スポンサーリンク
スポンサーリンク

50ccの原付ツーリングの装備や限界距離!旅の注意点

バイクアイテム

このページでは、50ccの原付ツーリングの装備や限界距離、そして原付旅の注意点などを解説したいと思います。

主に50ccの原付で長距離ツーリングを考えている方の何か参考になれば幸いです。

Insta360 ONE X2

最高のバイク用360度カメラInsta360 ONE X2!


バイクツーリングやモトブログ用の360度アクションカメラをお探しの方にオススメです。


超高解像度の5.7Kで、手ブレ補正もバッチリ!


バイク撮影キットを買えば、ハンドルやヘルメット、テールなど、どこでも自由自在に取り付け可能です。

スポンサーリンク

50ccの原付ツーリングの装備

💡【初回限定】Amazonギフト券に5000円以上の現金チャージで一律1000ポイントのキャンペーン!

💡楽天カード・・・楽天市場で利用すると、最低でも4%の楽天ポイントが貯まる※年会費永年無料

💡PayPayカード・・・YAHOO!ショッピングで利用すると、通常ポイントとあわせて2%のPayPayポイントが貯まる※年会費永年無料

パンク修理キット

メルテック パンク修理キット オートバイ~乗用車・4WD車まで 収納ケース付き その他5種セット Meltec ML-331

近所に出かけるのであればパンク修理キットはそこまで必要ないかもしれませんが、長期ツーリングに出かけるのであれば、必須です。

原付旅が長くなればなるほど、パンクの確率は高くなります。

最悪、ロードサービスを使えばパンクの問題は解決できますが、自走できれば近くのバイク用品店やガソリンスタンドに行くこともできます。

ですので、パンク修理キットはあった方が便利です。

【Amazon.co.jp 限定】エーモン(amon) エアゲージ(ラバープロテクト付) 最大測定値500kPa レッド 4980(同等品6782)
エーモン(amon)
¥1,668(2022/12/17 15:01時点)
・側面衝撃を緩和するラバープロテクト ・測定値互換表付き(kgf/cm2:kPa) ・タイヤの空気圧測定・日常点検に ・測定値が保持されるので目盛りを読みやすい
Reesibi 電動 空気入れ 電動エアーポンプ 自動車タイヤエアーポンプ 自転車空気入れ コードレス充電式 エアコンプレッサー 携帯ポンプ スマートポンプ タイヤ空気入れ 充電式 自動停止 空気抜き機能 ホースコネクター収納機能 LED懐中ライト パワー・バンク搭載 最大圧力120PSI 小型携帯便利 空気圧指定可能 LCDデジタル表示 車/ロードバイク/ボール/浮き輪/バイク/クロスバイク対応 米式 / 仏式バルブ対応 日本語取扱説明書付き
Reesibi
¥5,880(2022/12/17 15:01時点)
【小型軽量&4種単位換算】サイズは3.8*6*15.2cm、小さくてのデザイン、重さは400gのみ、軽量の携帯式タイヤ空気入れです。★★★付属のホースがホースコネクター収納穴に入っています。小型なので、女性一人でも片手で使えて、使いやすくてとても便利です、アウトドアへ行く時軽量で持ち良いです。4種の空気圧単位「PSI」「BAR」「KPA」「kg /cm²」を表示,お好みの単位を選択して快適に空気入れしましょう。様々なものに簡単に空気を入れ、非常に便利です! ★★★それぞれのモードで、空気圧の指定値に想定を超えた異常な数値が入る事がまれにあり、それが原因で「E02エラー」となる可能性があります。この時は全てのモードの設定値を、一度全て0に設定することで問題が解決します。
ホルツ パンク修理剤 タイヤウェルド (小) ミニバイク&自転車兼用 Holts MH701
Holts(ホルツ)
¥2,250(2022/12/17 19:52時点)
タイヤも同時にふくらみます。★パンクしたその場で直せる!

サイドバッグ

kemimoto バイク バッグ 汎用 サイドバッグ 装着簡単 スクーター 原付 ツーリングバッグ 撥水 反射テープ付き バイク用 サイドバッグ 耐久性 オートバイ 振り分け バック キャンプツーリング アウトドア 収納 ブラウン

原付ツーリングで1日出かけるぐらいであればリュックサックでいいかもしれませんが、何日も、何週間も旅に出る場合は、サイドバッグ、もしくはトップケースなどがあれば、肩負担を掛けないで済みますので、疲れにくいです。

kemimoto バイク バッグ 汎用 サイドバッグ 装着簡単 スクーター 原付 ツーリングバッグ 撥水 反射テープ付き バイク用 サイドバッグ 耐久性 オートバイ 振り分け バック キャンプツーリング アウトドア 収納 ブラウン
kemimoto
¥5,530(2022/02/24 06:51時点)
【コスパ!!】1.本体は900Dオックスフォード生地を採用し、耐久性に優れ、色落ちにくくなります。2.プラスチックのバッグ用底板でバッグ自体は形を保つことができ、。別途でブラケットをご購入必要はなくて、使い勝手向上し、キャンプツーリング用の重い用具などを入れても底が裂けません。3.リフレクターが付き、夜間に被視認性が高められ、より安全保障できます。

ツーリングネット

ツーリングネットもあると、何かと便利です。

サイドバッグに入らない荷物や旅先でのお土産などの積載もできます。

バイク用ネット・コード・フックの売れ筋ランキング

レインウェア

原付で旅に出ると、どうしても雨の日もあります。

そのような日は、走行しないという方法もありますが、突然の雨にはどうしても対処しきれません。

そこで、耐水圧が高いレインウェアが原付ツーリングの装備としては必要不可欠だと言えます。

いつもポンチョ型のレインコート、いわゆるカッパを原付の走行では使っている人も、しっかりとしたレインウェアを購入するのをオススメします。

グローブ

原付の運転にグローブは必須です。

グローブなしでは、事故に遭った時に手のひらがズタボロになってしまいます。

原付ツーリングのグローブはどのようなものがいいかですが、スマホのタッチパネルに対応しているのがオススメです。

スマホのタッチパネルに対応していれば、スマホで地図を見る時に便利です。

また、素材ですが、夏などの厚い時期であればメッシュ製の通気性の良いグローブ、冬であればネオプレンやゴアテックスなどが防寒・防風性に優れています。

春や秋であれば本革やナイロンなどでも良いと思います。

バイク用グローブは、本当に色々な種類があり、国内外の色々なメーカーが出していますので、選ぶのが楽しいです。

プロテクター

原付は最高速度が時速30kmまでしか出してはいけませんが、それでも、交通事故に遭った際は、すごい衝撃があります。

そのため、プロテクターはあった方がいいです。

特に原付旅の場合は、長い距離を走ると思いますので、その分、事故に遭う確率も高くなります。

慣れない道も通りますので、余計にプロテクターはあった方がいいです。

バイク用プロテクターの売れ筋ランキング

ツーリングマップル

ツーリングマップルも原付旅の持ち物として、バッグに入れておいた方が安心です。

というのも、今はスマホで地図を見られますが、バッテリー切れや電波が届かない場所に行く時に困るからです。

ツーリングマップルは、以下の7つの地域に分けて発行されていますので、行く場所のは持っていきたいところです。

  • 北海道
  • 東北
  • 関東甲信越
  • 中部 北陸
  • 関西
  • 中国 四国
  • 九州 沖縄

Amazonでのツーリングマップルの検索結果

スマホホルダー

原付にスマホホルダーを付ければ、止まるたびにポケットや鞄からスマホを取り出してみる必要がないため、とても便利です。

スマホをナビ代わりに使う場合は、特にあった方がいいです。

モバイルバッテリー

Anker PowerCore Essential 20000 (モバイルバッテリー 20000mAh) 【USB-C入力ポート/PSE技術基準適合/PowerIQ/低電流モード搭載】 iPhone iPad Android 各種対応 (ブラック)

モバイルバッテリーはスマホをナビ代わりに使っている方には必須です。

また、スマホをナビ代わりに使っていなくても、原付ツーリングではスマホを何かしら、よく使いますので、バッテリーがすぐに切れてしまいます。

そのため、モバイルバッテリーは持っておいた方がいいでしょう。

しかも、念のために超大容量で、何回も充電できるのがオススメです。

Anker PowerCore Essential 20000 (モバイルバッテリー 20000mAh) 【USB-C入力ポート/PSE技術基準適合/PowerIQ/低電流モード搭載】 iPhone iPad Android 各種対応 (ブラック)
Anker
¥4,990(2022/12/17 19:52時点)
超大容量:20000mAhの超大容量で、iPhone 14を4回以上、Galaxy S22を約3回、iPad mini 5を2回以上満充電することができます。緊急災害対策用としても最適です。

原付旅に出るなら任意保険への加入も忘れずに!

バイク保険一括見積もり窓口

原付旅に出るなら任意保険への加入も忘れずにしましょう。

原付旅というのは、ただ長い距離を走るだけでなく、普段は知り慣れていない道を走るため、事故の確率が上がります。

その時に自賠責保険だけでは、心許ないです。

万が一のリスクに備えて、任意保険に加入しましょう。

どこの任意保険がいいのかは、加入する人の条件や付けたい補償内容によって異なりますので、一概には言えません。

ですので、おすすめはインズウェブのようなバイク保険の一括見積もりで、複数の保険会社を比較することです。

そうすれば、同じ補償内容でどこが安いのかがわかり、便利です。

バイク保険一括見積もり

Amazonでのバイク用品ランキング

下記はAmazonでのバイク用品の売れ筋ランキングとなっております。

欲しいバイク用品がないか、是非、探してみてください。

スマホでご覧の方は、左右にスワイプすることで1位から20位までのバイク用品ランキングを見られます。

また、バイク用品の種類も左右にスワイプすることで「バイクアクセサリ」、「ウェア・プロテクション」、「バッグ・ケース」、「ヘルメット」、「工具・メンテナンス」と出てきますので、チェックしてみてください。

また、データ生成が上手くできずに発売日が異なるバイク用品がありますので、詳細はAmazonのページをご覧ください。

  • バイクアクセサリ
  • ウェア・プロテクション
  • バッグ・ケース
  • ヘルメット
  • 工具・メンテナンス
  1. マウントステー・ホルダー
  2. 車体カバー
  3. バイク用通信機器
  4. バイク用通信機器
  5. バイク用通信機器
  6. マウントステー・ホルダー
  7. バイク用ETC・アクセサリ
  8. マウントステー・ホルダー
  9. バイク用ロック
  10. 車体カバー
  11. ドライブレコーダー
  12. 車体カバー
  13. バイク用ロック
  14. マウントステー・ホルダー
  15. 車体カバー
  16. ドリンクホルダー
  17. バイク用通信機器
  18. ハイドレーションバッグ
  19. バイク用通信機器
  20. バイク用通信機器
  1. グローブ
  2. グローブ
  3. レインジャケット・スーツ
  4. シューズカバー
  5. ひざすねプロテクター
  6. 胸部プロテクター
  7. レインジャケット・スーツ
  8. パンツ
  9. 胸部プロテクター
  10. 胸部プロテクター
  11. グローブ
  12. グローブ
  13. ジャケット
  14. グローブ
  15. ブーツカバー
  16. ジャケット
  17. フットウェア
  18. トップス
  19. パンツインナープロテクター
  1. バッグレインカバー
  2. シートバッグ
  3. シートバッグ
  4. ネット・コード・フック
  5. シートバッグ
  6. サイドバッグ・サドルバッグ
  7. サイドバッグ・サドルバッグ
  8. シートバッグ
  9. シートバッグ
  10. ネット・コード・フック
  11. バッグレインカバー
  12. トップケース・リアボックス
  13. ネット・コード・フック
  14. ネット・コード・フック
  15. シートバッグ
  16. シートバッグ
  17. ネット・コード・フック
  18. シートバッグ
  19. トップケース・リアボックス
  20. トップケース・リアボックス
  1. ジェット
  2. 半帽
  3. ジェット
  4. ジェット
  5. システム
  6. フルフェイス
  7. フルフェイス
  8. フルフェイス
  9. ジェット
  10. ジェット
  11. フルフェイス
  12. ジェット
  13. 半帽
  14. フルフェイス
  15. システム
  16. 半帽
  17. 半帽
  18. ジェット
  19. ジェット
  20. 半帽
  1. バイク工具・メンテナンス
  2. バイク工具・メンテナンス
  3. バイク工具・メンテナンス
  4. バイク工具・メンテナンス
  5. バイク工具・メンテナンス
  6. バイク工具・メンテナンス
    発売日 : 2012年12月27日
    価格 : ¥3,945
    新品最安値 :
    ¥3,660
  7. バイク工具・メンテナンス
  8. 防錆剤
  9. バイク工具・メンテナンス
  10. バイク工具・メンテナンス
  11. ペイント・防錆
  12. バイク工具・メンテナンス
  13. バイク工具・メンテナンス
  14. ボンド・接着剤
  15. バイク工具・メンテナンス
  16. バイク工具・メンテナンス
  17. バイク工具・メンテナンス
  18. バイク工具・メンテナンス
  19. エクステリアケア
  20. バイク工具・メンテナンス

50ccの原付ツーリングの1日の限界距離

原付旅

50ccの原付は、時速30kmですので、信号や渋滞などをまったく考えずに、休憩なしで12時間走ったとすると、360kmもの距離を走ることができる計算です。

しかしながら、現実は12時間休憩なしで走るのは無謀ですし、信号や渋滞などを考えると、250km~300kmが1日で行ける限界距離です。

もちろん、それは限界距離であって、最適な距離ではありません。

実際は1日で100km~150kmぐらいで走り、集中力が維持できるぐらいにするべきです。

もちろん、十分な休息も取り、安全で快適な原付ツーリングを楽しみましょう。

原付旅の注意点

季節

原付旅の注意点として、まず季節が挙げられます。

12月~2月の真冬は寒すぎて、よっぽど冬の温泉に入りたいだとか、その期間にしか休みが取れないだとか、しっかりとした目的や理由がない限りやめた方がいいです。

また梅雨に入る6月~7月も最適とは言えません。

やはり、原付で雨の中走るのは危険ですし、快適性もなく、景色なども楽しめません。

ということで、原付旅に出るとしたら、3月~6月の梅雨入り前か、梅雨明けの7月下旬から11月頃がオススメです。

制限速度は時速30km

原付の法定最高速度は時速30kmです。

ゆっくり走って、原付旅ならではのツーリングを楽しみましょう。

原付の速度超過には、当然、違反点数や反則金・罰金がありますし、何より、死亡率が上がります。

下記のページでは、原付の速度超過の違反点数や反則金・罰金や危険認知速度別死亡事故率についても解説しておりますので、是非、チェックしてみてください。

二段階右折

原付旅の注意点として、二段階右折の存在もあります。

二段階右折は信号がある交差点で、同じ方向に3つ以上の車線がある場合は原則する必要があります。

詳しくは、下記のページで解説しておりますので、そちらも併せてご覧ください。

積載量に注意

50cc以下の原付は最大積載量が30kgと50cc超のバイクと比較して、半分しかありません。(50cc超のバイクは60kg)

そのため、運べる荷物の量が少ないです。

なるべく重たい荷物は持たないようにして、原付旅を楽しみましょう。

服装

原付ツーリングだからといって、軽装はダメです。

長袖長ズボンは基本で、靴はくるぶしが隠れるハイカットのスニーカーブーツライディングシューズがオススメです。

と言っても、夏は暑いですので、メッシュのジャケットを着るなど、風通しが良い服を着て、調整しましょう。

寒い時期は、そもそも原付ツーリングには向いていませんが、そこまで真冬ではなくても、風に当たっていると体温が低下してくる恐れがありますので、防風・防寒対策はした方がいいでしょう。

原付ツーリングにオススメの車種

スーパーカブ ツーリング

原付ツーリングにオススメの車種は、ずばりスーパーカブ50、もしくはクロスカブ50です。

なぜなら、どちらも燃費が素晴らしく、長距離ツーリングで心配なガス欠問題やガソリン代の心配を緩和してくれるからです。

それにとても頑丈で故障しづらいといったメリットもあります。

ただ、スーパーカブ50やクロスカブ50は50cc以下の原付ですので、最高速度が30kmや二段階右折といったデメリットもあります。

そのため、本当にオススメしたいのはスーパーカブ110やクロスカブ110といった原付二種なのですが、ここは50cc以下の原付ツーリングのためのページですので、原付二種の話はこれぐらいにします。

ただ、AT小型限定普通二輪免許の取得する余裕があり、まだどんなバイクに乗るか決めていない方は、スーパーカブ110やクロスカブ110も検討してみてください。

原付旅が楽しめる漫画『ゆるキャン△』

ここでは、原付旅が楽しめる漫画『ゆるキャン△』を紹介します。

ゆるキャン△は、キャンプ漫画ですが、登場人物の志摩リンという少女がビーノに乗ってキャンプツーリングに行く場面が描かれています。

バイク漫画ではないので、すごいバイクが出てくる訳ではないですが、とても面白いのでオススメです。

Insta360 ONE X2

最高のバイク用360度カメラInsta360 ONE X2!


バイクツーリングやモトブログ用の360度アクションカメラをお探しの方にオススメです。


超高解像度の5.7Kで、手ブレ補正もバッチリ!


バイク撮影キットを買えば、ハンドルやヘルメット、テールなど、どこでも自由自在に取り付け可能です。

バイクの駐車場・駐輪場がない場合、どうする?探す方法4選!

原付ツーリングをしていると、駐車場・駐輪場がなく、どうしたらいいか困る時があると思います。

そのような場合に、下記のページではバイクの駐車場・駐輪場を探す方法を紹介しておりますので、是非、チェックしてみてください。

原付スクーターにオススメのヘルメット

下記のページでは、原付スクーターにオススメのヘルメットを紹介しております。

ヘルメットの購入がまだの方や買い替えを検討している方は、是非、チェックしてみてください。

特にハーフヘルメットを被っている方は、この際なので、安全性の高いフルフェイスやジェットに買い替えるのをオススメします。

原付の初心者が知っておきたい運転のルールや注意点

下記のページでは、原付の初心者が知っておきたい運転のルールや注意点を紹介しております。

原付初心者の方は、是非、チェックしてみてください。

バイクでのキャンプツーリングの道具一式11選!初心者の持ち物

下記のページでは、バイクでのキャンプツーリングの道具一式を紹介しております。

原付でのキャンプでも必要な道具を紹介しておりますので、泊りのツーリングも検討している方は、是非、チェックしてみてください。

バイク乗りにオススメの便利グッズ

下記のページでは、バイク乗りにオススメの便利グッズをたくさん紹介しております。

原付旅にも便利なグッズがたくさんありますので、是非、チェックしてみてください。

バイクツーリングにおすすめのアプリ14選!無料から有料まで

下記のページでは、バイクツーリングにおすすめのアプリを紹介しております。

原付ツーリングでも使えるアプリばかりですので、是非、チェックしてみてください。

関西のおすすめツーリングスポット!絶景・グルメ・穴場・道

下記のページでは、関西のおすすめツーリングスポットを大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県の二府四県に分けて紹介しております。

関西でツーリング予定の方は、是非、参考にしてみてください。

北海道のおすすめツーリングスポット!絶景・グルメ・穴場・道

下記のページでは、北海道のおすすめツーリングスポットを道央・道南・道北・道東の4つに分けて紹介しております。

北海道でツーリング予定の方は、是非、参考にしてみてください。

Amazonでバイク用品をお得に買うオススメの方法10選!

このページでは、Amazonでバイク用品をお得に買うオススメの方法を紹介させて頂きます。

Amazon初心者の方はもちろん、バイク用品をしばしばAmazonで買う方であれば、何割か引きで買うことができる可能性が高いです。

楽天市場でバイク用品をお得に買うオススメの方法7選!
楽天市場

このページでは、楽天市場でバイク用品をお得に買うオススメの方法を紹介させて頂きます。

楽天市場が初心者の方はもちろん、バイク用品をしばしば楽天市場で買う方であれば、何割か引きで買うことができる可能性が高いです。

スポンサーリンク
バイクアイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tasaburoをフォローする
バイク売却の田三郎