アメリカンバイクの買取・査定で少しでも高く売る方法

アメリカンバイク クルーザー

アメリカンバイクの買取・査定で、少しでも高く売る方法を紹介します。

アメリカンバイクとは

モニュメントバレー ハーレーダビッドソン Kultourし自転車バイク旅行

アメリカンバイクとは、1930年~1960年代初期までにハーレーダビッドソン、インディアン、ヘンダーソンによって製造されたオートバイのスタイルです。

アメリカで生まれたスタイルなので、日本ではアメリカンバイクと言います。

アメリカンバイクは、アメリカの国土を走行する造りとなっており、広いストーレートな道路をゆっくりと進むことができるようにエンジンや車体が製造されています。

そのため、アメリカではクルーザー(巡行)と呼ばれています。

車高が低く、ハンドルが高い特徴があります。

国内メーカーでは、以下のようなアメリカンバイクが販売されてきました。

カワサキ

  • AV50
  • EN400
  • エリミネーター
  • Z-LTD
  • VZ750
  • バルカン(400/800/1500)

スズキ

  • イントルーダー
  • サベージ
  • デスペラード
  • ブルバード
  • マローダー
  • GZ
  • GSX
  • GN(50/80/125/250/400)

ホンダ

  • NV
  • X4
  • CM
  • CTX700/1300
  • NM4-01/NM4-02
  • CB650LC
  • VT1300CR
  • VTX
  • ジャズ
  • シャドウ
  • スティード
  • ダックス
  • 250T
  • マグナ
  • レブル
  • ワルキューレ
  • ファントム

ヤマハ

  • TY
  • RX
  • SR
  • XJ650スペシャル
  • XS250スペシャル
  • TDM900A
  • XVS950A
  • XV1600ロードスター
  • XV1700ロードスター
  • ドラッグスター
  • ビラーゴ
  • V-Star
  • VMAX
  • ボルト
  • ミッドナイトスター
  • ロイヤルスター

輸入車では、以下が有名なアメリカンバイクです。

ハーレーダビッドソン

  • スポーツスター
  • ソフテイル
  • ダイナ
  • VRSC
  • ストリート

ボスホス

  • LS445

BMW

  • R1200C
  • R1200Cアバンギャルド

トライアンフ

  • アメリカLT
  • サンダーバード
  • サンダーバードコマンダー
  • スピードマスター

モト・グッツィ

  • カリフォルニア・ジャッカル
  • カリフォルニアSP
  • カリフォルニアストーン
  • ネバダ クラシック

アプリリア

  • クラシック50
  • サルーテ

DAELIM

  • ディスター

HYOSOUNG

  • GV250

プロト

  • ロッドポッパー

インディアン

  • スカウト
  • スプリングフィールド
  • チーフクラシック
  • チーフダークホース
  • チーフテン
  • チーフデラックス
  • チーフビンテージ
  • チーフロードマスター

クリーフランド

  • ヘイスト

ヴィクトリー

  • BOARDWALK
  • GUNNER
  • HAMMER SPORT
  • JUDGE
  • MAGNUM
  • VEGA 8 BALL

サクソン

  • リーパー

アメリカンバイクの買取・査定のポイント

人 梨 電球 太陽 太陽エネルギー 光 原子力廃止 黄色 電力需要 電力生産 太陽電池

アメリカンバイクは、どこで売るのかで差が付きやすいタイプのバイクです。

というのも、多くのアメリカンバイクはカスタムされ、純正であることが珍しいからです。

マフラー、フロント・リアフェンダー、ヘッドライト、ウィンカー、テールランプ、塗装など、カスタムされていることが多いです。

そうなってくると、多くの買取業者では査定金額が低くなってしまいます。

ただし、純正パーツが残っている場合は別です。

アメリカンバイクを売る時に、その純正パーツも付ければ、カスタム前の査定金額が下がる前の金額で買取してもらえます。

またアメリカンバイクは、売値が違いますので、中型よりも大型の方が買取金額が高いのは当然ですが、その分、どこで売るのかで結構な差が出ます。

数万円単位ではなく、10万円単位で買取金額が違うなんてこともあり得ます。

逆にマグナ50のような小型のアメリカンバイクは、どこに売却してもそこまで差は付きません。

しかしながら、1万円単位で差が出る可能性はあるので、慎重に売却先を決める必要があります。

慎重にと言いましたが、実際に査定してもらわないと、どこが一番高く買取してくれるのかはわかりません。

ですので、慎重になるのは無料の査定を受けた後でということです。

どこの買取業者に査定すればいいのかは、下記に記載しますので、是非、参考にしてみてください。

アメリカンバイクを売るならオススメの買取業者

バイク王

バイク王 公式ホームページ

アメリカンバイクを売るなら、まずはバイク王で査定してもらうのがオススメです。

特に中型・大型のアメリカンバイクを売るのであれば、必ず候補に入れましょう。

やはり、業界最大手で資金力がありますので、上限値が高いですし、安心して査定を依頼できます。

ただし、小型のアメリカンの買取となると、あまりオススメはできません。

というのも、バイク王の口コミ・評判のページを読んで頂ければわかりますが、125cc以下の査定金額の満足度はあまり高くありません。

バイク王が買取で力を入れているのは、中型以上のバイクです。

なぜなら、いくら売値が安いバイクを買取してもあまり売上が上がらないからです。

バイク王ほどの大手だと、単価が高いバイクを買取して、それを売った方が効率がいいのです。

ですので、あなたの愛車が中型・大型以上のアメリカンバイクであるなら、迷わずバイク王で査定してもらいましょう。

口コミ・評判

バイク王の買取・査定の口コミ・評判(18人)と店舗一覧

公式ホームページ

バイク王

バイク買取専門店バイクワン

バイクワン 公式ホームページ

バイクワンは、カスタムや改造車でも評価してくれるバイクの買取専門店です。

ですので、あなたのアメリカンバイクがカスタムされているのであれば、バイクワンも候補に入れましょう。

しかしながら、カスタムされたバイクは、実際に査定員に見てもらわないとその価値がわからないことがほとんどです。

バイクワンは、ネットで自動査定というシステムがあり、その場で相場がわかるのですが、その金額を鵜呑みにしてはいけません。

必ず実車を直接、見てもらい査定してもらわないと、いくらで売れるのかはわかりません。

もちろん、出張査定に来てもらった後でも買取のキャンセルは可能ですので、まずは査定してもらうことをオススメします。

バイク王との同時の出張査定を依頼すれば、どちらかを断るのに気が楽かもしれません。

口コミ・評判

バイクワンの買取・査定の口コミ・評判(2人)と店舗一覧

公式ホームページ

バイク買取専門店バイクワン

バイクボーイ

バイクボーイはテレビCMなどもやっているのですが、関西中心のため、知らない人も多いかもしれません。

ですが、カスタムされたアメリカンバイクを売るのであれば、かなりオススメの買取業者です。

またハーレーダビッドソンの高価買取キャンペーンを実施していますので、ハーレーを売りたいのであれば、必ず査定の候補に入れましょう。

ただし、これはどこの買取業者にも言えることですが、1社だけに査定を依頼するのはオススメしません。

やはり、3社ぐらいは査定を依頼するべきです。

そこで最も高値を付けてくれた業者に売れば、納得の買取金額でアメリカンバイクを売ることができます。

公式ホームページ

バイクボーイ

アメリカンバイクの買取・査定した体験談

カギをなくしたXV125ビラーゴを8万円の売値でバイク王で買取

今回、カギをなくしたXV125ビラーゴをバイク王で買取してもらった体験談を提供してくれたのは、大阪市在住の男性です。

結婚して、子供ができて、乗る機会が減少したことで売る決心をしました。

バイク王に出張査定に来てもらい、交渉の末、売値は8万円だったようです。

ビラーゴは、ヤハマが製造・販売していたアメリカンバイクで、ビラーゴの意味は「口やかましい女」です。


ヤマハ・ビラーゴ250をバイク王に査定に来てもらい売却

ヤマハ・ビラーゴ250をバイク王に査定に来てもらい売却した男性の体験談です。

バイクは、黒色、走行距離は7万キロ程、平成20年前後のヤマハ・ビラーゴ250です。

いくらの査定金額になったのでしょうか。


中古で購入したXV250ビラーゴをバイク屋に売る体験談

今回、中古で購入したXV250ビラーゴをバイク屋に売る体験談を提供してくれたのは、静岡浜松市在住の24歳の男性です。

売ったバイクは、赤色、走行距離は5万キロ程、1992年式のヤマハ・ビラーゴ250です。


動かないビラーゴをバイク王と比較してレッドバロンで買取

今回、動かないビラーゴをバイク王と比較してレッドバロンに買取に出した体験談を提供してくれたのは、埼玉県川越市在住の35歳の女性です。

今(現在、2017年9月)から10年ほど前の話ということで、状況は現在とは異なります。

ですので、参考程度に話を読んで頂けたらと思います。


ドラッグスター250の買取|3社の査定で17万円で売る

今回、ドラッグスター250を3社に査定してもらい17万円で買取してもらった体験談を提供してくれたのは、広島県広島市在住の24歳の女性です。

買取に出したのは、色は黒、走行距離は1.5万キロ、年式は2008年式のヤマハ・ドラッグスター250です。

ドラッグスターはヤマハ製造の代表的なアメリカンバイクでしたが、自動車排出ガス規制強化により、2017年8月で生産が終了しました。


中古で買ったドラッグスター400を0円の価格で買い取り

今回、中古で買ったドラッグスター400を0円の価格で買い取りに出した体験談を提供してくれたのは、神奈川県中郡在住の29歳の男性です。

買い取りに出したのは、色は黒、走行距離は6.9万キロ、年式は1999年式、アメリカンのヤマハ・ドラッグスター400です。


錆付いたドラッグスター400を査定!買取金額は5万円!

錆付いたドラッグスター400を買取・査定に出した男性の体験談です。

買取金額は5万円で、売却後に、「やはり、売らなければよかった」と後悔もあるようです。

ですので、あなたもバイクの売却を考えているのであれば、納得できる値段を付けてくれた業者に売るべきです。


ヤマハ・ドラッグスター400をレッドバロンで下取り

ヤマハ・ドラッグスター400をレッドバロンで下取りに出した体験談です。

提示された買取金額には、最初は納得できなかったようですが、営業を受けバイクを売却することに納得したようです。


ドラッグスターをバイク王でクーリングオフ後レッドバロンで売却

ドラッグスターをバイク王でクーリングオフ後、レッドバロンで売却した女性の体験談です。

売却したのは、色はホワイト、走行距離は12,088キロ、年式は2002年式、型式はBA-VG02Jの中古でレッドバロンで購入したXVS250ドラッグスターです。


マグナ50を一括査定を使って、バイク王で買取してもらった

マグナ50を一括査定を使って、バイク王で買取してもらった男性の体験談です。
沖縄県那覇市在住の男性です。

マグナ50からドラッグスター1100クラシックに乗り換えのため、売却することを決めたようです。


Vツインマグナ(250cc)を買取業者に売却した体験談

今回、Vツインマグナ(250cc)を買取業者に売却した体験談を提供してくれたのは、大阪府堺市中区在住の43歳の男性です。

売却したのは、色はシルバー、走行距離は4万キロ程のホンダ・Vツインマグナです。

マグナは、ホンダが製造・販売していたアメリカンバイクです。


バイク王とレッドバロンでスティード400を査定!売却へ!

バイク王とレッドバロンの2社でスティード400を査定してもらい、売却した体験談です。

2社に査定してもらうことで、プラス3万円の値段を付けてもらえたようです。


スティード400をバイク王で5万円の買取金額で売る

今回、スティード400をバイク王で5万円の買取金額で売る体験談を提供してくれたのは、千葉県野田市在住の20歳の男性です。

売ったのは、色は黒色で、走行距離は不明(1〜2万km)、年式は90年代後半のホンダ・スティード400です。

スティードは、ホンダが製造・販売していたアメリカンで、スティードは「軍馬」を意味します。


ゲオバイク(バイクランド)でシャドウファントム750を買取・査定

今回、ゲオバイク(現在のバイクランド)でシャドウファントム750を買取・査定した体験談を提供してくれたのは、東京都練馬区在住の38歳の男性です。

買取・査定に出したのは、色はグラファイトブラック、走行距離はおよそ1万キロ、大型アメリカンタイプのホンダ・シャドウファントム750です。


スズキ・イントルーダー400の購入から買取・査定までの話

スズキ・イントルーダー400の購入から買取・査定までの話です。

スズキ・イントルーダー400の購入を検討している人から売却したい人まで、参考になると話だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする