FT400を5社の買取業者に出張査定を依頼して合い見積もり

旧車 バイク

今回、ホンダ・FT400を5社の買取業者に出張査定を依頼して合い見積もりをして売却した体験談を提供してくれたのは、埼玉県草加市在住の34歳の男性です。

※当サイトでは、基本的に相見積もりと書いていますが、この男性に合わせて、このページでは合い見積もりと書かせて頂いています。ちなみに、どちらも言葉としては間違っていないようです。

売却したのは、色はオレンジ、走行距離は3万キロ、年式は1980年代、型式はNC-09のホンダ・FT400です。

このFT400は故障車で、事故歴もあるようです。

そのようなバイクを5社の買取業者に出張査定を依頼して合い見積もりと取ります。

廃車手数料も取られそうなバイクですが、いくらの値段で売却できたのでしょうか?

バイク王でFT400を無料お試し査定

FT400を5社の買取業者に出張査定を依頼して合い見積もり

 性別 男性
 当時の年齢 34歳
 当時の住所 埼玉県草加市
 売却したバイク FT400(ホンダ)
 バイクの色 オレンジ
走行距離 3万キロ
年式 1980年代
型式 NC-09
総排気量 398cc

FT400の状態

FT400を中古車で購入してから、約4年間所有。

売却するまでのおよそ半年間程は、1度もバイクには乗っていませんでした。

ブレーキホースやクラッチレバーに等に不具合が生じていたので、修理をしなければ乗りたくても乗る事が出来ない状況です。

故障してる上、半年間も放置してしまっていたので、買取査定の際は出張査定を依頼。

あまり詳しくないので詳細に分からない点も多々ありますが、購入する時には多少、手を加え、80万円ほどのカスタム費用をかけました。

スカチューン、オリジナルマフラー、ワイヤーの変更など結構、時間と手間をかけてFT400をいじくった記憶があります。

外観が変わるほどのカスタムはしていませんが、FT400の原型はとどめていなかったです。

旧車で走行距離があったので、所有している間のメンテナンスは定期的に行っていました。

エンジンやブレーキ、クラッチ等のトラブルが多く、毎月の維持費は結構な額までいっていました。

又、1度、事故をしています。

事故後は修理をして何の問題もなく走行していたが、結構、大きな事故でした。

田三郎
FT400(NC09)は、北米向けの輸出バイクであるFT500(PC07)と共に1982年に販売が開始され、1985年に製造販売が終了したんだよね。
高木
結構、短い期間しか売られていなかったんだ!
そうだね。たから、このダートトラッカーは希少だよね!

5社の買取業者にFT400の出張査定を依頼

FT400を売却の際には、5社に電話連絡をして査定を依頼をしています。

5社、共にそこそこ有名なお店です。

ラジオのCM等でお店の名前を聞いたりします。

電話で出張査定を依頼するんですが、電話口にはオペレーターの人が対応してくれるので電話だけでは何にも分かりません。

オペレーターの人の受け答えが終わって、営業担当の方から携帯電話に折り返しがかかってきます。

そこで、なんとなくの雰囲気が分かってきます。

私は5社にお願いをしたので、5人の営業担当の方から折り返しの連絡を頂きました。

電話の折り返しを貰ったのは5社でしたが、実際に査定に来てくれた会社は4社でした。

5社のうち1社は、大体の走行距離、カスタム履歴、年代、事故歴等を伝えたら、出張査定を断られてしまいました。

事故歴など隠してはいけない事だとは思いますが、電話口では言わない方が良いかもしれません。

査定金額が高くなるか分かりませんが、合い見積もりは1社でも多い方が良いと思います。

FT400の査定金額は-5,000円~+1,000円

実際に買取査定をしてもらう時は、私の場合は各社共にほとんど変わりませんでした。

バイクが乗れない状況での査定だったので、引き取ってもらうのにお金がかかるんではないかという事です。

この心配が現実になり、4社のうち2社からはマイナスの査定金額が提示され「廃車手数料で5000円が必要です。」と言われました。

ただ、残りの2社からはマイナスではなく、0~1000円のプラスの買取金額が出ました。

結局、このFT400は約1000円の金額で買い取ってもらう事が出来ました。

一般的に買取査定をしてもらうと面倒くさいという話を聞きますが、営業の人に粘られる事なくスムーズに話が終わりました。

スムーズにというよりは、すぐに後に別の買取会社の査定依頼を入れていたので強制的に終わらせる事が出来ました。

次の買取業者さんが後ろで待っていれば、しつこく粘られる事もなく、必要事項の確認が終わったら、すぐに話を終わらせられます。

査定にかかる時間はある程度自分でもコントロールする事も出来ますし、順番待ちしている業者さんも10分程度の待ち時間であれば文句言わずに待っててくれます。

実際に店舗にバイクを持ち込むとなると、複数社に合い見積もりを取るのに時間がかかってしまいます。

まとめ

不動バイクのFT400ですら各社で若干の金額差が出ていますから、可能な限り合い見積もりをして査定金額を比較する事が必要です。

合い見積もりをしていなければ私は5000円の出費をして、FT400を引き取ってもらっていた可能性もあります。

少しでも良い条件で買い取ってもらえる様、1社でも多くの合い見積もりをとって下さい。

リスクや手間暇なくバイクを高く売却したいなら、バイク王がオススメだよ!!

何と言っても、買取シェアが全国NO.1だし、事故車、不動車、車検切れのバイクでも売却できるんだ!!

オークションや個人売買は買取金額は高いけど、リスクがある。

ディーラーの下取りや整備工場では、思ったより低い買取金額になっちゃう可能性が高いんだ。

バイク王は最大手で、オークションとお店での販売の両方を利用しているから、高い査定価格で買取してくれるし、リスクもない。

出張買取も無料だし、オススメだよ!!

バイク王

時間や手間暇は掛かるけれど、可能な限り高い買取金額でバイクを売却したいなら、一括査定がオススメだよ!

一括査定を利用するメリットは、複数の業者に競わせることで、買取金額がアップすることなんだ!

デメリットは、何社にも電話対応をしないといけないことや、実際に査定を受ける必要があるから、時間や手間暇が掛かることだね。

時間の取れない社会人は厳しいかもしれないけど、学生や主婦、自営業の人なんかは一括査定を利用するといいかもね!

※原付でも大丈夫!

「バイクブロス」バイク買取一括査定見積り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする