ヤマハ・YZF-R1のレビュー!乗りにくい場面もある

ヤマハ・YZF-R1のレビュー!乗りにくい場面もあるバイクのインプレ

ヤマハ・YZF-R1のレビューです。

この投稿をしてくれたのは、東京都千代田区在住の39歳の男性です。

YZF-R1のレビューですが、乗りにくい場面もあるようです。

このレビュー以外にも、下記の投稿もありますので、そちらもあわせて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ヤマハ・YZF-R1のレビュー!乗りにくい場面もある

 性別 男性
 年齢39歳
身長171cm
 住所東京都千代田区
 車種YZF-R1(ヤマハ)
バイクの色ブラック
排気量997cc
 年式2011年式
シート高835mm
車体重量(装備重量)212kg
エンジンタイプ水冷4ストローク・直列4気筒DOHC4バルブ
燃料タンク容量18.0リットル

なぜ、そのバイクを購入しようと思ったのですか?

友人が、ヤマハの大型バイク好きがいて、その人がYZF-R6を購入するということだったので、お願いして、下取り価格で譲ってもらいました。

昔から乗りたいとは思っていたのですが、高級過ぎて、手に入らず、棚からぼた餅でした。

足つきはどうでしたか?

身長171cmの私でも片足のみでした。

両足だと、爪先のみの感じで、バレリーナみたいな感じになっていました。

お尻をずらして、片足をベタっとつける感じですね。

燃費はどうでしたか?

町乗りでの、燃費は9km/Lくらいでした。

憧れのスーパースポーツなので、燃費は気にせず、気の向くままにアクセルをあてていました。

ロングツーリングで高速を使えば、11km/Lくらいは行ったと思います。

維持費はどうでしたか?

維持費は保険で1年間24000円くらいです。

ガソリンは一月4000円だったので、年間48000円です。

駐車場は寮だったので、一月5000円で、年間60000円、車検とカスタム積み立てで、一月5000円の年間60000円。

トータルで192000円です。

故障は多かったですか?

故障は、オルタネーターが壊れました。

YZF-R1はバッテリーからオルタネーターを動かし、充電すると言う方式ではなく、オルタネーターを動かし、バッテリーに充電するそうで、オルタネーターが壊れると、エンジンが突然切れます。

アクセルをあてても、ブモモモ~っと言う感じで、エンジンオフとなったので、焼き付き現象かと思うほど、焦りましたが、オルタネーターでした。

バイク屋からはYZF-R1はたまに、このトラブルがあると言われました。

積載性はどうでしたか?

積載量は書類のみです。

シート下もリアカウルも極少量のスペースしかありません。

乗り心地はどうでしたか?

町乗りは、前傾が続くので辛いです。

ロングツーリングは前傾で負担が手首に行き、手先が痺れてきます。

また、シートにクッション性がほとんどないので、お尻が痛くなります。

除圧しようとしても、基本前傾なので、手放しでないと、立てません。

しかも夏場はハイパワーのエンジンだけに、熱の放出量がかなりあります。都心の渋滞に巻き込まれたら、路肩にでも、停めてエンジンの温度が下がるのを待つしかありません。

ファンは廻るのですが、効果的な冷却にはつながりませんでした。

エンジン性能はどうでしたか?

高回転の伸びが良い感じですね。

逆輸入車のフルパワーだったので、バルブが全開になってるっと思うほど、吹け上がりが、良かったです。

走行性能はどうでしたか?

スーパースポーツなので、小回りは、得意な車両ではありません。

町中で、急に道を間違えて、反転しなければいけないときは、かなりドキドキです。

足がしっかりと、とどいていないのもありますが、バランスを崩すと、ハンドルの打角も小さいので転倒してしまいます。

コーナーにおいても、高速コーナーは、ゆとりがある感じで、インに切り込み、アウトで抜けるパフォーマンスを発揮できます。

しかし、峠道のコーナーでは、エンジンがハイパワーすぎて、低速の高回転ではギクシャクしてしまう印象が強いです。

このマシンは、高速や、緩やかなドライブウェイが向いていると感じます。

取り回しはどうでしたか?

取り回しは、悪いですね。

ハンドルも低く、打角も小さいので、表記されている重量より、はるかに重く感じます。

車両に股がった状態で、バイクを後方に下げるのは、身長やかなりの、パワーがないと難しいですね。

慣れれば、片手をハンドル、片手をリアシートにあてて、上手く動かすことが出来ます。

長期ツーリングの快適さ

長期ツーリングに行ったときの感想ですが、まず荷物を積む場所が、限りなく小さい。

ツーリングネットを使用しましたが、荷掛フックをつける場所がなく、後ろのステップと、マフラーのステーを利用しつけました。

基本姿勢が、前傾となるので、長く運転していると、振動と疲労で手首に痛みがでたり、しびれがでたりしました。

シートも薄いのでおしりも、かなり痛くなります。

しかし、ロングツーリングの高速走行では、驚くほど、鋭い加速を生み出します。

パーキングエリアで珈琲を飲んでも、あっという間、ツーリングパートナーのもとにおいつきます。

そのバイクの良かったところ(魅力)はどこですか?

YZF-R1の魅力は、スーパースポーツの貫禄と、ハイパワーであること、見た目がシャープで、カッコいいし、マフラーの爆音がお気に入りです。

そのバイクの悪かったところ(欠点)はどこですか?

悪かったところは、峠道においては上手くパワーを使えずに、円滑な走りが出来ないとこと、予想外のパーツが故障してしまうことです。

あとは気に入っています。

このページを読んでいる人にオススメの記事

タイトルとURLをコピーしました