バイク・原付の購入に必要なもの

契約書に記入する女性

このページでは、バイク・原付の購入に必要なものを紹介します。

バイク・原付は、コンビニで商品を買うように現金やカードだけ持って行けば買うことができる訳ではありません。

というのも、バイク・原付を購入する際には車両登録、ナンバープレートの発行や取り付け、名義変更、書類作成、ローン契約の手続き等をする必要があるからです。

ですので、バイク・原付を購入する際に必要なものがあります。

フラッとバイク屋に見に行っても、何も持っていなければ購入することができませんので、まずは何が必要なのかチェックしておきましょう。

125cc以下の原付の購入に必要なもの

原付 スクーター 赤色

お金

原付を購入するには、まずはお金が必要です。

ローンや銀行口座からの引き落としで購入する場合でも、頭金が必要なケースがあるので、現金も持って行った方がいいでしょう。

頭金の目安は、支払金額の10%ぐらいは持って行った方がいいでしょう。

30万円の原付を購入するのであれば、3万円ぐらいです。

ただし、これは店次第ですので、バイク屋によっては頭金が必要ないケースもあります。

それと、バイクを購入するには、車両本体の価格以外にも色々と諸費用が必要です。

詳しくは、『バイクの乗り出し価格はいくら?諸費用はいくら掛かる?』をご覧ください。

印鑑

原付購入の際には、印鑑も必要です。

売買契約で使います。

シャチハタ以外であれば、実印でなくても認印でも何でも大丈夫です。

もしもない場合、百均などでも認印の購入は可能です。

ただし、クレジット契約の場合は銀行印が必要です。

また原付・バイク共に印鑑証明書は必要ありません。

身分証明書

原付購入の際には、免許証等の住所が確認できる身分証明書が必要です。

学生の場合は、学生証の提示を求められるケースもあります。

親権者、保証人

学生でローンを組む場合や未成年者が原付を購入する場合、親権者が一緒にバイク屋に行くことが求められる場合があります。

販売店が用意した親権者同意書に署名・捺印をすれば、一緒に行かなくてもいいケースもあります。

126cc以上のバイクの購入に必要なもの

お金

126cc以上のバイクを購入するには、まずはお金が必要です。

詳しくは、「125cc以下の原付の購入に必要なもの」の説明と同じですので、そちらをご覧ください。

印鑑

126cc以上のバイクを購入するには、印鑑も必要です。

これも詳しくは、「125cc以下の原付の購入に必要なもの」の説明と同じですので、そちらをご覧ください。

身分証明書

バイク購入の際には、免許証等の住所が確認できる身分証明書が必要です。

学生の場合は、学生証の提示を求められるケースもあります。

住民票

126cc以上のバイクを購入するには、住民票が必要です。

これは、陸運局でナンバー登録する時に必要だからです。

ちなみに本籍地の記載は省略した住民票で大丈夫です。

住民票が県外の場合、実家に頼んで送ってもらえば大丈夫です。

125cc以下の原付の場合、ナンバー登録は陸運局ではなく、市町村区役所等で行われるため必要ありません。

住民票は、役所で発行してもらえる他、コンビニでも発行が可能です。

ただし、あらかじめお住いの自治体でパスワード登録する必要があります。

パスワード登録した後に、「住民基本台帳カード」か「マイナンバーカード」を持って行けば、コンビニで住民票を発行することができます。

県内在住を証明するもの

これは、学生などで県外に住民票があり、実家にも頼めない場合です。

消印の付いた郵便物や公共料金の領収証等が必要です。

親権者、保証人

学生でローンを組む場合や未成年者がバイクを購入する場合、親権者が一緒にバイク屋に行くことが求められる場合があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする