついほったらかしに。

このままでは駄目だな、と思い始めた矢先に、なんとなくSNSでエストレヤの話をしてたんです。

そしたら、すごいバイク好きの人から「そのバイク欲しいです。いくらですか?」とお話がありました。

買ってもらおうかとも思いましたが、相場がわからないのと、状態が良いとは言いがたいということ、そして置いてある場所が超田舎というのもあって、「現状渡し、取りに来てくれるのであればタダでいいです」と提案しました。

それで話が進み、手続きをどうするかという話になったときに大事なことに気がつきました。

購入時にもらったはずの「軽自動車登録済証」のありかが不明だったんです。

ネットで調べても、名義変更などするときは必ず要るものらしいので、すごくあわてました。

ずいぶん昔のことで、どこに閉まったのか全く記憶がありません。

バイクのシートに下に入れてあったりする、とも聞いたのですが、そこにはありませんでした。

紛失した場合の手続きを調べると、自賠責保険が残っていれば再発行できる、とありましたがそれもとっくに切れていましたし、証書ももちろん紛失していまっています。

エストレヤを廃車することに

ならば、保険に入りなおして登録済証を再発行して、それから名義変更・・・という段取りを踏もうかと思ったのですが、「だったら廃車にしてもらった方が早いです」と相手方に言われたのでそうすることにしました。

いずれにしても登録証は必要なので、だめもとで実家の当時の自分の部屋を捜索することに。

絶対に見つからない気がしてたのですが、なんとあっさりと発見してしまいました。

大事なものって無意識にちゃんと取ってあるんだな、と自分の潜在能力に感心さえしてしまいました。

無事に発見できたことを、相手方に伝えたところ一緒に喜んでくれて、手続きは自分で行ってくれるとのことでした。

すでにエストレヤ自体は相手方のところにあるので、必要書類を揃えて郵送することにして、地元の軽自動車協会連合会に行きました。

窓口で事情を話して渡されたのが「軽自動車届出済証返納証明書交付請求書」という4枚複写の用紙で、料金が100円でした。

この用紙と届出済証とナンバープレートがあれば代理人でも手続きができます、という話でしたので、早速必要事項を記入して郵送しました。

判子は認印でもいいということだったので、100円ショップで購入したものを同封しておきました。

この手続きのための判子なので、終わったら捨てもらっても構わないようにしました。

車両の譲渡はやったことがなかったので、家電を譲るときみたいに気軽に簡単にはいかないんだな、と実感しました。

新しい人には、大事に乗ってもらえるといいなと思います。

リスクや手間暇なくバイクを高く売却したいなら、バイク王がオススメだよ!!

何と言っても、買取シェアが全国NO.1だし、事故車、不動車、車検切れのバイクでも売却できるんだ!!

オークションや個人売買は買取金額は高いけど、リスクがある。

ディーラーの下取りや整備工場では、思ったより低い買取金額になっちゃう可能性が高いんだ。

バイク王は最大手で、オークションとお店での販売の両方を利用しているから、高い査定価格で買取してくれるし、リスクもない。

出張買取も無料だし、オススメだよ!!

バイク王

時間や手間暇は掛かるけれど、可能な限り高い買取金額でバイクを売却したいなら、一括査定がオススメだよ!

一括査定を利用するメリットは、複数の業者に競わせることで、買取金額がアップすることなんだ!

デメリットは、何社にも電話対応をしないといけないことや、実際に査定を受ける必要があるから、時間や手間暇が掛かることだね。

時間の取れない社会人は厳しいかもしれないけど、学生や主婦、自営業の人なんかは一括査定を利用するといいかもね!

※原付でも大丈夫!

「バイクブロス」バイク買取一括査定見積り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする