ホンダ・NSR250R-SEの買取!下取り査定に出した体験談

NSR250R

今回、ホンダ・NSR250R-SEを下取り査定に出した体験談を提供してくれたのは、岩手県滝沢市在住の41歳の男性です。

色は赤・白 ブラッシュカラー、走行距離は9500キロ程、年式は1991年式のNSR250Rです。

下取りに査定に出したのは少し前の時だったようで、現在とは状況が違うことを考慮して頂けたらと思います。

現在では、2ストロークのレーサーレプリカの新車は販売されていないため、中古車であってもNSR250Rの買取金額はかなり高いです。

もちろん、状態も考慮に入れたほうがいいですが、色々な買取業者に査定してもらうことをオススメします。

バイク王でNSR250Rを無料お試し査定

トップページ(バイク売却の田三郎について)では、バイク王以外のオススメの買取業者も紹介していますので、是非、参考にしてみてください。

ホンダ・NSR250R-SEを下取り査定に出した体験談

 性別  男性
 年齢 41歳
 住所 岩手県滝沢市
 売却したバイク  NSR250R(ホンダ)
排気量 250cc
ボディタイプ レーサーレプリカ
 走行距離 9500キロ
 年式 1991年式
 バイクの色 赤・白 ブラッシュカラー
グレード SE
型式 MC21

NSR250Rの中古車を購入

90年代のレーサーレプリカの金字塔とも言えるホンダ・NSR250R。

ちょうど免許を取った時期がまさにレプリカ全盛期のころ。

みんながこぞってNSRやCBR、VFRやTZRを買っては早朝の峠を攻めに行くのが、当時のクールなライダーのスタイルとして最も定着していました。

私もそれに漏れず、貯めたお金で91年式のNSR250R-SEの中古車を購入し、早朝の峠を友人と一緒に攻めることに夢中になっていたのです。

NSR250RはレーサーNSRの直系とも言える2サイクルV型2気筒エンジンを搭載していて、リミッターを外すと走りは激変!

パワーバンドに入る5000から6000回転以上になった時は、まるでジェットエンジン全開みたいな超加速!

フロントタイヤを軽々と持ち上げ突っ走っていく爽快感は今のバイクでは得られない感覚でした。

きっとNSR250Rなら、今の1000ccクラスのスーパースポーツにも、峠で楽々ついて行けるスペックを持っていると今でも信じています。

田三郎
今ではNSR250Rのような2ストロークエンジンのバイクはまったくないよね!
高木
そうなの?!
そうだね。排出ガスの規制強化によって、まったくなくなったんだ。
ふ~ん。
だから、NSR250Rは希少車種として高値で売買されているから、その価値を知っている買取業者を探したほうがいいね!
なるほどね。

NSR250Rの下取り

そんな大好きだったNSRでしたが、とうとうお別れの時がやってきます。

それは買い替えです。

と言っても、次に買うのはまたNSR250R!

今度は最上級モデルのSP・ロスマンズカラーの購入です。

当時はインターネットで全国のバイク屋をくまなく探して見つける、という技も無く、中古車情報誌を毎月こまめに見るか、雑誌の売りたし・書いたし欄を見ては、お目当てのNSRが出て無いかどうかを探す日々でした。

特にSPのロスマンズカラーは限定販売の車両なので、タマ数もそうそう無い、おまけに状態が良い車両が珍しいというくらいでした。

探し始めて約半年、ついに山形県で超良好な状態、ほぼノーマル、走行距離4000kmという極上のロスマンズカラーNSR-SPを見つけることができ、現在のNSR-SEを下取りに出して購入することになったのです。

販売店はレーサーレプリカに精通しているわけではない、普通のバイク屋。

スーパーカブ3台くらいの並びにNSRが飾られていたくらいです。

いくら私の情熱をもって、NSRが素晴らしいということを電話で伝えても、しょせんは若造のたわ言と聞こえたのか、帰ってくる買取り価格の答えは20万の壁を決して超えることはありませんでした。

もし、当時の個人売買の主流でもあった専門雑誌の「売りたしコーナー」に出せば、もっと高額な値段でNSRが売れるのに・・とも思いましたが、背に腹は代えられず、すぐにでも購入してしまわないと他人にこの極上ロスマンズNSRが奪われてしまうかと思うと、その条件を飲まずにはいられませんでした。

正直、足元を見られた交渉に終始した感じは否めません。

しかしながら、そうとは言っても引き続き交渉は粘り強く、車両の状態が限りなく外装ノーマルに近く、改造は最小限である、NSRは人気がある、という点を熱烈アピールし続けた結果、買取価格20万円の査定をゲット。

決して希望通りではなかったので不本意ではありますが、新NSRを目の前にすれば仕方のない決断でした。

約2年間峠やツーリングを共にした愛すべきNSR250R-SEをこのとき手放し、新しい相棒のNSR250R-SPにグレードアップ。

周囲からも注目のロスマンズカラーで、峠をバリバリと走ることができたのでした。

下取り査定の交渉を振り返ると

その時の店との交渉を振り返ると、通常のバイク屋はそれぞれ得意なジャンルを持っていて、そのジャンルに合わないバイクの下取りにはそんなに高い価格は望めないな、という点に気づかされました。

ちなみにその店はカブやスクーターを得意とする店で、客層もお年寄りが多いお店だったと思います。

やっぱり下取りはその車種が好きな人、価値のわかる人に売った方が断然高く売れる!ということを本当に痛感した売買でした。

リスクや手間暇なくバイクを高く売却したいなら、バイク王がオススメだよ!!

何と言っても、買取シェアが全国NO.1だし、事故車、不動車、車検切れのバイクでも売却できるんだ!!

オークションや個人売買は買取金額は高いけど、リスクがある。

ディーラーの下取りや整備工場では、思ったより低い買取金額になっちゃう可能性が高いんだ。

バイク王は最大手で、オークションとお店での販売の両方を利用しているから、高い査定価格で買取してくれるし、リスクもない。

出張買取も無料だし、オススメだよ!!

バイク王

時間や手間暇は掛かるけれど、可能な限り高い買取金額でバイクを売却したいなら、一括査定がオススメだよ!

一括査定を利用するメリットは、複数の業者に競わせることで、買取金額がアップすることなんだ!

デメリットは、何社にも電話対応をしないといけないことや、実際に査定を受ける必要があるから、時間や手間暇が掛かることだね。

時間の取れない社会人は厳しいかもしれないけど、学生や主婦、自営業の人なんかは一括査定を利用するといいかもね!

※原付でも大丈夫!

「バイクブロス」バイク買取一括査定見積り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする