PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤマハ・トリシティ125・155・300の欠点と解決方法

ヤマハ・トリシティ125・155・300の欠点と解決方法 バイクを買う
当サイトの一部コンテンツ内にはプロモーションが含まれており、収益はサイト運営に役立てております。

このページでは、トリシティの欠点とその解決方法を提示できればと思います。

トリシティ125・155・300の購入を検討している

トリシティに乗っていて、不満があり、解消したい

トリシティを売ろうと思っている

このような方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ヤマハ・トリシティ125・155・300の欠点と解決方法

悩み込む日本人女性

価格が高い

トリシティは、125・155・300、どれを見ても価格が高いです。

まずトリシティ125ですが、メーカー希望小売価格が423,500円~となっており、同じヤマハの124ccのスクーターと比較すると10万円ぐらい高い価格設定となっております。

同じくトリシティ155もメーカー希望小売価格が484,000円~となっており、同じヤマハの155ccのスクーターと比較すると、やはり、10万円ぐらい高い価格設定です。

トリシティ300は比較対象が難しいですが、メーカー希望小売価格が957,000円~となっており、大型バイクと同じくらいの価格設定となっており、やはり、高い印象があります。

解決方法1:違う車種にする

まず考えられる解決方法として、違う車種も検討してみましょう。

本当にトリシティじゃないとダメなのか、よく考えてみましょう。

トリシティ125を検討しているのであれば、同じヤマハのNMAX(メーカー希望小売価格368,500円~)があります。

シグナスX(メーカー希望小売価格335,500円~)もあります。

さらに安いアクシスZ(メーカー希望小売価格247,500円~)もあります。

トリシティ155を検討しているのであれば、NMAX155があります。

それに原付二種のトリシティ125を買うという選択肢もあっていいはずです。

トリシティ300を検討しているのであれば、やはり、トリシティ155の購入も考えてもいいはずです。

解決方法2:中古車を買う

トリシティを買うのに、何も新車でなければならない理由はありません。

中古車だっていいはずです。

年式、走行距離、車検の有無、修復歴、店などによってどれくらい新車よりも安く買えるのかは変わってきますが、ほぼ確実に新車よりは安く買えます。

解決方法3:すでにトリシティを持っている方は売る

すでにトリシティを持っている方は、売るという選択肢もあります。

販売価格が高いということは、売る時も高く売れる可能性が高いというメリットがあります。

ただし、売り方を間違えてしまうと、安く買いたたかれる可能性が高くなってしまいます。

複数の業者で相見積もりを取るなど、なるべく高く売れる工夫をすることが大切です。

トリシティを売りたい方は、下記のページも参照してみてください。

中型・大型バイクを売る

カスタムバイクを売る

事故車、故障車、不動車のバイクを売る

バイク買取一括査定を比較

シートが傾いている

トリシティのシートはスタイリッシュなデザインとなっており、前に傾いています。

そのため、人によっては前に滑ってしまい、座る位置が定まらないという欠点があります。

口コミ

解決方法:シートを交換する

前に滑ってしまう欠点を解決するには、フラットなシートを交換する方法が考えられます。

下記のTWR製のシートであれば、その前に滑ってしまうという欠点を解決するために製造されていますので、最適です。

適合車種はYAMAHA TRICITY125(SEC1J)/155(SG37J)となっており、トリシティ125(SE82J)には取付不可となっておりますので、そこは注意が必要です。

TWR製 2018年式以降モデル TRICITY125/155専用ウェストサポート付き純正ベース加工カスタムシート(レッドステッチ)
TWR
¥29,800(2024/07/19 09:46時点)
即日発送について:営業日の14時までにご購入 (決済完了) 頂きますと、当日発送致します。(土日曜祝祭日は除く)

バンク角が浅くてスタンドを擦ってしまう

バンク角が浅くてスタンドを擦ってしまうという方が多数いました。

トリシティはスクーターと考えれば、そこまで傾ける必要はないとも考えれますが、普通のバイクと同様に傾けてしまうと、擦ってしまう可能性もあると考えられます。

解決方法1:カーブで車体を傾けない

カーブで車体を擦らないためには、傾けない、これに限ります。

ゆっくと回り、バンク角が浅い、アメリカンバイクやスクーターと同じように扱いましょう。

解決方法2:NIKENを買う

NIKENは、同じトリシティと同じ三輪バイクですが、スポーツタイプで、バンク角がトリシティの38度に対して、45度と、より深く車体を傾けられる設計となっております。

価格は高いですが、トリシティ300の購入を検討している方などは、NIKENも考えてみてはどうでしょうか?

駐車で苦労する

三輪バイクであるトリシティの欠点の一つとして、駐車で苦労する可能性があります。

まず三輪バイクNGの駐車場があるということです。

また基本的には駐輪場には50cc以下の原付しか駐車できないですし、駐車できても125cc以下の場合は、トリシティ155・300は停められません。

解決方法:『バイクの駐車場・駐輪場がない場合、どうする?探す方法4選!』を参照する

バイクの駐車で苦労するの解決方法は、以下ページで解説しております。

三輪バイクについては言及しておりませんが、三輪バイクNGな駐車場に関しては諦めるしかありません。

それ以外で、駐車場を探す方法を紹介しておりますので、是非、チェックしてみてください。

ヤマハ・トリシティ125・155・300のQ&A

質問 誰 どのように 何 どこ 時 なぜ ボード フォント 問題 要求 壁 石

ここからは、ヤマハ・トリシティ125・155・300のQ&Aです。

トリシティ125は普通免許で運転できる?

トリシティ125は、普通免許で運転できません。

ただし、カスタムしてトライク化すれば自動車と同じ扱いになり、普通免許でも運転できます。

それはトリシティ155・300でも同様です。

トリシティのメリットは何?

トリシティのメリットは、何と言っても三輪ですので、走行が安定していることです。

雨や雪、風などにも二輪と比較すれば、安定した走行が可能です。

コーナーも安定していますし、振動も少ないです。

また、燃費が良く、乗り心地がいいのもメリットです。

トリシティ125・155・300の燃費は?

トリシティ125・・・44.9km/L(クラス1) 1名乗車時(WMTCモード値)

トリシティ155・・・42.1km/L(クラス2, サブクラス2-1) 1名乗車時(WMTCモード値)

トリシティ300・・・31.5km/L(クラス2, サブクラス2-2) 1名乗車時(WMTCモード値)

トリシティ125は高速道路に乗れる?

トリシティ125は乗れません。

バイクで高速に乗れるのは、排気量が125cc超からです。

トリシティの排気量は124ccです。

ただし、カスタムしてトライク化すれば高速道路にも乗れるようになります。

トリシティ125・155・300に必要な運転免許は何?

トリシティ125・・・AT小型限定普通二輪免許

トリシティ155・・・普通自動二輪免許

トリシティ300・・・普通自動二輪免許

トリシティ125・155・300にオススメのカスタムパーツ

下記のページでは、トリシティ125・155・300にオススメのカスタムパーツを紹介しております。

トリシティの欠点を解決するパーツや積載量を増やすパーツなど、色々と紹介させて頂いておりますので、是非、チェックしてみてください。

トリシティに似合うヘルメット

下記のページでは、トリシティに似合うヘルメットを紹介させて頂いております。

ヘルメットの買い替えや、購入がまだの方は、是非、参考にしてみてください。

娘のレッドバロンでのトリシティ125購入から売却までの話

下記のページでは、娘のレッドバロンでのトリシティ125購入から売却までの話を紹介させて頂いております。

乗っていたのが非力な女性ということもあり、停止すると「重たい」「サドルが高くて傾く。ゆえに倒れそうになる」、そして、立ちごけしてしまい、重いが故に起こせないといったエピソードを読むことができます。

トリシティ125・155・300の買取相場は?どこで売る?

下記のページでは、ヤマハ トリシティ125・155・300の買取相場をまとめております。

また実際にトリシティ125・155・300を売った方の口コミやどこが高く売れるのか、おすすめの買取業者も紹介しております。

トリシティ125・155・300を所有しており、売却を検討している方は、是非、参考にしてみてください。

125ccでオススメの原付バイクは何?14人にアンケート調査

下記のページでは、125ccでオススメの原付バイクは何か、14人にアンケート調査を実施しております。

125ccの原付バイクの購入を検討している方は、是非、参考にしてみてください。

125ccの原付二種の1年間の維持費をシミュレーション

下記のページでは、125ccの原付二種の1年間の維持費をシミュレーションしました。

トリシティ125の購入を検討している方は、是非、チェックしてみてください。

150ccバイク・スクーターの維持費とメリット・デメリット

下記のページでは、150ccバイク・スクーターの維持費とメリット・デメリットを紹介しております。

トリシティ155の購入を検討している方は、是非、チェックしてみてください。