スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャンプツーリングでめんどくさいポイントと対処法

ハーレー ハーレーダビッドソン キャンプツーリング キャンプ テント キャンプ場 アウトドア 景色 ソロキャンプ バイク オートバイ ソロテント ランタン 背景 素材 テクスチャ 風景キャンプ

このページでは、キャンプツーリングでめんどくさいポイントと対処法を紹介します。

初めてのキャンプツーリングでめんどくさいと感じている

キャンプツーリングでめんどくさいポイントと対処法を知りたい

キャンプツーリングに行こうか悩んでいる

上記のような方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • テント
  • タープ
  • テーブル・チェア
  • バーベキュー
  • マット・ベッド
  1. テント本体
  2. テント本体
  3. テント本体
  4. テント本体
  5. テント本体
  6. テント本体
  7. テント本体
  8. テント本体
  9. テント本体
  10. テント本体
  11. テント本体
  12. テント本体
  13. テント本体
  14. テント本体
  15. テント本体
  16. テント本体
  17. テント本体
  18. テント本体
  19. テント本体
  20. テント本体
  1. タープ
  2. チェア
  3. チェア
  4. テント本体
  5. タープ
  6. タープ
  7. キャリーカート
  8. タープ
  9. 折りたたみ式ベッド
  10. タープ
  11. テント本体
  12. タープ
  13. タープ
  14. タープ
  15. タープ
  16. タープ
  17. タープ
  18. タープ
    発売日 : 2021年02月22日
    価格 : ¥12,912
    新品最安値 :
    ¥12,773
  19. テント本体
  20. タープ
  1. チェア
  2. テーブル
  3. チェア
  4. チェア
  5. テーブル
  6. チェア
  7. チェア
  8. チェア
  9. 折りたたみチェア
  10. チェア
  11. チェア
  12. チェア
  13. テント本体
  14. チェア
  15. チェア
  16. テーブル・チェアセット
  17. テーブル
  18. チェア
  19. チェア
  20. チェア
  1. バーベキューコンロ・焚火台
  2. シングルバーナー
    発売日 : 2012年04月26日
    価格 : ¥6,380
    新品最安値 :
    ¥6,200
  3. バーベキューコンロ・焚火台
  4. シングルバーナー
  5. ガスカートリッジ・ボンベ
  6. マグ・シェラカップ
  7. 炭・薪
  8. 火起こし
  9. BBQトング
  10. クッキング・BBQツール
  11. クッキングツール
  12. バーベキューコンロ・焚火台
  13. ガスカートリッジ・ボンベ
  14. メンテナンスパーツ
  15. クッキングツール
  16. 液体燃料
  17. コーヒー・ティーポット・ケトル
  18. バーベキューコンロ・焚火台
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥2,900
    新品最安値 :
    ¥2,900
  19. コッへル・クッカーセット
  20. 着火剤
  1. エアーマット・エアーベッド
  2. 折りたたみ式ベッド
  3. フォームスリーピングマット
  4. 寝袋・ベッド・マット
  5. 寝袋・シュラフ
  6. エアーポンプ
  7. 折りたたみ式ベッド
  8. エアーマット・エアーベッド
  9. エアーマット・エアーベッド
  10. 寝袋・シュラフ
  11. 折りたたみ式ベッド
  12. エアーマット・エアーベッド
  13. 寝袋・シュラフ
  14. 寝袋・シュラフ
  15. エアーマット・エアーベッド
  16. エアーマット・エアーベッド
  17. 折りたたみ式ベッド
  18. 寝袋・シュラフ
  19. エアーマット・エアーベッド
  20. 寝袋・ベッド・マット

キャンプツーリングでめんどくさいポイントと対処法

バイク キャンプツーリング 積載 原付 旅 リード リード100

テントへの出入りでブーツを脱いだり、履いたりがめんどくさい

バイクをサンダルで運転するのは交通違反です。

それに、たとえ原付スクーターであっても交通事故の際に危険であるため、スニーカーやライディングシューズ、それにブーツを履いて運転する人が大半です。

キャンプでは、テントへ出入りすることが多いため、ブーツの場合、脱いだり、履いたりがめんどくさいです。

ブーツでなくても、バイク乗りのシューズというのはハイカットですので、基本的には脱いだり、履いたりがめんどくさいです。

ですので、対処法としてはアウトドアサンダルを一足持っていくことをおすすめします。

キャンプ場では、アウトドアサンダルを履くことで、楽になりますし、足の休息になります。

キャンプツーリングは積載がめんどくさい

キャンプツーリングでは、車と違って、積載量が少ないため、シートバッグやサイドバッグ、それにネットやロープなどを使って、工夫して積載しないといけません。

※法律的にバイクにどれだけ積載できるかは、下記のページを参照してみてください。

そのため、キャンプツーリング初心者にとっては積載がめんどくさいと感じるのも無理ありません。

対処法としては、なるべくバイクに直接、取り付けるサイドバッグ・シートバッグ、それにトップケース・リアボックスを上手く利用することです。

それらのバッグやケースが大型であれば、基本的には入れたり、取り付けたりするだけで済みます。

タナックス(TANAX) キャンピングシートバッグ2 モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MFK-102 (可変容量59-75ℓ)
タナックス(Tanax)
¥25,300(2022/06/20 14:39時点)
サイズ:350(H)X620(W)X350(D)mm(最小時)/350(H)X820(W)X350(D)mm(最大時)※横(W)サイズはサイドポーチを含みます。

また、積載が増えて運転が難しくなり、交通事故に遭うのが不安な方や、そもそもキャンプ用品をバイクで持ち運ぶのが面倒という方は、キャンプ用品レンタルサービスを利用するのもおすすめです。

例えば、下記のページで紹介しているhinataレンタルであれば、指定のキャンプ場に直接、キャンプ用品を送ることが可能で、帰りもキャンプ場のフロントに預けることで返却が可能です。

こういったキャンプ用品レンタルサービスを利用すれば、面倒な積載はないですので、初めてのキャンプツーリングでも安心です。

ただし、何回もキャンプに行くのであれば、価格が高くなってしまうなどもデメリットもあるため、詳しくは上記の「hinataレンタルの口コミ!メリット・デメリットまとめ」をご覧ください。

雨のキャンプツーリングはめんどくさい

雨のキャンプツーリングはめんどくさい、というか、細工です。

まずキャンプ場に行くまでにかなり濡れてしまいますし、キャンプ場に着いてからもできることが限られてしまいますし、やはり、濡れてしまいます。

対処法としては、予約なしで行く場合、最悪、キャンプツーリングをやめることも検討した方がいいでしょう。

特に台風や豪雨では、行くまでに交通事故に遭う確率も高くなってしまうため、速やかに中止しましょう。

予約していて、なおかつ行けるぐらいの雨であるなら、しっかりと雨対策をして、キャンプツーリングに行ってください。

レインコートを装着するのはもちろん、防水ライディングシューズ、防水ソックスなどもあると快適です。

また、キャンプはやめて、コテージやホテルなどに変更する選択肢もあります。

その場合、キャンセル料は必要なのか、必要な場合、いくらのキャンセル料が必要なのかをあらかじめ調べておくようにしましょう。

※キャンプ場の中には、当日であってもキャンセル料が無料の場所もあります。

それと、雨の場合、タープがあると非常に心強いです。

タープの下であれば火を使って料理もできますし、色々な作業ができます。

確かに荷物にはなりますが、今ではコンパクト収納できるタープも多くありますので、バイクでのキャンプであっても持っていくことをおすすめします。

料理や食器洗い、後片付けがめんどくさい

キャンプツーリングでは、ツーリングがメインの場合、キャンプ場に到着するのが遅くなり、暗い中で料理や食器洗い、そして、後片付けをしなくてはいけないケースがあります。

そうなれば、それはめんどくさいと感じる人も多いはずです。

そんな時は、お湯を沸かして、カップラーメンやカレーメシだけでもいいと思います。

カップラーメンやカレーメシであっても、自然の中で食べるのは、家で食べるのとはまったく違うはずです。

カップラーメンやカレーメシであれば、お湯を沸かすぐらいで、面倒な料理や食器洗い、後片付けも楽ちんです。

日清食品 カレーメシ ビーフ 107gx6個
カレーメシ
¥1,568 (¥261 / 個)(2022/10/01 19:31時点)
お湯で作れるカレーメシ。メンよりメシ。お湯さえあればどこでも美味しいカレーが楽しめる。 コリアンダー、カルダモンなどのスパイスにタマネギの甘みが特長的なビーフカレーです。

めんどくさいを楽しむのもキャンプツーリングの醍醐味

上記では、『キャンプツーリングでめんどくさいポイントと対処法』を紹介してきましたが、めんどくさいを楽しむのもキャンプツーリングの醍醐味です。

普段やらないことを通して気づくこともありますし、大変なことは思い出にも残ります。

ですので、本当にやりたくないこと以外は、敢えて面倒なことでもチャレンジしてみるのもいいと思います。

ただし、豪雨や台風の中のキャンプツーリングなど、命に関わることはやめましょう。

あくまでも身体に被害がない中での面倒を楽しむようにしましょう。

バイクでのキャンプツーリングの道具一式11選!初心者の持ち物

下記のページでは、バイクでのキャンプツーリングの道具一式を紹介しております。

キャンプツーリング初心者で、持ち物は何を用意すればいいか知りたい方は、是非、チェックしてみてください。

コーヒーツーリングにオススメな道具12選!場所はどこ?

『泊りのキャンプツーリングはハードルが高い!』と思う方は、コーヒーツーリングのようなデイキャンプから始めてみるのもおすすめです。

コーヒーツーリングであれば、テントやマット、シュラフのような容積を取る荷物がありませんので、初心者にもおすすめです。

ただし、初めての方はコーヒーツーリングに必要な道具やそもそもどこでやったらいいのかということもわからないと思いますので、下記のページを参照してみてください。

ソロキャンプで何する?楽しみ方・過ごし方21選!

下記のページでは、『ソロキャンプで何する?』という疑問のお持ちの方に楽しみ方・過ごし方を紹介しております。

キャンプツーリングでは面倒なことも多々ありますが、当然、楽しみも数多くあります。

下記では、特にソロキャンプでの楽しみ方・過ごし方にフォーカスしておりますので、ソロツーリングでキャンプに行く方は、是非、チェックしてみてください。

スポンサーリンク
キャンプ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tasaburoをフォローする
バイク売却の田三郎