大学生の夏休みの過ごし方!暇ならバイクで旅行がオススメ

大学生の夏休みの過ごし方!暇ならバイクで旅行がオススメバイクを買う

大学生の夏休みの過ごし方は、人それぞれです。

バイトに明け暮れたり、勉強したり、サークルで遊んだり、部活でスポーツをしたり、恋人とデートしたり、家でゴロゴロしたり、挙げればきりがありません。

そんな数ある大学生の夏休みの過ごし方で、暇な方に特にオススメしたいのがバイク旅行です。

このページでは、いかに大学生にとってバイク旅行がオススメなのか、その理由を解説したいと思います。

スポンサーリンク

大学生の夏休みの過ごし方!暇ならバイクで旅行がオススメの理由

オートバイ ゲッタウェイ 道路の旅 道路 距離 屋外 風光明媚な 自由 田舎 オクラホマ州

免許を取得する時間がある

大学生であれば、自由に使える時間がたくさんあります。

ですので、免許を取得できる時間もたくさんあります。

それが社会人になると、途端に忙しくなり、なかなか免許を取得する時間が取れないのが一般的です。

ですが、大学生であれば夏休みや春休みなどの長期休暇を利用したり、土日や平日の放課後などの空き時間を利用して免許の取得ができます。

まだ車の免許も取得していない方は、ついでに普通自動二輪の免許も取得して、暇な夏休みをバイク旅行に費やしましょう。

学生の頃のバイク旅行は一生の思いに出になる

これはバイク旅行だけではありませんが、学生の頃の旅行というのは一生の思い出になります。

初めて行った場所や自由気ままに旅するなんて、大学生のような自由の身でないとなかなかできませんので、もしそのような旅行ができたなら、大切な思い出になります。

例えば、北海道一周してもいいですし、日本一周でもいいです。

とにかく、自分が行きたい場所にバイクで行くというのは最高です。

皆とは違った体験ができる

大学生の夏休みの定番と言えば、海や山で遊んだり、部活、花火などでしょうか?

もちろん、定番の夏休みもいいですが、皆とは違った体験ができるというのも素晴らしいことです。

まず大学生でバイクの免許を持っている人はそこまで多くありませんし、持っていたとしても通学で使うぐらいで、そこまで旅行行かないなんて人がほとんどです。

そんな中、長い夏休みを使ってバイク旅行というのは、自分だけが体験できる、アトラクションに近い楽しみがあります。

行った先のおいしい食べ物を探したり、美しい自然を眺めたり、休憩で温泉に入浴したり、楽しみを探せばいっぱいあります。

どこにでも行ける

バイク旅行であれば、どこにでも行けます。

例えば、路線が通っていない山やバスが通っていない田舎道などです。

もちろん、徒歩圏内では行けない、遠い地域にも行くことができます。

そのような場所には観光できる場所というのは何もない可能性が高いですが、そこに行かなければ見ることができない景色というのは必ず存在します。

そのようなまだ世間では認知されていない場所に行くことは、まさに貴重な体験です。

何年生の夏休みにバイク旅行に行くのがオススメか?!

女性 原付 スクーター

何年生の夏休みにバイク旅行に行くのがオススメかですが、早ければ早いほどいいです。

というのも3年生になると、就職活動が始まり、忙しくなります。

就職活動が終わっていれば4年でも行けるかもしれませんが、確実に終わっている保証はありません。

そうなってくると、1年生、もしくは2年生の夏休みとなってきます。

ただ、バイクの免許を持っていないとバイク旅行に出かけることはできません。

そうなってくると、できるだけ早くバイクの免許を取得する必要が出てきます。

理想は、キャンパス生活にも慣れてきた1年生の5月ぐらいから教習所に通い、夏休みまでに免許を取得するパターンです。

そうすれば、1年生の夏休みはまるまるバイク旅行に使うことができます。

さらに、2年生の夏休みはまた違った場所に行くこともできます。

もちろん、3年生、4年生であっても暇なら行く機会はありますので、すでに3年生、4年生の方も諦めてはいけません。

確かに1年生、2年生と比べると自由に使える時間は少なくなりますが、社会人と比べると、全然、時間はある方です。

社会人になると、バイク免許を取得する時間もなかなか持てませんので、なんとか時間を作って、まずはバイク免許の取得をしてみてはいかがでしょうか?

暇な大学生の夏休みの過ごし方!バイク旅行以外の選択肢

水 波 波紋 反射 泳ぐ 青 日没 海

暇な大学生の夏休みの過ごし方として、オススメはバイク旅行なのですが、当然、それ以外の選択肢もあります。

できればバイクの免許を取得して、旅行に行ってほしいのですが、ここではそれ以外の選択肢も見てきましょう。

アルバイト

大学生の定番の一つが、アルバイトです。

近くの居酒屋、スーパー、家庭教師、塾講師、百貨店、工場など、様々な選択肢があります。

確かに、お金を貯めるためにはアルバイトが手っ取り早いですし、少しですが社会人経験もできます。

ただ、せっかくの大学生の夏休みですので、海が近かったり、バイト終わりに温泉に入れたり、語学力を磨けたりする、リゾートバイトがオススメです。

リゾートバイト.netでは、あなたにとって最適なリゾートバイトをオススメしてくれます。

1年生の時にリゾートバイトでお金を貯めて、2年生の夏休みまでに免許を取得して、それからバイク旅行に出かけるという方法もあります。

もし何かあなたにとって良い求人がありそうであれば、暇な夏休みの過ごし方としては良い選択肢になるのではないでしょうか?

ボランティア

夏休みの過ごし方として、ボランティア活動するというのも良い選択肢です。

介護であったり、清掃活動であったり、障害者との生活であったり、あなたの興味があるボランティア活動をすればいいと思います。

ボランティアの探し方としては、ネットで探してもいいですが、お近くのボランティアセンターに行って相談するのが一番だと思います。

映画、ドラマを家で見る

今はU-NEXTやAmazon Prime VideoのようなVODがありますので、月額料金をいくらか支払えば、好きなだけ映画やドラマを家で見ることができます。

少し前まではTsutayaでDVDを数本レンタルして、期限内に返却するといった時代でしたが、もうそんなことをする必要はありません。

夏休みの間中、映画やドラマを見るというのは少しもったいない気もしますが、海外ドラマを見て英語のリスニング力を上げたり、映画をたくさん見ることで、視野を広げるといった目的があれば、それはそれでいいような気もします。

資格の勉強をする

長い夏休みを利用して、資格の勉強をするというのもオススメです。

例えば公認会計士、税理士、不動産鑑定士、中小企業診断士なのでしょうか?

取得が難しい資格ほど、将来の仕事に直結します。

それほど難しくない資格であれば、持っていても、持っていなくても、そこまで仕事に直結することはありません。

本を読む

本を読むということは、とても大切です。

高校生ではまったく本を読まなかった人でも、大学生から本を読み始めるという人は多いです。

どんな本を読めばいいかですが、興味のある本を読むのが一番です。

ためになりそうだからといって、難しい本や興味のない本を読んだところで、挫折したり、まったく頭に入ってこなかったりで、いいことはありません。

部活・サークル

部活・サークルに入っている人は、夏休みも活動があったりします。

しかしながら、この記事を読んでくれている方は、おそらく部活・サークルには入っていない、もしくは夏休みに活動がない方ではないでしょうか?

部活・サークルに入るのは、いつでも大丈夫ですし、2年生、3年生からでも入れるケースも多くあります。

気になっている部活・サークルがあるのであれば、勇気をもって入部してみてはどうでしょうか?

インターンシップ

インターンシップとは、会社に入る前に体験できる就業体験です。

大学に入学する前に体験できるオープンキャンパスのようなものです。

大学3年生の夏ぐらいから参加する人が多いですが、中には1年生、2年生であっても参加できる企業はたくさんあります。

報酬アリのインターンシップもありますので、そのような企業であれば、経験とお金の両方を得ることができます。

実家に帰省する

大学生で実家を離れて一人暮らししている場合、実家に帰省する人も多いはずです。

どれくらいの期間帰省するかは、その人次第ですが、夏休みの間、ずっと帰省するなんて人もいるかと思います。

ただ、ほとんどの人は実家に帰省してもやることがない状態に陥ります。

それでは、せっかくの夏休みがもったいないです。

実家が農家であったり、漁業であったり、はたまた自営業の場合は家業を手伝うなんて選択肢もありますが、そのような人は稀でしょう。

実家に帰省するのは数日にして、後は違うことをした方が有意義でしょう。

このページを読んでいる人にオススメの記事

タイトルとURLをコピーしました