高知県内でバイク王に査定してもらいたい!でもどこに店がある?

高知駅

高知県内でバイク王に買取してもらいたいと考えている、あなたへの情報です。

現在(2018年05月10日)、高知県内にバイク王の店舗はありません。

「バイク王 高知店」で検索すると、〒780-0870 高知県高知市本町3丁目4−21の住所が出てきますが、Google mapで検索すると、空き店舗になっていましたので閉店したものと思われます。

公式ホームページにもバイク王高知店は掲載されていません。

しかしながら、だからといって高知県内でバイク王の査定が受けられない訳ではありません。

バイク王は、全国どこでも無料出張査定を行っていますので、当然、高知県内であっても査定を受けられます。

査定の申し込みは、24時間、年中無休でできますので、気軽に問い合わせしてみましょう。

バイク王

高知県内でバイク王が対応している地域一覧

高知市、室戸市、安芸市、南国市、土佐市、須崎市、宿毛市、土佐清水市、四万十市、香南市、香美市、安芸郡東洋町、安芸郡奈半利町、安芸郡田野町、安芸郡安田町、安芸郡北川村、安芸郡馬路村、安芸郡芸西村、長岡郡本山町、長岡郡大豊町、土佐郡土佐町、土佐郡大川村、吾川郡いの町、吾川郡仁淀川町、高岡郡中土佐町、高岡郡佐川町、高岡郡越知町、高岡郡檮原町、高岡郡日高村、高岡郡津野町、高岡郡四万十町、幡多郡大月町、幡多郡三原村、幡多郡黒潮町

高知県内の近くにあるバイク王の店舗

バイク王 公式ホームページ

バイク王は、高知県内の自宅まで無料出張査定してくれますが、店頭での査定をお願いしたい人もいると思います。

そこで、高知県の近くにあるバイク王の店舗を紹介します。

ただ、ガソリン代も掛かりますし、県外ですので決してすぐに行ける距離ではありません。

直接、店舗で査定を受けるメリットはあまりないので、オススメは無料出張査定を依頼することです。

それでも直接店舗に行きたい方は、下記の住所を参考にしてみてください。

愛媛県内のバイク王

愛媛県内は、1店舗のバイク王があります。

場所は、松山市です。

高知県のどこから出発するか次第ですが、2~3時間ぐらいあれば到着できる距離です。

 店舗名 バイク王 松山店
 住所 愛媛県伊予郡砥部町拾町20 リバーサイドショッピングセンター内
 最寄駅 四国旅客鉄道(JR四国)予讃線「北伊予駅」
営業時間 (平日)10:00~19:00、(土日祝)10:00~19:00
定休日 火曜日
備考 バイクのレンタルは行っておらず、販売、買取に対応。

香川県内のバイク王

香川県内にも1店舗、バイク王があります。

場所は高松市にあります。

高知県のどこから出発するか次第ですが、やはり、2~3時間ぐらいあれば到着できる距離です。

四国には、この2店舗だけですので、高知県からだとどちらかに行くのがいいでしょう。

 店舗名 バイク王 高松店
 住所 〒760-0071 香川県高松市藤塚町3-3-3
 最寄駅 JR線「高松駅」から車で約10分、またはJR高徳(こうとく)線・「栗林(りつりん)駅」から、徒歩約5分
営業時間 (平日)10:00~19:00、(土日祝)10:00~19:00
定休日 水曜日
備考 バイクのレンタルは行っておらず、販売、買取に対応。

高知県外のバイク王の店舗に行く時も予約を忘れずに!

ノート パソコン ノートブック 仕事 キーボード 独立 コンピューター Pc Macbook

高知県外のバイク王の店舗に行く時も、予約を忘れずにしましょう。

さもないと、いきなり行くのでは査定員がおらず、すぐには査定してもらえなかったり、最悪、その日は何もせずに帰ることになってしまう可能性もあります。

それはそれでツーリングとしてはいいかもしれませんが、本来のバイクを買取してもらうという目的からは逸れてしまいます。

何月、何日の何時ごろに到着するのか伝え、高知県からの遠出であるため、少し遅れたり、早まったりする可能性があるのも伝えておいたほうがいいでしょう。

また、査定が終わり、買取金額に納得できたら売ることになりますが、その場合の高知県の自宅までの帰り方も調べておいた方がいいです。

下調べせずに行くと、終電に乗り遅れたり、そもそも帰る手段がないなんてこともあり得ます。

ですから、高知県内に住んでおり、バイク王で買取してもらうことを考えているのであれば、無料出張査定を利用することをオススメします。

それであれば、行きのガソリン代、帰りの電車賃、下調べの時間など浪費せずに済みます。

ただ、たまたま県外に行く用事があり、その時にバイク王で査定しておうと考えている人もいるかと思います。

そのような人は忘れずに予約するようにしましょう。

公式ホームページ

バイク王

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする