バイク売却の田三郎 検索
バイク売却の田三郎 検索 google

バイク王が無料引き取りしてくれない!?リユース料が必要なケースも

女性 パソコン バイク王 無料引き取り リユース料

バイク王に引き取りを依頼すれば、どんなボロボロのバイクでも無料引き取りしてくれると思っている人もいますが、そうではないケースもあります。

リユース料が必要なケースもあります。

リユース料とは何なのか、どんなバイクの買取であれば無料引き取りではないのかについて詳しく見て行くことにしましょう。

バイク王

リユース料とは

まずリユース料についてです。

リユース料について、バイク王の公式ページでは以下のように説明しています。

バイクのリユース料について

お客さまの車両の状態によっては、リユース料をいただく場合がございます。 リユース料とは、年式が著しく経過していたり、状態が悪く商品価値が低いバイクを、再流通させるために必要な諸費用を指します。また、車種によっては、さほど年式が経過しておらず、可動状態でも該当する場合がございます。

平成27年3月より、「処分・再生料」より名称変更いたしました。

出典:バイク王

つまり、あまりにもボロボロなバイクやあまりにも需要がないバイクの場合、修理やメンテナンス、または廃棄するために必要なお金と言えます。

大まかな目安ですが、126cc以上の中型・大型バイクであれば、このリユース料が発生することはほとんどありません。

このリユース料が発生するのは、原付一種や原付二種で、さらに年式が古かったり、故障して動かない車両だったりです。

ですので、125cc以下の原付スクーターを無料引き取りしてもらいたい場合、バイク王以外に買取を依頼した方がいいかもしれません。

以下では、さらに詳しくリユース料が発生する可能性があるケースについて見ていきます。

バイク王でリユース料が発生する具体的なケース

以下は、バイク王に掲載されているリユース料が発生する可能性がある具体的なケースです。

バイク王 リユース料 発生 無料 引き取り

出典:バイク王

大まかに分けて4つのケースでリユース料が発生する可能性があります。

①年式やモデルが著しく古いなど、そのままでは再商品化(再流通)に支障をきたす場合

②動力装置に大きな損傷がある場合

③基本機関に重大な損傷がある場合

④駆動部分に重大な損傷がある場合

ただし、上の4つに該当するからといって、必ずリユース料が発生する訳ではありません。

バイクの買取金額というのは、需要と供給で決まりますので、旧車や限定車のような価値が高いバイクであれば、上の4つに該当するからといって無料引き取りされたり、リユース料が掛かるということは考えられないですし、むしろ高値で売却できる可能性が高いです。

あくまでリユース料が掛かるのは、需要が著しく低く、さらにはボロボロである原付スクーターということが多いです。

バイク王でリユース料はいくら掛かる?

バイク王でリユース料がいくら掛かるのかは、車種や状態によって変わってきます。

具体的にいくら掛ったのか、Twitterの声を見てみましょう。

Twitterの声を見ると、リユース料は5千円や1万円が多い印象です。

だいたい1万円前後といったところでしょうか?

バイク王は無料引き取りしてくれないなら、自分で廃棄する?!

女性 自分 バイク 廃棄 回収 引き取り 原付スクーター

バイク王は無料引き取りしてくれない可能性がある原付スクーターに乗っている場合、自分で廃棄する方法もあります。

以下に、その方法を解説しています。

指定引取場所までバイクを運搬できるトラックなどを持っていれば、無料で廃棄処分することができます。

ですが、廃棄二輪取扱店に引き取りを依頼する場合、1万円前後の費用が必要です。

ですので、役所での廃車手続きや運搬手段なしでは、結局は費用が必要なことを考えれば、バイク王でお金を払ってでも引き取りしてもらった方が楽であると言えます。

しかも交渉次第では、事故車やボロボロの原付スクーターであっても、無料引き取りや数万円の査定が付く可能性すらあるのです。

もしも最初から自分で廃棄処分するのでは、0円以上になる可能性はゼロです。

それを考えると、まずはバイク王で査定をしてもらい、交渉してお金になるのか確かめた方がいいと言えます。

バイク王

バイク王以外の買取業者

はっきり言いまして、バイク王は125cc以下の原付スクーターの買取には力を入れていません。

中型・大型バイクの買取・査定は高値が付きやすいですが、125cc以下の原付スクーターはリユース料が取られる可能性も高いです。

それは、『バイク王の買取・査定の口コミ・評判(22人)と店舗一覧』の記事を読んで頂ければわかると思います。

そこで、バイク王以外の買取業者を選択する方法もあります。

例えば、バイクワンです。

バイクワンもバイク王と同じで、全国に無料出張査定してくれる買取業者です。

原付スクーターによっては、買取不可となる可能性もありますが、査定してもらう価値があります。

バイクワン

あとはバイクランドです。

バイク王についで業界2位の買取業者です。

こちらも全国に無料出張査定をしており、原付スクーターの無料引き取りをしてくれる可能性があります。

バイク買取査定『バイクランド』出張査定見積り

それでもダメなら、バイク買取の一括査定に申し込みましょう。

バイク買取の一括査定なら、多くの業者が参加しているので無料引き取りしてくれる業者が存在する確率が高まります。

「バイクブロス」バイク買取一括査定見積り

それでも無料引き取りしてくれないようであれば、おそらくどこに行っても処分費が掛かってしまうと思われます。

だからといって、不法投棄は絶対にダメです。

女性 バイク 不法投棄 怒り

不法投棄すると、「廃棄物処理法16条及び第25条」により5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金が科せられます。

1万円のお金をケチって、1,000万円の罰金では何をやっているのかわかりません。

必ず正当な手続きをして、バイクの引き取りなり、処分を検討しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする