PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイクツーリングにおすすめのアプリ17選!無料から有料まで

バイク 乗る エンジン オートバイ 速度 ドイツ ツーリング
当サイトの一部コンテンツ内にはプロモーションが含まれており、収益はサイト運営に役立てております。
translate

このページでは、バイクツーリングにおすすめのアプリを紹介しております。

目的別にまとめておりますので、まだダウンロードしていないアプリがある場合、是非、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

バイクツーリングにおすすめのナビアプリ3選

Googleマップ(無料)

まずはナビアプリとしても使われることが多いGoogleマップです。

Googleマップには、以下のような機能が備わっています。

ストリートビュー

ストリートビューとは、文字通り、通りの眺望を意味し、地図だけでなく、写真で指定した場所の様子を見ることができる機能です。

上記は、山口県下関市にある角島に行ける角島大橋(つのしまおおはし)のストリートビューです。

こんな感じでアプリ上でも見られるので、方向音痴で地図を読むのが苦手な方にも便利です。

マイマップ

マイマップとは、ツーリング前に目的地までのルートやメモを保存できる機能です。

この機能のすごいところは、一緒にツーリングに行く人と共有して、同時編集も可能な点です。

マイマップを作成、編集するためにはアプリではなく、ウェブブラウザを開く必要がありますので、その点は注意が必要です。

ロケーション履歴

ロケーション履歴とは、バイクで通った道を記録する機能です。

バイクツーリングの思い出を残したり、記録できたりします。

現在地を共有

現在地を共有とは、あらかじめ登録したツーリング仲間の位置を共有できる機能です。

バイクツーリングでは、交通状況によってははぐれたりしてしまうこともありますので、そんな時に便利な機能です。

交通状況

交通状況では、道路の渋滞状況がわかります。

渋滞している道路があれば、その道を避けてツーリングできますので便利です。

地域の注目スポットを検索

地域の注目スポットを検索では、レストラン、カフェ、観光スポット、ラーメン屋、ホテル、駐車場、ATMなどを調べられます。

ツーリング途中での休憩場所や観光したい時にも便利な機能です。

混雑する時間帯

飲食店などでは、混雑する時間帯も調べることができます。

ツーリングで食事する時間があまりない場合や並びたくない人には便利な機能です。

ダウンロードしたエリアをオフラインで見る

通常、Googleマップはオンライン上で見るのですが、あらかじめダウンロードすることでオフラインで地図を見ることもできます。

電波が悪い山奥にツーリング予定の方やデータ通信量が少ないユーザーなどは重宝する機能です。

まとめ

Googleマップには、上記以外にも数多くの機能があり、無料で使うことができます。

ですので、バイクツーリングにおいても必須のナビアプリと言えます。

Yahoo!カーナビ(無料)

Googleマップ同様に、ツーリングのナビアプリとして利用している人が多いのが、このYahoo!カーナビです。

機能的にはGoogleマップに似ていますが、こちらの方がデータ通信量が多いため、毎月のギガ不足に悩んでいる方はGoogleマップの方がおすすめです。

ただし、どちらもそこまで通信量が多い訳ではないため、頻繁にツーリングに行く方でなければ、そこまで気にする必要はありません。

案内がYahoo!カーナビの方がわかりやすいと感じている人も多く、目的地までの時間も正確なため、愛用者も多いです。

ただし、どちらが使いやすいと感じるかは、人それぞれですので、まだナビアプリを使ったことがないという方は、両方使ってみるのがおすすめです。

ツーリングサポーター(有料)

ツーリングサポーターは、GoogleマップやYahoo!カーナビと違い、バイク専用のナビアプリです。

無料版もありますが、ナビアプリとして使うには有料版を使うしかありません。

無料版でできるのは、ツーリングロードを検索したり、かなり限られた機能だけです。

そのため、ツーリングサポーターを使う場合は、有料版にしましょう。

ツーリングサポーターはバイク専用のナビアプリと言いますが、GoogleマップやYahoo!カーナビと何が違うのでしょうか?

一つは、原付二種以上の車種区分に対応していることです。

この機能があることで、例えば、125ccの原付二種の場合、自動車専用道路の走行をしないで済みます。

またおすすめのツーリングロードが写真付きで紹介してあるのも、バイク乗りにとっては有難いポイントです。

それと、オービス・取り締まり情報の通知やガソリン金額のリアルタイム情報も表示されるので、そこをメリットと感じている人も多いです。

バイクツーリングにおすすめの天気アプリ2選

Yahoo!天気(無料)

無料で使えて、様々な情報が網羅されているのが、このYahoo!天気です。

シンプルで使いやすく、1時間ごとの天気も明後日まで表示されます。

バイク乗りにとって必要な雨雲レーダーは、1時間先までは5分ごとに、それより先は15時間先まで1時間ごとに表示されます。

ただし、15時間先まで見るにはYahoo!JAPANにアカウントを作り、ログインする必要があるのは注意が必要です。

ウェザーニュース(無料・有料)

ウェザーニュースは、世界最大級の気象専門会社が運営する天気アプリです。

予報精度や機能面などを考えると、最もおすすめな天気アプリです。

バイク乗りにとって必須な雨雲レーダー機能も1時間先までは5分ごととYahoo!天気と同じですが、1時間より先でも10分刻みで表示されます。

しかも、予想期間が30時間とYAHOO!天気の2倍となっております。

ただし、無料で使えるのは3時間までの雨雲レーダーですので、機能をフルで使うためには有料会員(月額360円)になる必要があります。

最初の3ヵ月は月額50円のお試し期間がありますので、ウェザーニュースの有料会員の機能が少しでも気になる方は、是非、お試ししてみてください。

※有料会員は、雨雲レーダーの予測以外にも、様々な機能があります。

バイクツーリングにおすすめの便利アプリ12選

gogo.gs(無料)

gogo.gsは、ガソリン価格比較アプリです。

位置情報から周辺にあるガソリンスタンドが表示され、近い順や安い順に並び変えることもできるため、近くて、安いガソリンスタンドを探すのに便利です。

また、地名を指定の検索やENEOSやESSOなどのブランド指定や24時間営業の店舗を指定することもできます。

ガソリンは長く走れば走るほど必要になり、1リットルあたり1円~5円の差であっても、合計金額はかなり違ってきます。

地元であれば、どこが安いのかというのはある程度知っているかもしれませんが、ツーリング先ではわからないことも多いと思いますので、gogo.gsを利用して、ガソリン代を節約しましょう。

道の駅アプリ徹底ガイド(無料)

道の駅アプリ徹底ガイドでは、マップで近くの道の駅を探せたり、訪問した道の駅にメモを残せたりします。

バイクツーリングでは、少なくとも1~2時間に一度は休憩した方がいいですし、トイレ休憩も必要です。

そんな時に道の駅は、とても便利です。

自転車・バイク駐車場 情報共有MAPくん(無料)

自転車・バイク駐車場 情報共有MAPくんは、アプリ使用者の間で自転車・バイクの駐車場を共有できるアプリです。

バイクだけでなく、自転車の文字もありますが、絞込み検索で自転車、原付、自動二輪に分けて探すこともできますので便利です。

また情報共有と名前が付いているだけあって、自分で情報を修正したり、その駐車場のコメントを投稿することもできます。

ツーリング先での駐車場を探す方法は他にもありますので、興味のある方は、下記のページもチェックしてみてください。

ROADSTOCK(無料)

ROADSTOCKは、バイク用のGPSロガーです。

どこの道路をツーリングしたのか、どこで何分の休憩をしたのか、どこに立ち寄ったのかを自動的に記録してくれるアプリです。

また、給油記録やメンテナンス記録も保存できるので、燃費管理やメンテナンス管理にも役立ちます。

詳細は、下記の公式サイトをご覧ください。

※GPSのログを記録しておりますので、バッテリー消費が早いため、モバイルバッテリーは用意しておくようにしましょう。

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 大容量 モバイルバッテリー)【PSE技術基準適合/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 (ブラック)
Anker
¥2,990(2024/05/19 04:53時点)
連続ベストセラー1位:日本、アメリカ等の世界各国で累計600万台以上を販売しているロングセラー製品です。

HondaGO RIDE(ホンダゴー ライド)(無料)

HondaGO RIDE(ホンダゴー ライド)は、「すべてのライダーのためのバイクライフアプリ」ということで、ホンダ以外のバイク乗りにとっても使えるバイクライフのサポートアプリです。

このアプリでできるのは、以下の5点です。

  1. マイバイク
  2. ツーリング
  3. メンテナンスノート
  4. バイクログ
  5. ポイント

1のマイバイクとは、文字通り、愛車の画像、メーカーや車種、車検証の画像、各種保険情報、そして、Honda Dream Owner’s Card会員登録情報を登録できる機能です。

2のツーリングとは、ツーリングプランの作成や記録を付けることができる機能です。

3のメンテナンスノートとは、消耗品の交換や、定期点検などの整備記録を記録、管理できる機能です。

4のバイクログとは、バイクとの思い出をタイムラインで振り返ることができる機能です。

5のポイントとは、アプリ内の機能を使用したり、バイク情報を登録することでポイントが貯まる機能です。

貯まったポイントは、HondaGO BIKE RENTALやライディングギアやアイテムと交換できます。

Relive(無料・有料)

Reliveは、アウトドアトラッカー&3D動画のアプリです。

このアプリを使うことで、ツーリングで走ったルートをスマホのGPS機能を使って追跡し、3Dマップ上をログが走行する動画を作れます。

文字だけだと、何を言っているのかわかりづらいと思いますので、下記の公式動画でイメージを掴んでみてください。

動画を作る機能以外にも、作った動画をSNSなどでもシェアできます。

無料版と有料版があり、有料版はHD画質にできたり、動画の再生速度を変更できたり、いつでも編集できるようになったり、挿入できる音楽が増えたりなど、色々便利になります。

そのため、モトブログをやっているような方は、有料版の方がおすすめです。

価格は月額800円から12ヵ月で4500円(1ヵ月あがり375円)の2つがあります。

温泉クーポン検索ニフティ温泉(無料)

温泉クーポン検索ニフティ温泉は、現在地から近くの温泉施設を探せるアプリです。

旅館の温泉だけでなく、日帰り温泉やスーパー銭湯なども多く掲載されていますので、温泉ツーリングにも最適です。

また、名前にもある通り、クーポンがある温泉施設も多数あります。

絞り込みで、クーポン付きの温泉施設だけも探せるのも便利です。

ロケスマ(無料)

ロケスマとは、コンビニ、カフェ、銀行ATM、日帰り温泉、ガソリンスタンド、ホテル、宿泊施設など、現在地近くにある店舗のピンが地図上に表示されるアプリです。

ツーリング専用という訳ではありませんので、汎用性が高く、旅先で重宝するアプリです。

特にチェーン店の情報が盛りだくさんですので、よく利用する方は、インストールしておくと便利です。

全国キャンプ場マップ・バーベキュー場検索(無料・有料)

全国キャンプ場マップ・バーベキュー場検索は、その名の通り、全国にあるキャンプ場やバーベキュー場を探せるアプリです。

GPS検索機能もありますので、ツーリング先で近くのキャンプ場を探したりする時に便利です。

無料・有料とありますが、有料にしても広告が消えるだけですので、十分に無料で利用できます。

高速.jp(無料)

高速.jpは、高速料金がひと目で分かるアプリです。

ですので、バイクツーリングで高速道路を利用する方に便利なアプリです。

車種選択も可能で、「軽・二輪」と選択して、出発ICと到着ICを入力すると、高速料金(通常料金・ETC料金)、所要時間、走行距離、最適なルートが表示されます。

また、ICの名前がわからなくても、マップやエリアから検索できるのも便利です。

JAF(無料)

故障時や事故時に対応するために、JAFのアプリもあると便利です。

事前に車両情報をアプリに登録しておけば、いざという時の緊急要請のステップを短くできます。

GPSで位置情報を知らせて、トラブル内容も選択するだけです。

JAFは会員に入会していなくても利用できますが、その場合のロードサービスの費用はかなり高くなってしまいますので、加入がまだの方はまずはJAFに入会しましょう。

※入会には入会金と年会費が必要です。

ダムめぐりガイド(無料・有料)

ダムめぐりガイドは、全国のダムカードを配布しているダムを探せるアプリです。

ダムカードとは、ダムで配布されているカードで、ダムの名前や写真、所在地、貯水量、ダムの型式、ダムの目的などが書かれています。

詳しい説明は、下記の国土交通省の公式サイトを確認してみてください。

このダムカードを目的にバイクツーリングを楽しめます。

また、ダムは大自然の中にあるため、それだけで魅力的なツーリングの場所にもなります。

携帯の電波が届かない場所でもバイクツーリングに使える地図を用意する

上記は携帯の電波が届く時に使えるアプリばかりでしたが、携帯の電波が届かない場所、つまり、「不感地域」でもバイクツーリングに使える地図を用意することは大切です。

さもないと、道に迷ってしまう可能性があります。

一つの方法としては、オフライン使用地図を提供しているMaps.meというアプリを使うことです。

事前にツーリング先の地域の地図をダウンロードする必要があったり、GPS機能でバッテリーの減りが早くなったりとデメリットはあるものの、オフラインでナビ機能が使えるのはありがたいです。

また、Googleマップでもオフライン使用は可能です。

上記のアプリでもいいのですが、一つの懸念点としてはスマホ本体が何かしらの原因で壊れてしまい、ナビが使えなくなることです。

そうなると、オフラインで使えるナビも使えなくなってしまうリスクがあります。

そのデメリットを補ってくれるのは、やはり、デジタルではなくアナログです。

ツーリング先の紙の地図(ツーリングマップル)を持っていくのが安心です。

ツーリングマップルは情報量が多く、バイクツーリングに役立つ情報が多いので、一冊持っていればとても便利です。

スマホナビやアプリの通信量は?おすすめのモバイルWiFi3選!

下記のページでは、スマホナビやアプリのデータ通信量はどれくらいなのかまとめております。

バイクツーリングでスマホナビを使いたいけれど、データ通信量が気になる方は、是非、チェックしてみてください。

また、通信量が不足してギガ不足にならないためのおすすめのモバイルWiFiも紹介しておりますので、是非、参考にしてみてください。

バイク乗りにオススメの便利グッズ!知らないと損!

下記のページでは、バイク乗りにオススメの便利グッズをたくさん紹介しております。

バイクツーリングに便利なグッズも多数紹介しておりますので、是非、チェックしてみてください。

オススメのバイク用スマホホルダー

下記のページでは、オススメのバイク用スマホホルダーを比較しております。

バイクツーリングでナビアプリを使う場合は、スマホホルダーが必要ですので、買い替えやまだ持っていない方は、チェックしてみてください。

バイクでのキャンプツーリングの道具一式

下記のページでは、バイクでのキャンプツーリングの道具一式を紹介しております。

キャンプツーリングをしたことがないけれど、少しでも興味のある方は、是非、チェックしてみてください。

キャンプ道具一式を揃えるといくらぐらい掛かるのかという、予算感も紹介しております。

スポンサーリンク
ツーリング
スポンサーリンク
tasaburoをフォローする