スマホアプリの「ジモティー」でホンダ・フュージョンを売却

ホンダ ヒュージョン

今回、中古バイクをスマホアプリの「ジモティー」で売却した体験談を提供してくれたのは、東京都目黒区在住の30歳の女性です。

売却したのは、ワインレッド、走行距離2.7万キロのホンダ・フュージョンです。

最初は、バイク王などで査定をしてもらったようですが、値段が付かず、スマホアプリの「ジモティー」で売却することを決めたようです。

ジモティのようなアプリを使えば高い金額でバイクを売却できるメリットがあります。

ただし、近場の人との取引でトラブルに巻き込まれるリスクはあります。

安心してバイクを売却したいのであれば、買取業者に任せた方がいいです。

書類手続きなど、面倒なこともしなくて済みます。

バイク王などで値段が付かないからといって、他の買取業者に売却できないとは限りません。

まずは、色々な買取業者に査定を依頼してみましょう。

原付を売るならオススメの買取業者2社

スマホアプリの「ジモティー」でホンダ・フュージョンを売却

 性別 女性
 当時の年齢 30歳
 当時の住所 東京都目黒区
 売却したバイク  フュージョン(ホンダ)
 バイクの色 ワインレッド
走行距離 2.7万キロ
年式 1990年代
型式 MF02
総排気量 250cc

ホンダ・フュージョンに乗っていた理由

フュージョンは、比較的車高が低い250ccクラスのバイクです。

ですから、身長の比較的低い女性の私には運転する際に非常に楽に乗降できます。

車体は200キロくらいはありますので、傾いてしまったらそのまま倒れてしまう可能性も否めません。

できるだけ足がしっかりと地面につく車高として理想的だったので、フュージョンに乗っていました。

田三郎
ヒュージョンは1997年に一度販売が終了した車種なんだけど、ビッグスクーターブームで再び2003年に販売が開始されたんだよね!
高木
ふ~ん、そうなんだ。
ただ、自動車排出ガス規制の強化で、結局、2007年に再び生産がストップしちゃったんだ。
ヒュージョンファンは、また販売開始されることを祈ってるかもね。

売却のきっかけ

売却のきっかけは、実家に帰省する目処がつき車の生活になると読んだからです。

また、実家に持ち帰るにも運輸費など高いことが分かり、7年ほど乗ったそのフュージョンにはもう十分お世話になっただろうという気持ちからも売却を決めました。

バイク王で査定

当初、バイク王などの大手買取メーカーに依頼をしようと考えてましたが、査定をしてみてその結果に愕然としました。

売却どころか、逆にお金を支払わないといけないというものでした。

理由は、年式の古さにありました。

大手の買取メーカーは、買取したバイクを世に出すためには、恐らく車体に大きな手を加え修理や整備を行う必要があるのでしょう。

その面を考えれば、買い取るまでの価値が私のフュージョンには残っていなかったように思えます。

スマホアプリの「ジモティー」でフュージョンを売却

私は現状の車体で即乗りたい人を探すことにしました。

利用したのは「ジモティー」というスマホアプリです。

近所の人で欲しい人を募り直接取引をするものでした。

価格も自分で設定できます。

フュージョンをスマホアプリの「ジモティー」に投稿してものの数分で、「買いたい」という男性が現れました。

歩いて取りに来れる距離に住む方でした。

話もスムーズに進み、現状の確認は不要でとにかく購入したいという意思を持つ方でした。

売却額は3.3万円を希望していましたが、値下げをお願いされたため3万円ぽっきりにしました。

実際は、「4万円だといいな」と思っていましたが、こんなに早く購入者が見つかるとは夢にも思っていなかったので、欲張らずにいこうと3万円で決心しました。

ですから、3万円という売却金額には納得しています。

ジモティの閲覧者の目になるべくとまるように、バッテリーが切れてしまっていたので、ちゃんと走行できるようにバッテリーの充電をしてお渡しする旨を投稿の際に記載しました。

また、家庭用のコンセントで使用できる充電器も付属すると銘打ちました。

交渉自体は、互いにジモティのメッセージ機能を使いやりとりをしました。

幸運なことに、走行できれば特に気にしないという購入者で、質問もそれほどなく大変丁寧な対応をしてくださる方でした。

連絡先も交換せずにすべてをジモティ内で完結させました。

これはジモティを利用するメリットだと言えます。

私のほうでは、売却準備が必要でした。

それはフュージョンの廃車手続きです。

これには5日ほどの時間を要しました。

なぜなら、現住所外の都道府県で登録をしたままだったので、手続きには郵送で書類のやりとりが必要だったのです。

該当する県の陸運局へ連絡をして、手続きについて話を聞き必要書類と手数料を送りました。手数料は総額3千円弱でした。

この時に苦戦したのが、「当時の住所」を覚えていなかったことでした。

登録時の正しい住所が必要だったのです。

過去の郵便物をあさっても手がかりはありませんでした。

結局、当時縁のあった方に問い合わせをしました。

付き合いが長いので、電話一本で私の個人情報を教えてくれました。これには、大変助けられました。

ですから、売却する際に個人で廃車手続きを行うつもりの方は、登録時の住所をしっかり確認しておくことをおすすめします。

もちろん廃車手続きを代行してくれる機関もあるようですが、自分でした方がかなり経費を抑えられます。

まとめ

最後に私のバイク売却経験談をまとめると以下の通りです。

1.時間に余裕があるのなら個人間での売却がおすすめ

大手の買取メーカーだと、あまり高額では買取してもらえない可能性があります。

即乗りしたい人が集うアプリなどのサービス、掲示板の利用をおすすめします。

2.廃車手続きは前もって

「必ず売却したい」という方は、売りに出す前に廃車手続きは終わらせておいた方が良いと思います。

買い手側に引き渡す時期をはっきり伝えられるように、各種書類は準備しておきましょう。

即乗りしたいと思っている人には、待ち時間を取らせないようにした方が良いと思います。

以上が、私の「バイクを売却した・下取りした体験談」です。

リスクや手間暇なくバイクを高く売却したいなら、バイク王がオススメだよ!!

何と言っても、買取シェアが全国NO.1だし、事故車、不動車、車検切れのバイクでも売却できるんだ!!

オークションや個人売買は買取金額は高いけど、リスクがある。

ディーラーの下取りや整備工場では、思ったより低い買取金額になっちゃう可能性が高いんだ。

バイク王は最大手で、オークションとお店での販売の両方を利用しているから、高い査定価格で買取してくれるし、リスクもない。

出張買取も無料だし、オススメだよ!!

バイク王

時間や手間暇は掛かるけれど、可能な限り高い買取金額でバイクを売却したいなら、一括査定がオススメだよ!

一括査定を利用するメリットは、複数の業者に競わせることで、買取金額がアップすることなんだ!

デメリットは、何社にも電話対応をしないといけないことや、実際に査定を受ける必要があるから、時間や手間暇が掛かることだね。

時間の取れない社会人は厳しいかもしれないけど、学生や主婦、自営業の人なんかは一括査定を利用するといいかもね!

※原付でも大丈夫!

「バイクブロス」バイク買取一括査定見積り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする