スポンサーリンク

ハーレーをローンで買って後悔した人の口コミ!メリット・デメリット

ハーレーダビッドソン Eicma ロゴ タンク ハーレー 原付 オートバイ エンジンバイクを買う

このページでは、ハーレーをローンで買って後悔した人の口コミ、そして、ハーレーをローンで買うことのメリット・デメリットをまとめました。

ハーレーをローンで買って後悔した人の口コミ・評判を知りたい

ハーレーをローンで買うことのメリット・デメリットを知りたい

ハーレーのローンの金利を知りたい

上記のような方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ハーレーをローンで買って後悔した人の口コミ・評判のまとめ

※下記のハーレーをローンで買って後悔した人の口コミ・評判は、知恵袋twitter、各種の口コミサイトなどからまとめさせて頂きました。

転職して収入が減って後悔

ハーレーの支払期間は最大で12年6ヵ月の150回となっております。

仮にその最大の支払期間を設定したとすると、その間に転職して収入が減った場合、ローン返済が厳しくなってしまうことが考えられます。

また転職して収入が減るのではなくても、失業のリスクであったり、病気や事故などで大金が必要なこともあります。

そうなってしまうと、購入金額が高いハーレーをローンで購入したことを後悔する人も出てきます。

維持費を軽視して後悔

ハーレーに乗るためには、車体価格だけでなく、毎月の維持費も必要です。

そのため、ローンの返済額が月に2万円だったとしても、実際はそれにプラスして1~2万円の維持費が必要になってきます。

その維持費を軽視してハーレーのローンを組むと、こんなはずではなかったと、後悔する人も多いです。

ただし、この維持費というのは乗っている人の環境にも大きく影響しますので、駐車場代が必要なかったり、頻繁には乗らないため、ガソリン代がほとんど掛からない方などは費用が少なくて済みます。

ですので、自分の場合はどうなのかというのは事前にシミュレーションしておくことが大切です。

事故で壊れて後悔

ハーレーに乗っていれば事故で壊れてしまうリスクも当然、あります。

壊れれば修理費も掛かりますし、もう乗らないと決心しても、ローン残債が買取金額よりも多い場合は、もうハーレーには乗らないのに一括返済したり、別途、新しいローンを組んだりしなければなりません。

そのため、リスクヘッジのために車両保険に加入する人もいますが、もちろん、その分の保険料は高くなります。

ハーレーをローンで買って後悔する人の特徴

ユタ アメリカ パノラマ 名勝 アウトドア 旅行 風景 モト ハーレー

ここからは、ハーレーをローンで買って後悔する人の特徴を紹介していきます。

身の丈に合わない車両を購入する

当サイトでは、好きなバイク、欲しいバイクを買うのが一番良いと考えていますが、それでも身の丈に合った車両を購入しないと後悔することになってしまいます。

そもそも身の丈に全く合っていないとローンの審査に通ることはありませんが、それでも信販会社や銀行の許容値とローンの適正値には若干のズレがあるため、借り過ぎてしまうケースがあります。

そのため、ローンに通るギリギリのハーレーを買うのではなく、余裕持ったローンを組むようにしましょう。

勢いでハーレーを購入してしまった

人生において、時には勢いが必要なこともあります。

しかしながら、ハーレーのローン購入おいては勢いだけでは後悔してしまうことになるかもしれません。

現金で数万円程度のモノを買うのであれば、勢いで買ったとしても、それほど後悔する人は少ないですが、ハーレーは数百万円の買物です。

ローンの期間は、最大で12年6ヵ月も掛かるのです。

そのため、勢いだけでなく、将来において予想される出費なども想定して、いくらかの慎重性は必要になってきます。

年収が上がる前提でローンを組む

ハーレーを買う人でも、20代~30代の若い人は、年収が上がる前提でローンを組んでしまうことも多いです。

確かに、定期昇給制度を採用している会社に勤めている場合は、そのような前提をしてしまうのも仕方がありません。

しかしながら、定期昇給制度の廃止の可能性もありますし、その会社にローンが終わるまで勤めているかもわかりません。

そうなってくると、収入が思ったよりも上がらず、ローン返済が重くのしかかってくるリスクもあるのです。

ローン会社を十分に比較検討しない

ハーレーの正規ディーラーで取り扱っているからといって、十分に他社と比較検討しないでジャックスのバイクローンを利用してしまう人がいます。

しかしながら、必ずしもディーラーで取り扱っているバイクローンが良いとは限りません。

審査に通るのであれば、銀行のローンの方が金利が安いケースも多いですので、他社のバイクローンもしっかりと比較検討した方がいいです。

その上で、どこでローンを利用するのか決めれば、後悔する確率を下げることができます。

ハーレーをローンで買うことのメリット・デメリット

反対 親指 肯定的です 負 高い 下 プラス マイナス 良い 悪い 二元性 違う 平等

ここからは、ハーレーをローンで買うことのメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット

  1. 現金がなくてもハーレーを買える
  2. 現金を残しおける
  3. 時間をお金で買える

ハーレーをローンで買うことの最大のメリットとして、現金がなくてもハーレーを買えることが挙げられます。

審査に通れば、頭金0円であっても、ハーレーを買うことができるのです。

そのため、預貯金がなくても、有価証券を売却しなくてもいいのです。

もちろん、現金がある方でも、現金はできる限り残しておきたいという方もいるでしょう。

そのような方にもローンはメリットになります。

ローンを組めば、月々数万円程度の出費でハーレーに乗れるのです。

またお金を貯めてからハーレーを買いたいと思っている方にとっては、時間をお金で買えることを意味します。

そのため、若い年齢からハーレーに乗りたいという思いがある方にもローンはメリットだと言えます。

デメリット

  1. 金利を支払わなければならない
  2. 事故で廃車になると、ローンだけが残る
  3. 収入減、もしくは出費が増えるとローンの返済に苦労する

ハーレーをローンで買うことの最大のデメリットは金利を支払わなければならないことです。

下記で紹介しているハーレー公式のローンシミュレーターをしてみればわかりますが、金利だけで数十万円になるケースもあります。

これは現金で支払えば、必要のない出費です。

また、事故で廃車になるとローンだけが残るというリスクもあります。

ただ、これに関しては現金一括で買ったとしても、購入金額はすでに支払った後になる訳ですので、金利を除けば、リスクは同じとも言えます。

それでも、金利を含めたローン残債を何年間も支払わないといけないというメンタル面においては、堪えるものがあるかもしれません。

それと、収入減、もしくは出費が増えるとローンの返済に苦労するというデメリットもあります。

収入減は転職や失業が考えられますし、出費に関しては病気、事故などの悪いこともありますし、結婚や子育てなどで出費が必要になるケースも考えれます。

ハーレーのローンの金利は?

ハーレーのローンの金利は、スタンダードプラン(頭金0円より、最長150回、繰り上げ可能)において、2019年10月1日時点において実質年率3.9%となっております。

詳しくは、下記の公式サイトをご覧ください。

もちろん、他社のバイクローンを利用すれば、金利は異なります。

他社の金利がどれくらいなのか知りたい方は、下記の『バイクローンの金利と月々いくら?シミュレーションサイトまとめ』もチェックしてみてください。

ハーレー公式のローンシミュレーター

下記は、ハーレー公式のローンシミュレーターです。

下記の4つを選択することで、分割払手数料を含めた分割支払総額を計算できます。

  1. 購入モデルを選ぶ
  2. ローンプランを選ぶ
  3. お支払いのオプションを選択
  4. ボーナス払いも併用する

ハーレーのディーラーでローン契約をするにせよ、しないにせよ、3.9%の金利でどれだけ支払えればいいのかわかりますので、バイクローンを利用する方の参考になると思います。

※ローンシミュレーションの金額には、諸費用等は含まれておらず、乗り出し価格は異なりますので、そこは注意が必要です。

ハーレーを購入して失敗したと思うパターン7選

下記のページでは、ハーレーを購入して失敗したと思うパターンを紹介しております。

ローン返済以外にも、失敗パターンをまとめておりますので、ハーレー購入の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
バイクを買う
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tasaburoをフォローする
バイク売却の田三郎
タイトルとURLをコピーしました