SYMのバイクは壊れやすいのか?評判のまとめ

台湾 バイク スクーター 原付バイクを買う

このページでは、SYMのバイクは壊れやすいのか、評判をまとめてみました。

SYMのバイクの購入を検討している方は、是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

SYMのバイクは壊れやすいのか?

まずSYMの故障率について調べてみました。

アメリカの非営利消費者組織であるコンシューマーズ・ユニオンのコンシューマー・レポートには、海外のバイクメーカーの故障率(4年以内の数字で、10台中3台は軽微なものを含めて壊れている)が載っているですが、そこにはSYMはありませんでした。

ちなみに、以下の通りです。

メーカー名故障率
Yamaha/Star11%
Suzuki12%
Honda12%
Kawasaki15%
Victory17%
Harley-Davidson26%
Triumph29%
Ducati33%
BMW40%
Can-Am42%

出典:Consumer Reports『Who makes the most reliable motorcycle? We rate 10 big brands

他にもSYMの故障率について言及してある調査レポートを海外のサイトを含め探したのですが、見つかりませんでした。

ということで、客観的な壊れやすさについてはよくわからないというのが現状です。

ということで、以下、実際にSYMのバイクに乗っている方の評判を見てみることにしましょう。

SYMのバイクは壊れやすいのか?評判のまとめ

良い評判

悪い評判

評判のまとめ

評判の全体を通してみると、安い割に故障はそんなに多くないという声が多い印象がありました。

当然、SYMのバイクが故障したという口コミもありました。

ただ、上記の他のメーカーの故障率を見て頂ければわかりますが、故障率が最も低いヤマハでさえ、4年以内の故障率は11%となっており、誰かしらのバイクは多少なりとも壊れると考えた方がいいです。

SYMの故障率がどれくらいかはわかりませんが、0%である可能性はほぼなく、推測ですが、国産バイクメーカーよりも少し高いぐらいになるのではないかと思われるので、故障したという口コミはあってしかるべきだと考えます。

もともとSYMはホンダのバイクのライセンス生産を行っており、現在では現代自動車のライセンス生産をしているぐらい、技術力は高いものを持っております。

ですので、SYMが海外メーカーだからといって、極度に心配する必要はないように思います。

SYMのバイクの保証について

スクーター 修理

SYMのバイクの保証は、SYM取扱店がSYM保証登録フォームへ必要事項を入力、送信後、有効となるということで、保証を受けるためにはSYM取扱店で購入後、上記の手続きが必須であるということです。

そして、保証は新車を購入したオーナーにのみ適用ということですので、中古車で購入したバイクにはメーカー保証は適用されません。

保証期間については、車種によって1年、または2年となります。

例えば、JET14 125iであれば1年保証、ComBiz 125であれば2年保証という感じです。

排気量ごとに保証期間が異なる訳ではなく、あくまで車種によって変わるというのがポイントです。

SYM取扱店(2019年~)

下記のページで、SYMのバイクを取り扱っている店舗を探すことができます。

マスターショップ、プロショップ、オフィシャルサポートショップ、販売窓口と分かれており、在庫の有無、展示車両の有無などで、異なります。

要はそのお店がどれだけSYMのバイクに力を入れているかで、分かれているということです。

SYMのバイクの購入を検討している方は、お近くの取扱店に行ってみてください。

このページを読んでいる人にオススメの記事

タイトルとURLをコピーしました