衝突事故でカワサキ・ニンジャZX-12Rを廃車にした体験談

ニンジャZX-12R

今回、衝突事故でカワサキ・ニンジャZX-12Rを廃車にした体験談を提供してくれたのは、千葉県八千代市在住の25歳の男性です。

廃車にしたのは、走行距離1.7万キロ、2006年式、ブラックのカワサキ・ニンジャZX-12Rです。

衝突事故でバイクが破損して、修理もできたようですが、その費用が85万円と高額で、泣く泣く廃車することにしたようです。

バイク王で事故車を無料お試し査定

衝突事故でカワサキ・ニンジャZX-12Rを廃車にした体験談

 性別  男性
 年齢 25歳
 住所 千葉県八千代市
 廃車したバイク  ニンジャZX-12R(カワサキ)
排気量 1200cc
ボディタイプ スポーツ/レプリカ/ツアラー
 走行距離 1.7万キロ
 年式 2006年式
 バイクの色 ブラック
型式 ZXT20B

車やバイクに乗っていると、どんなに気を付けていても事故にあってしまうことってありますよね。

公道に出る以上、事故によって加害者にも被害者にもなりえます。

当時の私は自分に限って事故を起こすわけがないと思っていましたが、その油断がいけなかったのかもしれません。

今回は私の起こした事故の体験談です。

カワサキのニンジャZX-12Rに乗っていた理由

私は大学生のときに、カワサキのニンジャZX-12Rというバイクに乗っていました。

調べていただければわかりますが、とんでもなくとんがったバイクで100キロまでの加速は3秒かからず、最高速はなんと300キロオーバーのバイクです。

なんで大学生の私がそんなバイクに乗っているのかというと、超がつくほどのバイク好きだったからです。

バイクの免許取得は16歳で、取得後、すぐにCB400SFという400ccのバイクに乗っていましたが、物足りなくなり18歳で大型取得。

それから半年後にバイト代を貯めてニンジャZX-12Rを購入しました。今思えばバイクのためにバイトをしているような状況ですね。

田三郎
ニンジャZX-12Rは輸出用のだから、3秒で時速100キロ、最高速度は時速300キロを超えるっていう、すごい性能を持った大型バイクなんだ!
高木
すごい!
ただ、300キロなんて日本国内では必要ないような…。だから輸出用なのか。

事故が起きるまでの経緯

もちろん、大学への通学はバイクを使用していたのですが、その通学路というのが片側2車線で対向車線と完全に分離されているような綺麗な道路でした。

しかも、それなりに空いているので、皆さん車をバンバン飛ばします。

それでもニンジャZX-12Rに乗っていると60キロや80キロなんて一瞬で到達しますから、周りの車が遅く感じてフラストレーションが溜まります。

次第に、少々無茶な追い越しをかけたりし始めるのですが、そんな中で事故は起きました。

軽自動車との衝突事故

ある日の通学途中、私は信号待ちの先頭にいました。

信号が青になったので発信し、前ががら空きだったため勢いよくアクセルをあけました。

すぐに前に追いついたのでブレーキをかけて速度を落とそうとしましたが、結構なスピードが出ていたみたいです。

急ブレーキになってしまい、ブレーキロックからの転倒で自分の体は地面に叩きつけられ、バイクは前の車に衝突してしまいました。

一瞬何が起こったのかわかりませんでしたが、衝突した車の方が出てきてすぐに状況を把握し、車とバイクを一旦路肩まで移動しました。

衝突してしまったのは軽自動車で、40代くらいの女性の方と中学生くらいのお子さんが乗っていました。

軽自動車は後ろがべっこりへこみ、結構な衝撃だったことがわかりますが、女性の方は私が足や腰から血を流しているのを見てすぐに救急車を呼んでくれました。

被害者になってしまい、本当ならその場で文句の一つや二つ言ってやりたい気持ちもあったかもしれません。

ですが、文句の一つも言わずに、私の身を心配してくれて情けないと共に感謝の気持ちでいっぱいでした。

被害者の方の体には幸いにも異常はありませんでしたが、車のリアあたりをへこませてしまい非常に申し訳なかったです。

落ち着いてから気づいたのですが、バイクはフロントフォークがひん曲がり、一目で廃車だなという状況。

バイクを購入したお店の方に電話をして、一旦お店の方で預かっていただくことになりました。

体の方もよく見たら全身ボロボロで、血が腕から滴っていましたが不思議と痛みは感じず。

警察と救急車がほぼ同時に来ましたが、しっかりと受け答えができ歩くこともできたので、まずは警察の事情聴取を受けました。

簡単に事故の状況と後で警察に来てもらうかもしれないということを言われ、その後に救急車で最寄りの病院まで搬送。

全身擦過傷でしたが、骨は折れてなかったので、その日のうちに帰宅はできました。

事故後

「事故は起こした直後より、そのあとが大変!」とよく言いますが、意外と淡々としていました。

被害者の方には、翌日電話をして直接謝りたいといったところ、謝罪の言葉だけで結構ですと言ってくださり、その後は保険屋とやり取りをする形となりました。

やり取りといっても事故の状況を聞かれ、相手の車の修理費は保険で修理するということを伝えられたくらいです。

一方バイクの方は、引き取っていただいたバイク屋さんに修理費用を出していただきましたが、聞いてビックリ85万円です。

バイクなので車両保険にも入っておらず、泣く泣く廃車となりました。

なお、部品取りで使えそうな部品があるため廃車費用はいらないとのことでした。

以上が私の事故体験談です。

被害者の方には非常に申し訳ないことをしたなと反省し、それから5年経ちますがバイクには乗っていません。

この事故で高性能な車やバイクに乗るには、自制心を求められるのだと強く感じました。

リスクや手間暇なくバイクを高く売却したいなら、バイク王がオススメだよ!!

何と言っても、買取シェアが全国NO.1だし、事故車、不動車、車検切れのバイクでも売却できるんだ!!

オークションや個人売買は買取金額は高いけど、リスクがある。

ディーラーの下取りや整備工場では、思ったより低い買取金額になっちゃう可能性が高いんだ。

バイク王は最大手で、オークションとお店での販売の両方を利用しているから、高い査定価格で買取してくれるし、リスクもない。

出張買取も無料だし、オススメだよ!!

バイク王

時間や手間暇は掛かるけれど、可能な限り高い買取金額でバイクを売却したいなら、一括査定がオススメだよ!

一括査定を利用するメリットは、複数の業者に競わせることで、買取金額がアップすることなんだ!

デメリットは、何社にも電話対応をしないといけないことや、実際に査定を受ける必要があるから、時間や手間暇が掛かることだね。

時間の取れない社会人は厳しいかもしれないけど、学生や主婦、自営業の人なんかは一括査定を利用するといいかもね!

※原付でも大丈夫!

「バイクブロス」バイク買取一括査定見積り

カワサキ・ニンジャZX-12Rに関連する記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする