原付の任意保険はコンビニで加入できる?どこで申し込む?

お店 コンビニ 早店 建物 買い物 仕事 ビンテージ ガソリン レトロ ガソリンスタンドバイクの交通違反・交通事故

このページでは、『原付の任意保険はコンビニで加入できる?』の質問に回答したいと思います。

また、原付の任意保険はどこで申し込みができるのかまとめましたので、是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

原付の任意保険はコンビニで加入できる?

悩み込む日本人女性

結論から申し上げますと、原付の任意保険はコンビニでは加入できません。

コンビニで加入できるのは、自賠責保険だけです。

自賠責保険であれば、総排気量125cc以下の原付(原動機付自転車)または総排気量125cc超250cc以下のバイク限定ですが、コンビニから申し込みが可能で、即日に自賠責保険証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)とステッカー(保険標章)が受け取れます。

自賠責保険の加入ができるコンビニは、以下の通りです。

他には、一部を除き、郵便局でも加入が可能です。

※自賠責保険の取り扱いをしている郵便局を探すためには、公式ホームページにある『利用条件からさがす』の『保険サービスから選び』から、バイク自賠責保険にチェックを入れて検索してみてください。

ポプラでは自賠責保険の取り扱いはないので注意が必要です。

コンビニの1日自動車保険も原付・バイクは対象外

コンビニには、1日だけ使える任意保険があります。

セブンイレブンでは三井住友海上の1DAY保険、ローソン、ファミリーマート、ミニストップでは、東京海上日動のちょいのり保険を扱っています。

この1日の任意保険ですが、原付やバイクは対象外となっております。

自賠責保険(強制保険)とバイク保険(任意保険)の違い

ここでは、軽く自賠責保険(強制保険)とバイク保険(任意保険)の違いについて解説します。

自賠責保険(強制保険)

自賠責保険は、強制保険とも呼ばれており、すべての原付・バイクに加入が義務付けられている保険です。

この自賠責保険に加入しないで公道を走ると、無保険運行となり、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、そして違反点数が6点で、一発で免許停止処分となります。

詳しくは、下記の国土交通省のホームページをご覧ください。

この自賠責保険は対人賠償だけで、それ以外の対物や運転者への補償はありません。

また対人賠償においても限度額が設定されています。

バイク保険(任意保険)

一方、任意保険は文字通り、任意のため、絶対に加入しないといけない訳ではありません。

そのため、バイクの任意保険加入率もそれほど高くないのが現状です。

ただし、事故を起こした際は自賠責保険だけでカバーしきれないケースもあり、たとえ原付であっても加入するのがオススメです。

原付の任意保険はどこで加入できる?

青い原付バイク

コンビニでは原付の任意保険には加入できないということですが、それでは、原付の任意保険はどこで加入できるのでしょうか?

だいたい、以下の場所で加入する方が多いです。

  • 原付を購入したバイクショップ
  • 大型チェーンの保険代理店機能のあるバイクショップ
  • バイク用品店

上記は代理店型と呼ばれる代理店を通した契約で、店舗で加入します。

それとは別にネット型と呼ばれる、いわゆるダイレクト型バイク保険というのもあります。

これは代理店を通さずに、直接、保険会社と契約を結ぶ形式となっております。

代理店を通さない分、安く契約を結ぶことができる一方で、代理店とは違い、自分で補償や特約などを調べて契約する必要があり、相談できないのがデメリットだと言えます。

原付の任意保険はいくらが相場?

ここでは、原付の任意保険はいくらが相場なのか解説します。

ファミリーバイク特約の相場

ファミリーバイク特約とは、自動車の任意保険に付けられる125cc以下のバイクのための特約です。

もしあなた、もしくは同居している家族が自動車保険に加入している場合は、このファミリーバイク特約が安くてオススメです。

このファミリーバイク特約は、「自損傷害型」 「人身傷害型」の2種類があり、また保険会社によっても費用が異なるため、結構、幅があるのですが、年間で5,000円~40,000円ぐらいが相場となっております。

原付だけの任意保険の相場

自動車保険に加入していない方は、原付だけの任意保険に加入することになるのですが、相場は以下のインズウェブの公式ホームページに掲載されているバイク保険の一括見積をしたユーザーから調査したデータ(年間のバイク保険料の相場)が参考になります。

バイク 任意保険 料金相場

画像引用:保険の窓口『インズウェブ』

原付ですので、表の125cc以下というのが原付の任意保険の料金の相場です。

表からもわかる通り、20歳以下の料金が突出して高く、年齢が上がるにつれて、安くなっているのがわかると思います。

原付の安いバイク保険を探すオススメの方法

バイク保険一括見積もり窓口

原付の安いバイク保険を探すオススメの方法は、ネット型の一括見積もりをすることです。

一括見積することで、複数の保険会社から、あなたの条件に合った最適な任意保険を選ぶことができます。

バイク保険一括見積もり

※アクサダイレクト、チューリッヒ、三井ダイレクト、共栄火災、損保ジャパン、AIG損保、三井住友海上、あいおいニッセイ同和が一括見積もりに参加しています。

自動車保険に加入している方は、上記で説明したファミリーバイク特約がお得ですので、加入先の保険会社に問い合わせて聞いてみてください。

自動車保険に加入していない方は、ネット型の一括見積もりをし、複数の保険会社を比較し、できるだけ安く済ませましょう。

タイトルとURLをコピーしました