PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬キャンプの必需品9選とあったら便利な持ち物7選!

冬の風景 キャンプ 冒険 屋外 余暇 倉庫 火をおこす キャンプファイヤー 暖炉 荒野 キャンプ
当サイトの一部コンテンツ内にはプロモーションが含まれており、収益はサイト運営に役立てております。

このページでは、冬キャンプの必需品とあったら便利な持ち物を紹介しております。

冬キャンプは初めてで、何を用意すればいいのか知りたい

キャンプ道具一式は持っているけれど、冬にあったら便利な持ち物を知りたい

防寒対策をどうすればいいのか知りたい

上記のような方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • テント
  • タープ
  • テーブル・チェア
  • バーベキュー
  • マット・ベッド
  1. テント本体
  2. テント本体
  3. テント本体
  4. テント本体
  5. テント本体
  6. テント本体
  7. テント本体
  8. テント本体
  9. テント本体
  10. テント本体
  11. テント本体
  12. テント本体
  13. テント本体
  14. テント本体
  15. テント本体
  16. テント本体
  17. テント本体
  18. テント本体
  19. テント本体
  20. テント本体
  1. タープ
  2. チェア
  3. チェア
  4. テント本体
  5. タープ
  6. タープ
  7. キャリーカート
  8. タープ
  9. 折りたたみ式ベッド
  10. タープ
  11. テント本体
  12. タープ
  13. タープ
  14. タープ
  15. タープ
  16. タープ
  17. タープ
  18. タープ
    発売日 : 2021年02月22日
    価格 : ¥12,912
    新品最安値 :
    ¥12,773
  19. テント本体
  20. タープ
  1. チェア
  2. テーブル
  3. チェア
  4. チェア
  5. テーブル
  6. チェア
  7. チェア
  8. チェア
  9. 折りたたみチェア
  10. チェア
  11. チェア
  12. チェア
  13. テント本体
  14. チェア
  15. チェア
  16. テーブル・チェアセット
  17. テーブル
  18. チェア
  19. チェア
  20. チェア
  1. バーベキューコンロ・焚火台
  2. シングルバーナー
    発売日 : 2012年04月26日
    価格 : ¥6,380
    新品最安値 :
    ¥6,200
  3. バーベキューコンロ・焚火台
  4. シングルバーナー
  5. ガスカートリッジ・ボンベ
  6. マグ・シェラカップ
  7. 炭・薪
  8. 火起こし
  9. BBQトング
  10. クッキング・BBQツール
  11. クッキングツール
  12. バーベキューコンロ・焚火台
  13. ガスカートリッジ・ボンベ
  14. メンテナンスパーツ
  15. クッキングツール
  16. 液体燃料
  17. コーヒー・ティーポット・ケトル
  18. バーベキューコンロ・焚火台
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥2,900
    新品最安値 :
    ¥2,900
  19. コッへル・クッカーセット
  20. 着火剤
  1. エアーマット・エアーベッド
  2. 折りたたみ式ベッド
  3. フォームスリーピングマット
  4. 寝袋・ベッド・マット
  5. 寝袋・シュラフ
  6. エアーポンプ
  7. 折りたたみ式ベッド
  8. エアーマット・エアーベッド
  9. エアーマット・エアーベッド
  10. 寝袋・シュラフ
  11. 折りたたみ式ベッド
  12. エアーマット・エアーベッド
  13. 寝袋・シュラフ
  14. 寝袋・シュラフ
  15. エアーマット・エアーベッド
  16. エアーマット・エアーベッド
  17. 折りたたみ式ベッド
  18. 寝袋・シュラフ
  19. エアーマット・エアーベッド
  20. 寝袋・ベッド・マット

冬キャンプの基礎知識 Q&A方式

 薪ストーブ 薪 焚き火 炎 火 業火 燃える キャンプ 冬キャン 冬 雪

ここでは、冬キャンプ初心者の方のために基礎知識をQ&A方式で回答していきたいと思います。

冬キャンプについての経験がある方や興味のない方は、上の目次から興味のある箇所だけお読みください。

冬キャンプは何月から何月?

まず冬とは、気象庁が用いている気象学的な区分によると、12月~2月を指します。

ですので、冬キャンプとは基本的には12月~2月の期間を指します。

ただし、地域によっては11月にはすでに全国の冬の平均気温になり、3月でもとても寒いので、東北より北でのキャンプの場合は、11月~3月ぐらいまでを冬キャンプと言っていいかもしれません。

冬にキャンプ場は営業している?

冬にキャンプ場が営業しているかは、キャンプ場次第です。

一般社団法人日本オートキャンプ協会がアンケート調査し、回答してくれたキャンプ場においては、44%が冬季休業に入るようです。

通年営業以外のキャンプ場は、4月~11月ぐらいまでの営業となっていることが多いです。

ただし、東北より北の寒い地域において営業期間はもう少し短く、4月下旬から10月下旬くらいまでの営業というキャンプ場が多い印象です。

つまり、どこの地域でキャンプするかによって、営業期間は異なります。

しかしながら、どこの地域においても1年中開設しているキャンプ場はありますので、事前に調べていけば、冬キャンプを楽しむことは可能です。

冬キャンプのメリットは何?

冬キャンプのメリットはたくさんありますが、主要なのは以下の通りです。

  • 虫が少ない
  • 人が少ない
  • 空気が澄んで星が綺麗に見える

まず虫が少ないというのは、虫嫌いでキャンプしたくないという方には、最も大きなメリットです。

虫が少ないということは、虫刺されの心配もほとんどしなくてもいいため、その点においては快適にキャンプを楽しめます。

また冬キャンプは人が少ないというメリットもあります。

せっかくキャンプで自然の静かさを経験したいのに、行ってみたら人ばっかりでうるさくて、とてもじゃないけれど、自然を楽しめなかったという確率が夏と比較して低くなります。

また、人が少ないので予約も取りやすく、この季節は割引しているキャンプ場もあるため、料金も安く済む可能性があります。

それと、冬は空気が澄んで星が綺麗に見えるというのも、大きなメリットの一つです。

冬は乾燥しており、大気が霞む水蒸気が少なく、星が綺麗に見えます。

天体望遠鏡を持って行き、天体観測するのも冬キャンプの大きな魅力です。

その他にも、チェックインが早くなるキャンプ場があったり、薪ストーブで暖まるのが最高だったり、温かい食事が最高だったりと、冬キャンプのメリットは、色々とあります。

冬キャンプのデメリットは何?

続いては、冬キャンプのデメリットを紹介します。

主要なデメリットは、以下の通りです。

  • 寒い
  • 冬に営業していないキャンプ場も多い
  • 一部、水道やトイレが使えないケースがある
  • キャンプ場に行くまでが大変

冬キャンプの最大のデメリットは、何と言っても寒いことです。

もしも何の防寒対策もなく、冬キャンプに出掛けたとしたら大変なことになってしまいます。

それは何も東北より北の寒い地域だけではありません。

全国、どこの地域においても冬キャンプには、相応の準備をしていかないと命の危険すらあります。

冬に営業していないキャンプ場も多いというのは、上記でも紹介して通りです。

キャンプ場の選択肢が減るという点において、デメリットだと言えます。

また、一部、水道やトイレが使えないケースもあります。

例えば、水洗トイレが使えず、簡易トイレが設置されるなどです。

また、止水されて水道の使用ができないケースもあります。

これは冬の寒さで凍結してしまうためです。

そうなってくると、キャンプ場では食器洗いができません。

キャンプ場に行くまでが大変というのは、冬は地面が凍結したり、滑りやすくなっているためです。

そのため、車やバイクで行く方はスタッドレスタイヤに交換したり、チェーンを取り付けて、慎重に行く必要があります。

またバイクで行く場合、スリップの危険性に加えて、寒さは尋常ではありませんので、かなりしっかりと防寒対策をする必要があります。

冬キャンプの必需品5選

さて、ここからは冬キャンプの必需品を紹介していきます。

冬キャンプに何を用意すればいいか、是非、参考にしてみてください。

冬用テント

テントには、冬も使える4シーズンテントと冬には使えない3シーズンテントがありますが、冬キャンプの場合は、当然、4シーズンテントがおすすめです。

4シーズンテントは、優れた防風・防寒性能がありますので、寒さに強いです。

ただし、絶対に3シーズンテントで冬キャンプは出来ないかというと、そんなことはありません。

その他の防寒対策をしっかりとすれば、3シーズンテントでも大丈夫ですので、まだテントを買っていない方は4シーズンタイプを、もうすでに3シーズンタイプを買ってしまった人は、その他の防寒対策でしっかりとするか、もしくは、やはり、寒さが心配であるなら、4シーズンタイプのテントを買ってしまうのもいいと思います。

GEERTOP テント 2人用 ソロテント 軽量 4シーズン 二重層 耐水圧5000MM 防水 登山テント スカート付き 防寒 キャンプ バイク アウトドア ツーリング 冬用 簡単設営 アーミーグリーン
Geer Top
¥12,999(2024/06/18 15:13時点)
【二人用キャンプテント】210x140cmの広い内室、窮屈を感じさせない居住性の高い2人テントです。カップルキャンプ、親子キャンプなど2人でのキャンプや、ソロキャンプに、友人同士に適用するツーリングドームです。前後の出入り口にキャンプ道具や荷物などを保管するスペースがあるので広々と過ごすことができます。

冬用シュラフ

冬キャンプには、冬用シュラフも必需品です。

ただし、冬用や4シーズンシュラフであれば、どんなものでもいい訳ではありません。

なぜなら、それぞれのシュラフには使用下限温度と快適温度が設定されており、地域によっては耐えられない可能性があるからです。

例えば、使用下限温度が-5°なのに-10°の場所では寒さで耐えられない可能性があります。

ですので、何月にどこのキャンプに行くのか決めて、その地域の温度をチェックするところから始めてください。

その後、その地域で耐えられるシュラフを購入するようにしましょう。

コールマン(Coleman) 寝袋 シュラフ マルチレイヤースリーピングバッグ オールシーズン 封筒型 使用下限温度-5度 2000034777
コールマン(Coleman)
¥15,950(2024/06/18 15:13時点)
【封筒型スリーピングバッグ】3つのレイヤーを組み合わせても分割しても使える4シーズン対応モデル。ゆったりサイズで抜群の寝心地。持ち運びに便利なキャリーケース付。

断熱性に優れたマット

底冷えを防ぐために、断熱性に優れたマットも冬キャンプには必需品です。

断熱性はR値(熱抵抗値)で表すことができ、冬キャンプだとR値が4.0以上が一つの目安となります。

R値が高いほど断熱性が高いことを意味しますので、極寒の雪山などに行く方は、R値が5.0や6.0、もしくはそれ以上のマットを選びましょう。

SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) キャンプマットS.I. レクタンギュラーレギュラーワイド ST81107001
シートゥサミット(SEA TO SUMMIT)
¥11,550(2024/06/18 15:13時点)
お手頃価格で自動で膨らむ素晴らしい睡眠パッド。

湯たんぽ

湯たんぽは、主に寝る時にシュラフの中に入れて、足元に置いておくと暖かいです。

特に冬キャンプでも、寒い地域や季節に行く時には必需品です。

湯たんぽの中には、下記のように直火による加熱使用ができるものがありますので、冬キャンプにはおすすめです。

マルカ(Maruka) 湯たんぽ Aエース 2.5L 袋付 022524
マルカ(Maruka)
¥2,640(2024/06/18 15:13時点)
素材・材質:【本体】溶融亜鉛メッキ鋼板 / 【口金】しんちゅう / 【パッキン】合成ゴム

ストーブ

冬キャンプには、ストーブもあった方がいいです。

特に薪ストーブは暖かいので、おすすめです。

ただし、テント内で使う場合は、どのストーブを使うのかにもよりますが、一酸化炭素中毒には気を付ける必要があります。

換気を十分にする必要がありますし、一酸化炭素チェッカーを使うなどして、しっかりと対策を取りましょう。

【法人・公共団体採用モデル】PTTech 一酸化炭素チェッカーキャンプ用 車中泊 防災用品 丁寧な図解説明書つき(あかまる)
PT&Key
¥2,980(2024/06/18 15:13時点)
✅一酸化炭素チェッカーはお任せください。 【当社は適格請求書発行事業者です】メーカーと直接契約を結び保障のしっかりした正規品を販売しています。
SENQI 薪ストーブ 折りたたみ キャンプ 耐熱ガラス・煙突・スパークアレスター・グリッド棚付き コンパクト アウトドア ウッドストーブ テント用 焚き火台 BBQ 調理 暖炉 冬 収納袋付き
SENQI
¥17,980(2024/06/19 04:52時点)
✅【サビに強い高品質ステンレス】こちらのキャンプ薪ストーブは錆びに強く腐食しにくい耐久性抜群な高品質ステンレス製なので、 どんな過酷なアウトドアシーンにも耐えるタフなストーブです。【カラビナ・ロープで煙突を固定】 煙突を3方向からをしっかり固定できるロープとカラビナが付属しています。風が強い日も安心して使用できます。 ✅【火の粉を抑えるスパークアレスター】 煙突先端部に装着することで火の粉の飛び散りを最小限に抑えるスパークアレスターが付属しています。

冬キャンプにあったら便利な持ち物7選!

ここからは冬キャンプにあったら便利な持ち物を紹介していきます。

必需品ではないけれど、あったら便利な持ち物ですので、是非、参考にしてみてください。

コット

コットとは、キャンプなどで使う簡易ベッドです。

冬キャンプでの睡眠において、地面からの底冷えというのは最大の天敵と言ってもいいでしょう。

このコットを使うことによって、地面と空間ができるため、地面から直接、冷気が当たりません。

そのため、暖かく快眠したい方には、あったら便利な持ち物と言えます。

VENTLAX 2WAY アジャスタブル コット 軽量3kg 静音設計 折りたたみ式 ハイ/ロー切替可能 (オリーブグリーン)