原付・バイクの任意保険で月払いできる保険会社はどこ?

女性 節約 バイク 任意保険 家計簿バイクの交通違反・交通事故

このページでは、「原付・バイクの任意保険で月払いできる保険会社はどこ?」という質問に回答します。

原付・バイクの任意保険で月払いできる保険会社を探している方は、是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

原付・バイクの任意保険で月払いできる保険会社はどこ?

保険 バイク ポリシー 保険証券 オートバイ 自転車 車両 安全性 保護 安全 守る

まず回答からお答えします。

原付・バイクの任意保険で月払いできる代表的な保険会社は以下の通りです。

ただし、どの保険会社でも無条件で月払いができる訳ではありません。

それぞれ諸条件があったり、保険料が割り増しになったりしますので、詳しくは下記で解説します。

三井ダイレクト損害保険

三井ダイレクト損害保険は、バイクの任意保険料を月払いでの支払いが可能です。

ただし、一括での支払いと比較して、8%割増となってしまいます。

また、支払い方法としてはクレジットカードのみで、銀行振込・コンビニエンスストア払は利用できない点も注意が必要です。

それと、月払保険料が30,000円超となる場合は、月払いは利用できません。

※バイクの任意保険で30,000円超となる人は、なかなかいないと思うので、ほとんどの人は気にする必要はありません。

あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保も、バイクの任意保険料を月払いでの支払いが可能です。

こちらも一括払いと比較して、5%の割増料金となっています。

支払い方法は、クレジットカードの他に口座振替でも月払いが可能です。

保険料スマホ決済サービス、コンビニ、ゆうちょ銀行、またはペイジーにて払込票払、法人の支払い方法である請求書払においては月払いはできません。

詳しくは『セーフティーツーリングパンフレット』の22Pの保険料の払込方法をご覧ください。

AIG損保

AIG損保も、バイクの任意保険料を月払いでの支払いが可能です。

こちらも一括払いと比較して、割増料金となっていますが、パンフレットには「所定の保険料割増が適用」とだけ書かれており、どれくらい割増になるのかは不明です。

月払いでの支払いが可能な方法としては、口座振替とクレジットカード払がありますが、クレジットカード払に関しては初回保険料だけで、2回目以降は分割ができません。

ですので、AIG損保のバイク保険料を月払いで支払いたい場合は、口座振替の方がいいでしょう。

詳しくは、『AIG自動車保険総合パンフ2A1-495(34P)』をご覧ください。

※AIG損保のバイク保険は自動車保険に含まれています。

東京海上日動

東京海上日動も、バイクの任意保険料を月払いでの支払いが可能です。

バイク保険という名称ではないですが、自動車保険「TAP(一般自動車保険)」が原付・バイクにも適用される保険です。

月払いの割増は5%で、口座振替とクレジットカードでの支払いが可能です。

コンビニエンスストア・郵便局等での払込取扱票、銀行等での振込みについては、月払いは不可ですので、注意してください。

損保ジャパン

損保ジャパンも、バイクの任意保険料を月払いでの支払いが可能です。

「口座振替」または「クレジットカード払」で月払いが可能ですが、それぞれ保険料が5%(口座振替)、3%(クレジットカード払)割増です。

上記は1年契約の月払いの場合で、それ以外は契約の代理店まで問い合わせしてくださいとのことです。

アクサダイレクトのバイク保険

アクサダイレクトも、バイクの任意保険料を月払いでの支払いが基本的には可能です。

ただし、契約の車両が原付の場合と、保険始期日が2021年3月31日以前のバイクの場合、「クレジットカードによる分割12回払い」はできません。

ですが、逆に言えば原付以外で保険始期日が2021年3月31日以後のバイクであれば、月払いが可能ということです。

月払いによる割増もあると思うのですが、記載を見つけることはできませんでしたので、詳しくは問い合わせてみてください。

全労災のバイク保険

全労災のバイク保険も、バイクの任意保険料を月払いでの支払いが可能です。

ただし、該当するページを見つけられませんでしたので、詳しくはお問い合わせしてみてください。

チューリッヒのバイクの任意保険に月払いはある?

チューリッヒ バイク保険 ロゴ

チューリッヒのバイクの任意保険に月払いがあるのか気になる方も多いと思います。

回答を言いますと、チューリッヒには月払い・分割での支払いはありません。

ただし、これはどの保険にも言えることですが、クレジットカードによる支払いでは、クレジット会社所定のリボルビング払い・回数指定払いがあります。

しかしながら、このクレジットカードによる月払い・分割は手数料を考えると安易にはおすすめできません。

クレジットカードの種類にもよりますが、実質年率15%ぐらいが平均で、上記の各バイク保険の割増と比較しても、かなり高いことがわかります。

そのため、チューリッヒのバイク保険を契約する場合、クレジットカードやコンビニでの一括払いがおすすめです。

バイクの任意保険の支払方法は分割ではなく一括払いがおすすめ

アメリカンエキスプレス カード クレジット インターナショナル マスターカード お金 ビザ

上記を見て頂ければわかると思うのですが、基本的にはバイクの任意保険の支払方法は分割ではなく一括払いがおすすめです。

なぜなら、分割は割増料金になってしまうからです。

例えば、1年間の保険料が5万円で、割増が5%であれば、2,500円多く払わないといけないことになってしまいます。

4年間で1万円、8年間で2万円、12年間で3万円の余分な出費です。

20歳以下で保険料が高く、預貯金もそこまでないのでどうしようもないという方以外は、一括払いにしましょう。

しかもクレジットカードの一括払いであればポイントも貯まり、さらにおすすめです。

PayPayカード(年会費:無料、還元率:1%、ブランド:VISA・Mastercard・JCB)ーYAHOO!ショッピング利用者におすすめ※対象者は、高校生を除く18歳以上であれば誰でもOK

楽天カード(年会費:無料、還元率:1%、ブランド:Visa・Mastercard・JCB・American Express)ー楽天市場利用者におすすめ※対象者は、高校生を除く18歳以上であれば誰でもOK

Amazon Prime Mastercard(年会費:無料、還元率:1%、ブランド:Mastercard)ーAmazon利用者におすすめ※対象者は、高校生を除く18歳以上であれば誰でもOK

安いバイクの任意保険の会社を探す方法

バイク保険一括見積もり窓口

月払いでできるだけまとまったお金を使いたくないという気持ちもわかりますが、それよりも大事なのは保険料の総額です。

というのも、バイクの任意保険料というのは、同じ条件であっても、保険会社が違うだけで年間で数万円違うということもあります。

ですので、月払い、一括払いという支払方法について考えるよりも、自分にとって一番安い保険会社はどこなのか探す方が大切です。

そのためには、複数の業者で見積もりを取って、比較検討するのが大切です。

保険の窓口インズウェブでは、アクサダイレクト、三井ダイレクト、チューリッヒ、共栄火災、損保ジャパン、AIG損保、三井住友海上、あいおいニッセイ同和が参加しており、同じ条件で一括見積もりが可能です。

できるだけバイク保険料を安くしたい方は、是非、利用してみてください。

バイク保険一括見積もり

バイクの任意保険は無駄?40%の加入率で多くは入らない?

下記のページでは、『バイクの任意保険は無駄?』という質問に回答しております。

また、バイクの任意保険の加入率や補償内容の解説もしておりますので、是非、チェックしてみてください。

バイクの任意保険の40歳、50歳の相場!いくら払ってる?

下記のページでは、バイクの任意保険の40歳、50歳の相場を紹介しております。

40歳、50歳のバイク乗りの方がいくら任意保険を払ってるのか知りたい方は、是非、チェックしてみてください。

新規加入予定の方だけでなく、保険会社の見直しを検討している方にも参考になると思います。

※1年間の保険料だけでなく、月々、1日ごとにいくらなのかというのも計算して出しております。

125cc以下の原付の任意保険の値段はいくらぐらいが相場?

下記のページでは、『125cc以下の原付の任意保険の値段はいくらぐらいが相場?』の質問に回答しております。

50ccや125ccなどの原付に乗る予定、もしくは乗っていて、任意保険への加入を検討している方は、是非、チェックしてみてください。

※ファミリーバイク特約についても言及しております。

原付の任意保険はコンビニで加入できる?どこで申し込む?

下記のページでは、『原付の任意保険はコンビニで加入できる?』の質問に回答しております。

また、原付の任意保険はどこで申し込みができるのかまとめましたので、是非、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました