PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャンプツーリングにタープは必要?おすすめのタープ3選!

ハーレー ハーレーダビッドソン バイク オートバイ ツーリング キャンプ キャンプツーリング テント タープ キャンプ道具 キャンプ場 森林 森 素材 背景 テクスチャ イメージ キャンプ
当サイトの一部コンテンツ内にはプロモーションが含まれており、収益はサイト運営に役立てております。

このページでは、『キャンプツーリングにタープは必要?』という質問に回答したいと思います。

また、キャンプツーリングにおすすめのタープも紹介しておりますので、併せてチェックしてみてください。

スポンサーリンク
  • テント
  • タープ
  • テーブル・チェア
  • バーベキュー
  • マット・ベッド
  1. テント本体
  2. テント本体
  3. テント本体
  4. テント本体
  5. テント本体
  6. テント本体
  7. テント本体
  8. テント本体
  9. テント本体
  10. テント本体
  11. テント本体
  12. テント本体
  13. テント本体
  14. テント本体
  15. テント本体
  16. テント本体
  17. テント本体
  18. テント本体
  19. テント本体
  20. テント本体
  1. タープ
  2. チェア
  3. チェア
  4. テント本体
  5. タープ
  6. タープ
  7. キャリーカート
  8. タープ
  9. 折りたたみ式ベッド
  10. タープ
  11. テント本体
  12. タープ
  13. タープ
  14. タープ
  15. タープ
  16. タープ
  17. タープ
  18. タープ
    発売日 : 2021年02月22日
    価格 : ¥12,912
    新品最安値 :
    ¥12,773
  19. テント本体
  20. タープ
  1. チェア
  2. テーブル
  3. チェア
  4. チェア
  5. テーブル
  6. チェア
  7. チェア
  8. チェア
  9. 折りたたみチェア
  10. チェア
  11. チェア
  12. チェア
  13. テント本体
  14. チェア
  15. チェア
  16. テーブル・チェアセット
  17. テーブル
  18. チェア
  19. チェア
  20. チェア
  1. バーベキューコンロ・焚火台
  2. シングルバーナー
    発売日 : 2012年04月26日
    価格 : ¥6,380
    新品最安値 :
    ¥6,200
  3. バーベキューコンロ・焚火台
  4. シングルバーナー
  5. ガスカートリッジ・ボンベ
  6. マグ・シェラカップ
  7. 炭・薪
  8. 火起こし
  9. BBQトング
  10. クッキング・BBQツール
  11. クッキングツール
  12. バーベキューコンロ・焚火台
  13. ガスカートリッジ・ボンベ
  14. メンテナンスパーツ
  15. クッキングツール
  16. 液体燃料
  17. コーヒー・ティーポット・ケトル
  18. バーベキューコンロ・焚火台
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥2,900
    新品最安値 :
    ¥2,900
  19. コッへル・クッカーセット
  20. 着火剤
  1. エアーマット・エアーベッド
  2. 折りたたみ式ベッド
  3. フォームスリーピングマット
  4. 寝袋・ベッド・マット
  5. 寝袋・シュラフ
  6. エアーポンプ
  7. 折りたたみ式ベッド
  8. エアーマット・エアーベッド
  9. エアーマット・エアーベッド
  10. 寝袋・シュラフ
  11. 折りたたみ式ベッド
  12. エアーマット・エアーベッド
  13. 寝袋・シュラフ
  14. 寝袋・シュラフ
  15. エアーマット・エアーベッド
  16. エアーマット・エアーベッド
  17. 折りたたみ式ベッド
  18. 寝袋・シュラフ
  19. エアーマット・エアーベッド
  20. 寝袋・ベッド・マット

キャンプツーリングにタープは必要?

キャンプ アウトドア 夕日 夕暮れ タープ テント 焚き火 ランプ たそがれ 自然 風景 屋外 外 遊ぶ 景色 空 チェア ソロキャンプ

『キャンプツーリングにタープは必要?』という質問ですが、これはケースバイケース、必要な人もいれば、不要な人もいます。

つまり、言い換えれば、キャンプツーリングにおいてタープは必需品とは言えないということです。

それでは、どのようなケースにとってタープが必要で、どのようなケースにとって不要なのか、以下、まとめましたので、参考にしてみてください。

キャンプツーリングにタープが必要なケース

  • 夏場の直射日光が厳しい日
  • 雨の日
  • テントに前室がない、もしくは狭い
  • タープ泊する

キャンプツーリングにタープが必要なケースは上記の通りです。

まず夏場の直射日光が厳しい日には、タープなしだとかなりキツイです。

夏でも、曇りや日が沈む前後であれば問題ないのですが、日中の太陽が昇っている時間帯、特に昼前後にキャンプ場にいる場合、タープがあると快適です。

つまり、夏でもキャンプ場に夕方に到着して、ただ寝るだけであれば、タープというのは、そこまで必要性はありません。

ただし、同じ場所に連泊したり、チェックイン時間の13時や14時に到着して、そのままキャンプ場で楽しみたいという方にとってはタープがあった方がいいということになります。

また、雨の日もタープがあると便利です。

タープの下に荷物を置けますし、料理や作業などもできます。

また、テントに前室がない、もしくは狭い場合もタープがあった方が便利です。

それと、テントなしでタープ泊する方にとっては、当然、タープは必需品です。

タープ泊は、テントの設営・撤収の手間暇が掛からず、自然を肌で感じられるというメリットがある一方で、虫や動物に対して無防備であり、雨風にも弱いため、キャンプ初心者にはおすすめできません。

キャンプツーリングにタープが不要なケース

  • 荷物を極力、少なくしたい
  • テントに広い前室がある

キャンプツーリングにタープが不要なケースは上記の通りです。

まず荷物を極力、少なくしたい方にとってタープは不要です。

特に原付でのキャンプツーリングなどで、積載量に不安がある場合、タープは持って無理に持っていかなくてもいいでしょう。

またテントに広い前室がある場合、タープの代用として使えますので、タープは不要です。

特にソロキャンプであれば、前室だけでも十分な方も多いと思いますので、タープは無理に持っていく必要はないでしょう。

ただし、当然、タープほどの広さはないため、より快適にキャンプを楽しみたい方は、タープを持っていくようにしましょう。

キャンプツーリングにおすすめのタープ

ここからは、キャンプツーリングにおすすめのタープを紹介します。

上記の『キャンプツーリングにタープは必要?』という質問の回答を読んで、やはり、自分にはタープが必要だと思った方は、是非、参考にしてみてください。

DOD(ディーオーディー) ライダーズコンフォートタープ 【ツーリング仕様】 コンパクト収納

DOD(ディーオーディー) ライダーズコンフォートタープ 【ツーリング仕様】 コンパクト収納 TT5-282

DOD(ディーオーディー)のライダーズコンフォートタープ です。

軽くてコンパクト収納可能なタープで、耐水圧は3,000mmなので、雨でも安心です。

また、ワンタッチテントとセットでも販売しておりますので、テントの購入がまだの方は、セットで買うのもおすすめです。

DOD(ディーオーディー) ライダーズワンタッチテント 【ツーリング仕様】 1-2人用 T2-275 & ライダーズコンフォートタープ 【ツーリング仕様】 コンパクト収納 TT5-282【セット買い】
DOD(ディーオーディー)
¥34,430(2024/02/24 03:06時点)
こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。

もちろん、単品でも使用できますので、状況に応じて使い分けてください。

ロゴス(LOGOS) neos ツーリングタープ

ロゴス(LOGOS) neos ツーリングタープ-BJ 71805558

ロゴス(LOGOS)のツーリングタープです。

軽くて、コンパクト収納できますので、積載性が高いです。

ツーリングに適したロープタイプとなっており、耐風性にも優れているのが特徴です。

耐水圧は2,000mmと、上記のDODのタープと比較すると低いですが、その分、通気性が良く、夏場においてはメリットが大きいです。

らくらく タープ タープテント ヘキサタープ 420T 3.5mx3.5m 耐水+防カビ加工済 遮光 遮熱 キャンプ テント UVカット コンパクト 収納袋付き (カーキ3.5mx3.5m)

らくらく タープ タープテント ヘキサタープ 420T 3.5mx3.5m 耐水+防カビ加工済 遮光 遮熱 キャンプ テント UVカット コンパクト 収納袋付き (カーキ3.5mx3.5m)

とにかく安いタープを探しているという方におすすめです。

超軽量で、重さは1.36kg、ペグもアルミニウム合金製で、とても軽いです。

キャンプツーリングに何度も行くという訳ではなく、まずはお試しにタープを使ってみたいという方にもおすすめです。

とにかくコスパがいいので、他のキャンプ用品にも予算が回せると思います。

バイクでのキャンプツーリングの道具一式11選!初心者の持ち物

下記のページでは、バイクでのキャンプツーリングの道具一式を紹介しております。

キャンプツーリング初心者で、持ち物は何を用意すればいいか知りたい方は、是非、チェックしてみてください。

バイクキャンプに使えるおすすめツーリングテント

下記のページでは、バイクキャンプに使えるおすすめツーリングテントを紹介しております。

初めてのバイクでのキャンプに使えるツーリングテントを探している方は、是非、チェックしてみてください。

キャンプツーリングでめんどくさいポイントと対処法

下記のページでは、キャンプツーリングでめんどくさいポイントと対処法を紹介しております。

キャンプツーリングでめんどくさいポイントと対処法を知りたい方は、是非、チェックしてみてください。

スポンサーリンク
キャンプ
スポンサーリンク
tasaburoをフォローする
バイク売却の田三郎